日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「今田耕司 東野幸治」に関する記事

夫婦に歴史あり

妻に頭上がらず 東野幸治がホスト遊び黙認する“深イイ”理由

今田耕司との「Wコージ」が正式コンビと思われがちだが、実はある番組でオフザケでやったに過ぎない。実は今田、東野ともにピン芸人だ。 ラジオ「ヤングタウン」などを経て東京進出。トーク力には定評があり、今やバラエティー番組には欠かせない存在になっている。 夫婦の馴れ初めは、女子大生だった妻が東野の熱烈ファンだったこと。追っかけから交際に発展した珍しいカップルだった。24…

大阪パフォーマンスドールのリーダーだった(左写真・右下が本人)

あの人は今こうしている

元WEST END×YUKIの武内由紀子はTVレギュラー3本の売れっ子

その大阪弁バージョンとして今田耕司、東野幸治と組んだユニット、WEST END×YUKIのYUKIだ。当時、大阪パフォーマンスドールのリーダーだった武内さん、今どうしているのか。 会ったのは渋谷のカフェ。同伴した女性マネジャーの名刺には「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」とあった。 「大阪パフォーマンスドールは、篠原涼子さんたちがいらっしゃった東京パフォーマン…

人気者投入でさらなる視聴率アップ?

吉本座長の辻本茂雄を抜擢 「あさが来た」NHKの思惑は?

新喜劇入団後もしばらくは今田耕司、東野幸治らの陰で端役に甘んじていたが、次第に頭角を現し、99年からは座長を務める。持ちネタの「茂造じいさん」は鉄板の人気キャラで、イベントや営業先にも引っ張りだこだ。 「競輪選手を諦めお笑い入り。漫才で挫折して新喜劇。東京進出を狙っても大阪臭が強すぎるからと大阪に戻されるが、奮起して上方お笑い大賞受賞と、挫折をバネに成長してきた、ま…

板尾創路

今週グサッときた名言珍言

「シンプルなんが好きやねんな。引き算や、俺はなんでも」by 板尾創路

ダウンタウンを筆頭に今田耕司、東野幸治、相方のほんこんらと「はっきり差が出て」くる。「出来るもんと出来ないもんがはっきりしてくる」。 だから、これは今田や東野には勝てない部分というのを痛感させられた。当然、それは悔しかった。だが、自分の強みと弱みが分かったことで、すごくやりやすくなったという。自分が勝てないと思った部分は「どんどん捨てていって諦め」ることができたのだ…

今週グサッときた名言珍言

「僕たぶん、まれにみるギャグのない芸人ですから」by 矢部浩之(ナインティナイン)

明石家さんま、今田耕司、東野幸治らそうそうたる先輩芸人たちと絡み、鍛えられる中で矢部は吹っ切れた。 自分が面白いと思われなくてもいい。むしろ、そうでない方が岡村のおかしさが引き立つことが分かってきたのだ。 「岡村隆史の面白さって、隣にまともな人がおるだけで成立するんやもん。究極なこと言うと、ツッコミがおらんでもええねん。ひとりでいるだけで十分面白いわけやから」(ワニ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事