日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

遼寧省の関連ニュース

None

写真撮影が最も危険 日本人が「中国でやってはいけない」こと

神奈川県在住の元脱北者の男性は、北朝鮮との国境付近の遼寧省・丹東付近で捕まり、愛知県の男性は浙江省のナンキ列島の軍事施設周辺で大量の写真を撮影しているところを見つかった。さらに北京でも日本人男性が拘束されているとみられる。この手の“事件”は初めてのことではない。2010年には、建設会社フジタの日本人社員が河北省で軍事管理区域に侵入したとして拘束されたのを覚えている人…

None

中朝国境地帯で拘束 脱北者男性の“スパイ”らしからぬ私生活

5月に遼寧省の中朝国境付近で拘束されたA氏(50代男性)は、脱北者で日本国籍を持つというが、自宅を訪ねると、スパイらしからぬ“極めて普通”の暮らしぶりが見えてきた。 A氏の自宅は神奈川県大和市の国道沿いの大型マンション。築19年で一室の分譲価格は3000万円前後だ。住民のひとりは「ファミリー世帯が多い」と話し、辺りは子供たちの遊ぶ声に包まれる。平和そのものだ。 「A…

小林快次氏

著者インタビュー

「恐竜は滅んでいない」小林快次氏

さらに、2012年に中国の遼寧省で発見されたティラノサウルス類の化石からも、羽が確認されたりと、恐竜絶滅説を覆す紛れもない証拠が次々と出てきているんですね。このことから、鳥類は飛行に特化して小型化しながら進化した恐竜の種であることがわかりました。つまり、私たちが焼き鳥屋で食べている鳥や、公園にいるスズメやハトは恐竜の子孫なのです」 鳥類の象徴である羽毛のある翼を、繁…

どうする?(李克強首相)

習近平「アジア皇帝」への野望

巨大ゾンビ企業と共に遼寧省が破綻する

遼寧省が破綻に向かって一直線に進んでいて、すでに中国の大手銀行は、遼寧省および省内の国有企業への融資を打ち切った――」 7月後半、そんな噂が中国のネット上で飛び交い、大騒動になった。 きっかけは、3月24日に大連で起こった「事件」だった。この日、自動車用鋼材などで中国最大規模の国有企業、東北特殊鋼集団(特鋼)の楊華会長(53)が、自宅で首を吊って自殺したのである。…

習国家主席はハムレットの心境か?

習近平「アジア皇帝」への野望

ついに始まった中国“ゾンビ企業”の破綻劇

共産党政権後に国有企業となり、2004年に遼寧省撫順の撫順特鋼、黒竜江省チチハルの北満特鋼と合併。遼寧省が筆頭株主となって東北特鋼が誕生した。 李克強首相が遼寧省党委書記(省トップ)を務めていた07年に、東北特鋼は大連市郊外に、300万平方メートル(東京ドーム64個分!)もの巨大な新工場を建設。自動車用鉄板などを生産し、この会社の昨年の特殊鋼生産量は800万トンに上…

None

溝口敦の「斬り込み時評」

年間約1万件…中国“臓器移植の闇”を考えるドキュメント

一説に瀋陽市蘇家屯には法輪功学習者の臓器を摘出するための秘密収容所が存在し、同じ蘇家屯には遼寧省血栓病院があり、法輪功学習者から角膜を摘出する手術を行っていたとか、同病院の「中西医結合治療センター」の地下では臓器バンクとして法輪功学習者を拘束していたとする証言もある。 中国政府はこれに対し蘇家屯地区をNHKなどに取材させ、国連に対しこうした主張は事実無根だと反論し…

ゾンビ企業対策を表明した(李克強首相)

「中国経済」破綻か復活か 私はこう見る

鉄鋼、石炭、アルミ 従業員の30%が失業の恐れ

「中国の15年GDP成長率は6.9%でしたが、遼寧省の域内GDP成長率は3%に低迷しました。全国の31省・自治区・直轄市のなかでワーストです。黒竜江省は5.6%、吉林省は6.5%で、いずれもワースト5以内に入っています」 東北3省は重厚長大産業への依存度が高く、新興産業は育っていない。労働力の流出は続き、年間に180万人が東北3省を離れるともいわれる。 中国経済の…

王金剛逮捕・全日本選手権辞退のお知らせ=東レアローズのHPから

バレー部員窃盗で東レ出場辞退 「連帯責任」はなぜまだ残る

王容疑者は中国の遼寧省大連出身。高岡第一高から東海大へ進み08年に東レ入り。11年に帰化した197センチの長身セッターは、日本代表の一員でもある。 王容疑者は10日夜、パチンコ店で男性客が置き忘れた財布から14万円を抜き取った姿が防犯カメラに映っており、本人も犯行を認めている。 愚かなチームメートのおかげで、真面目な選手たちが連帯責任を取らされることになったわけだ…

角界を牽引する白鵬は通算優勝記録に王手をかけている/(C)日刊ゲンダイ

モンゴル人が支える大相撲 「中韓」出身力士はなぜ増えない?

三段目の高盛(29)は、中国東部の遼寧省出身。過去には北京生まれの仲の国(元十両)ら数名を数えた時代もあったが、出世には至らなかった。過去、10人近くいた台湾出身力士も同様である。韓国人力士で幕内に出世したのは、八百長問題で引退した春日王ただひとり。現在は三段目の白龍(31)しかいない。 相撲評論家の中澤潔氏は「中国、韓国には先駆者がいないからではないか」と言う。 …

None

“血の粛清”に 習近平激怒 「中朝戦争」秒読みの恐怖

それどころか、すでに北朝鮮と中国の国境にある中国・遼寧省丹東市では北朝鮮企業の幹部が本国に呼び戻されるなど、異例の事態が続いていて、北朝鮮軍兵士が警戒態勢を強めるなど緊迫している。それに呼応して、中国の人民解放軍も国境付近に派兵していて、一触即発のムードだ。 ■体制崩壊は時間の問題 「今度の処刑と経済改革路線の変更に中国の習近平国家主席が激怒しているのは間違いない。…

None

「脱中国」加速…テロに泣かされる日本企業リスト

ヤマダ電機は南京と天津の店を閉じ、三越伊勢丹は遼寧省の百貨店を閉鎖。昨年12月にオープンした高島屋の上海店は売り上げ目標を130億円から半分以下の60億円に下方修正している。 「(反日感情に配慮し)オープン前に告知をまったくしませんでした。その影響もあって、下方修正しています」(高島屋の担当者) 高島屋にとって上海店は中国初進出だったが、出はなをくじかれたことで中…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事