日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

安田講堂の関連ニュース

個展を開催する大宮エリー

“画家”大宮エリーの絵描きスタイル 「酒を飲みながら…」

安田講堂を見れば「昔の人もここで学んでいたんだ」と歴史を感じられたのに、なんで壊しちゃったんだろう。最近は全部無機的になって、「新しければ何でもいい」という風潮が分からないですね。 昔のいい建築は美しいから残していくべき。国立競技場も壊す必要あったのかなあ、あのまま使ったほうが良かったと思うんです。耐久性も現代の力があれば何とでもなるでしょう。結局、残るのはエゴと利…

「あしたのジョー、の時代」 練馬区立美術館編

そしてジョーと同じ年にデビューし、「山谷」「ボクシング」とキーワードが重なる岡林信康など同時代に聞かれた音楽をはじめ、立てこもった学生たちがマガジンを持ち込んだという東大安田講堂事件(1969年)、あしたのジョーの熱烈なファンだったという三島由紀夫の割腹自殺(1970年11月)などを題材にした洋画家古沢岩美の作品、写真家・渡辺克巳が撮影した当時の新宿の人々、そして…

「1969 新宿西口地下広場」大木晴子、鈴木一誌編著

当時は多くの大学が紛争中で、前年秋の国際反戦デーでは「新宿騒乱」が発生、1月には東大の安田講堂が機動隊の手によって陥落するなど、若者たちが社会の矛盾と向き合い、熱く行動を起こしていた。 本書は、そうした時代にあって、非暴力闘争のシンボル的存在だったこの「フォークゲリラ」を通し、時代の転換点となった1969年を読み解いたビジュアルブック。 中心メンバーのひとりだった…

現在は非上場

企業深層研究

あきんどスシロー 内紛、乗っ取り、転売の歴史

ゼンショー社長の小川賢太郎は、東大全共闘の闘士として安田講堂の攻防戦に関わった異色の経歴を持つ。ゼンショーはスシローの株式を手に入れる2週間前、当時、業界首位だった「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトの31・2%の株式を取得していた。回転ずし業界1位と2位の筆頭株主になったわけだ。ゼンショーは「はま寿司」を手がけており、小川は回転ずし業界の覇権を狙った。 兄…

None

流されゆく日々

連載10006回 六〇年代をふり返る

キング牧師が暗殺され、安田講堂が落城し、60年代が終ると一億総中流時代の幕があがる。 60年代はまた世界的に人口爆発が注目された年だった。渦中にあろうとなかろうと、時代が揺れ動いている実感があった。 一般日本人の海外渡航が解禁になったのも60年代のなかばである。それまで私たちは小田実の『なんでも見てやろう』などの海外体験記を、指をくわえて見ているしかなかったのである…

井原裕 独協医科大学越谷病院こころの診療科教授

薬に頼らないこころの健康法Q&A

少年による殺人事件 実は年間100件未満で推移している

世代最高の知性のはずの東大生すら、教授たちを縛り上げて安田講堂を占拠するという暴挙に出ていました。 その次の世代は、「シラケ世代」とか「新人類」などといわれましたが、今ではもう50代。この世代に属する尾崎豊は、「シラケ」どころか熱すぎて、校舎の窓ガラスを壊したり、バイクを盗んで走り出す少年の心性を歌って、その過激さたるや「旧人類」並みでした。 尾崎豊が人気絶頂であっ…

04年の参議院では落選

プレイバック芸能スキャンダル史

異色の選挙戦を展開し参院選に“初当選”した青島幸男

2日、東大安田講堂再占拠、バリケード封鎖。11日、「週刊少年ジャンプ」創刊。25日、明治製菓がスナック菓子「カール」を発売。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事