日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「猪瀬直樹 事務所」に関する記事

None

警視庁もメディアも確認に走った 猪瀬直樹「自殺未遂」騒動

その直前、「猪瀬直樹が自殺をはかったらしい」という衝撃情報が政界に飛び交った。 「猪瀬さんの自殺未遂説が流れたのは、19日(日)の夜です。ちょうど前日の土曜日、徳洲会から受け取った5000万円について朝日新聞が新たな疑惑を報じたばかりでした。睡眠薬と酒を一緒に飲み、病院に運ばれた、病院は西東京市らしい、という具体的な内容。新聞、テレビはもちろん、警視庁も慌てて確認に…

None

特捜部に証言も 辞職した猪瀬知事を追い詰める4人の“刺客”

5000万円の「徳洲会」マネー問題で辞任を表明した猪瀬直樹東京都知事(67)が24日正式に辞職した。花束贈呈や音楽隊の演奏といったセレモニーの予定はナシ。まさに“都落ち”の言葉がピッタリだが、猪瀬に意気消沈しているヒマはない。地検特捜部の追及が待っているからだ。 特捜部が誰を聴取するか。最大のキーパーソンは、猪瀬の説明を根底から覆す可能性のある徳田毅衆院議員だろう。…

None

猪瀬直樹だけじゃない! 徳洲会に“世話”になった知事たち

徳洲会は豊富な資金力と職員の鉄の結束を武器に猪瀬直樹都知事以外にも、多くの地方トップと関係を深めてきた。都道府県知事は病院などの開設許可や、医療関連補助金の支出などで絶大な権限を握る。だから、接近するわけだが、猪瀬以外にも徳洲会に群がった面々はゴロゴロいる。 「徳田(虎雄)さんとは衆院議員時代、一緒に仕事をした仲ですから。知っていますからね。だから、選挙をやる人が(…

セコイのは彼だけじゃない

巻頭特集

そこかしこに「マスゾエ」が 卑しい政治屋が跋扈の惨憺

前任の猪瀬直樹が舛添を批判するに至っては、もうマンガだ。13年11月に徳洲会グループからの5000万円もの怪しい資金提供発覚で“大炎上”。苦しい弁明を続け、散々みっともない姿をさらし、異常な汗をたれ流しながら、辞職に追い込まれたのは記憶に新しい。まさに「どの口で言うか」で、舛添と同じ穴のムジナにコメントを求める大メディアの報道姿勢もトチ狂っている。 そんな猪瀬に〈…

None

元側近議員が怒りの告発! 舛添氏「税金で借金返済」疑惑

前任者(猪瀬直樹)と同じ事態にまたなるわけです」 舛添事務所に、この問題の見解をあらためて聞いたが、何の回答もなかった。 今からでも遅くない。都民は賢明な判断を下すべきだ。…

(左)樺山氏の「遺書」と(右下)内田茂都議

都議会のドンに“爆弾”投下 猪瀬元知事「遺書」告発の狙い

ニュースサイト「News Picks」は13日夜、〈猪瀬直樹が語る「東京のガン」〉と題したインタビュー記事を掲載。2011年7月に自民都議が“ドン”のいじめに遭い、自殺に追い込まれた――という内容だ。猪瀬氏が爆弾発言を炸裂させた。 名指しで攻撃されたのは自民の内田茂都議(77)。05年から都連幹事長に君臨する“ドン”だ。自殺した都議とは当時、葛飾区選出の樺山卓司氏…

None

大醜聞でたちまち辞任も…舛添氏が辿る猪瀬前知事と同じ道

前任者の猪瀬直樹氏と同じテツを踏むんじゃないか。早くもそんな声が上がっている。 数ある疑惑の中でも、見過ごせないのが政党助成金2億5000万円の不正流用疑惑だ。政治資金オンブズマン共同代表で神戸学院大教授の上脇博之氏はこう指摘する。 「舛添氏が自民離党後に結党した『新党改革』が、国民の税金で借金を返済したのではないか、という疑いです。新党改革は2010年に銀行から2…

None

有象無象がズラリ 病床の徳田虎雄氏を訪ねた「見舞客リスト」

●2013年 ◇9月8日/中平まみ(作家※08年以降13回)麻生泰(麻生セメント社長) ◇9月5日/旭天鵬(力士) ◇8月19日/近藤昭一代議士、阿部知子代議士(※27回) ◇8月9日/辻宏泰(和泉市長) ◇8月5日/武見敬三参院議員 ◇7月23日/佐藤勉代議士、園田修光元代議士、山田正彦元農水大臣(※25回) ◇7月11日/石井一二元参院議員 ◇7月9日/逢沢一…

None

定例会見を中止要請…嘘八百並べた猪瀬知事の成り上がり人生

医療法人「徳洲会」から5000万円を受け取った問題をめぐって説明を二転三転させている猪瀬直樹都知事(67)。とうとう、毎週金曜日に行われている定例記者会見を中止したいと記者クラブに要請し始めている。もはや会見からも逃げ出すありさまだ。 会見を開くたびに、疑惑が深まり、記者から攻められ、シドロモドロになっている猪瀬知事。普通の神経なら「これ以上、恥をさらしたくない」と…

None

猪瀬知事に教えたい…弁護士に聞く「借用証」の正しい書き方

猪瀬直樹都知事(67)が26日の会見で公開した「借用証」。 5000万円もの徳洲会マネーを“借りて”おきながら、借用書の体をなしていない。 写真を見て分かる通り「借用証」というタイトルと、借りた日付、貸主(徳田毅衆院議員)と借り主(猪瀬)の名前、それと「5000万円」と算用数字で記しただけ。金額は手書きだ。 世のサラリーマンは失笑したんじゃないか。 そもそも借用書に…

None

土曜あらかると

「ポランスキーも小男(チビ)だけど」中平まみ著

(表題作) かつて不倫交際していた猪瀬直樹・現東京都知事をモデルに描いた短編集。 (展望社 1600円)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事