日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

デーモン閣下特集

デーモン閣下とやくみつるの「相撲愛」は白鵬の心を解かすのか

デーモン&やく氏 メディアと冷戦続く横綱白鵬に“救いの手”

15日、「勝手に大相撲審議会」の出版記念イベントに登場したのはデーモン閣下(10万52)とやくみつる(56)。「好角家」として知られる2人のために、大相撲中継が見られるようイベント開催時間が設定された。 審判批判をしたことで注目された横綱・白鵬について話題が及ぶと、閣下は「舌禍事件といえば麻生太郎か白鵬か。今場所は最初の方は何だコレ?って相撲をしていたから、わざと際…

芸能ネタもいける

発言が即ネットで話題 “ご意見番”尾木ママに注がれる熱視線

ある調査によれば、テレビに出演するコメンテーターの人気ランキングで2位にランクされている(1位はデーモン閣下)。知性と情熱と愛嬌を併せ持つ希有なキャラクター。美容にも熱心で女性ファンも多いだけに、近いうちに冠番組を持つのは確実か。…

今は未完成作品3本を手直し中

高1で作家を意識 “早熟の天才”羽田圭介氏「芥川賞」への軌跡

受賞の吉報は銀座のカラオケボックスで作家仲間と一緒に待ち、「決定」の際は聖飢魔Ⅱの「WINNER!」を歌おうと、デーモン閣下の白塗りメークをしてスタンバイした。受賞の知らせに慌ててメークを落として駆けつけ、会見では「プロの方に選んでもらう賞で受賞できてうれしい」と喜んだ。 受賞作「スクラップ・アンド・ビルド」は、28歳の無職の孫と87歳の要介護の祖父との日常を描い…

倉本昌弘PGA会長/(C)日刊ゲンダイ

丸山茂樹プロ 直撃インタビュー

ツアーから余計な贅肉をそぎ落として再出発を図る

相撲だってデーモン閣下がゲストで登場して、なるほどよく知っているなぁと。勉強している人だったらいいんですよ。 日本のゴルフ中継はファンを増やすためにもっと改善の余地がある。そういうところをアドバイスしていくことも、ボクらの仕事かなと思っています。 余計な贅肉をツアーからそぎ落とす。経費のかかるトーナメントじゃなくて、何か違うことをしていかなくてはいけない。これから徐…

None

佐村河内氏も…広島出身“著名”ミュージシャンが多いワケ

矢沢以外に西城秀樹、世良公則、吉川晃司、奥田民生、奥居香、デーモン閣下に速水けんたろう……ポルノグラフィティやPerfumeも広島。吉田拓郎も広島育ちだ。 「吉川晃司が無名の頃、東京のプロダクションに<広島に凄いヤツがいる。見に来ないと一生悔いを残す>なんて手紙を自ら書いて送ったのは、知られた話です。広島県民って、異常なほど上昇志向が強いタイプが多いんですかねえ」(…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事