日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「竹中平蔵 正社員」に関する記事

ついにホンネ/(C)日刊ゲンダイ

「正社員なくせ」 竹中平蔵氏の暴言で本格化する“アベハラ”

数年後には、ほとんどのサラリーマンが残業代ゼロになっているでしょう」(厚労省関係者) ヤバイのは、安倍首相の指南役としてバックに竹中平蔵パソナグループ会長(63)がついていることだ。そもそも「ホワイトカラー・エグゼンプション」は、2006年、第1次安倍内閣の時、竹中氏が「労働ビッグバン」を提唱したのが、きっかけとみられている。その竹中氏は元旦のテレビ番組で「正社員を…

高まる社会閉塞の果てに…

日本経済一歩先の真相

戦争法案と表裏一体の派遣法改悪

安倍政権の政策作成に関わる竹中平蔵・慶大教授らは「厳しい労働規制と労働コスト上昇が日本の成長を損ねている」と唱えている。その発想の延長線上に、この先に待ち受ける「残業代ゼロ法案」や「解雇自由化法案」もあるのだろう。 だが、日本の労働コストが高いというのは事実なのか。先進34カ国が加盟するOECDの調査によると、2013年の日本の就業者1人当たりのGDPは22位。デフ…

竹中パソナ会長と橋下大阪市長

ウリ二つ独裁者 安倍晋三と橋下徹

橋下徹大阪市長も…竹中平蔵パソナ会長との“怪しい関係”

小泉内閣で総務相など要職を歴任し、現在はパソナ会長の竹中平蔵である。 竹中は第2次安倍内閣の産業競争力会議などのメンバーを務め、事実上の政策司令塔として新自由主義路線を推進している。小泉内閣の官房長官などを務めていた安倍と竹中が近いのは分かりやすいが、橋下と竹中の関係も深い。 「橋下さんが国政進出を企んだ際に真っ先に竹中さんが近づいてきた。民主党政権下で政治力を発…

労働者の敵

巻頭特集

残業代ゼロが形を変えた 「働き方改革」に気をつけろ

これまでも、竹中平蔵や経団連など、レントシーカー(利権あさり)を集めた産業競争力会議で労働者いじめの雇用政策をまとめてきた。それが派遣法の改正や「残業代ゼロ法案」、カネで解雇を自由にする「クビ切り自由化法案」などである。 残業代ゼロ法案は今年の通常国会に提出されていたが、審議はされず、継続審議扱いになっている。7月の参院選で争点になることを与党側が避けたためで、諦め…

ゴマカシとスリ替えの連続

巻頭特集

安倍ペテン政権 いつまで続ける「賃上げ要求」という猿芝居

アベノミクスの旗振り役の竹中平蔵慶大教授は「トリクルダウンなんて、あり得ない」と断言した。発言が飛び出したのは、1日放送の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)。どのツラ下げてと言いたくなるが、同番組で竹中は「トリクルダウンを待っている方が悪い」とまで言い切った。 国民は“おこぼれ”を期待せず、挑戦しなければならない、活躍しなければならないと、けしかけた。今の経済界は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事