日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中島みゆき 主題歌」に関する記事

None

「歌詞が意味不明」NHK会長放言で吹き飛ぶ 桑田佳祐紅白

昨年は「とと姉ちゃん」で「花束を君に」を歌った宇多田ヒカル、14年には「マッサン」で「麦の唄」を歌った中島みゆきがそれぞれ出場し、話題となった。桑田がNHKドラマに楽曲を提供するのは今回が初めて。順当にいけば、紅白出場も十分にあったはずだ。 「もちろん会長の発言は桑田の耳にも入っているでしょう。実は桑田とNHKには“因縁”がある。1982年にサザンオールスターズとし…

“目玉デュオ”はどうやら実現せず/(C)日刊ゲンダイ

松たか子産休でMay J.にのしかかる紅白“レリゴー”の重圧

2002年に中島みゆきの黒部ダム中継をトラブルなく流すなど、実績も多くありますから」(レコード会社関係者) ■あの大御所アーティストも紅白初出場で緊張 もっとも、初出場で海外スターと共演し、中継もこなすとなれば、May J.にはかなりの大仕事。なにしろ今年の紅白のテーマは〈歌おう。おおみそかは全員参加で!〉と、まるで“レリゴー”を想起させるし、出場しない松たか子の分…

7年ぶりのニューアルバム「TRAD」

CD絶好調、記録も更新…“アラ還”竹内まりや「強さの秘密」

また、中島みゆきのように“自分のこと”ではない。竹内は女性の立場に立ったモノの見方を含めて、普通の出来事を物語として再構成する力が抜きんでています。だから、女性ファンが圧倒的に多いのではないでしょうか」 デビューは78年。歌謡曲の黄金期だった70年代と、シンガー・ソングライター全盛期の80年代をまたいで活躍したほぼ唯一の存在で、双方が描いた世界観を持っているのも魅力…

「君の名は。」の曲を手掛けたRADWIMPSも有力候補

SMAPはもろ刃の剣? NHK紅白“目玉”に挙がる豪華な顔ぶれ

「02年には中島みゆきが黒部ダムから、昨年はMISIAが長崎の平和祈念像から中継で歌っています。吉田も最後の『つま恋』から中継で出演する可能性は十分にある。今年の紅白の“最大の目玉”になるでしょう。吉田が心酔するボブ・ディランが、今年ノーベル文学賞を受賞したのも大きい」(スポーツ紙記者) ■宇多田ヒカル、安室奈美恵、ピコ太郎も…… 吉田以外にも、朝ドラ「とと姉ちゃ…

“貢献者”を差し置いて…/(C)日刊ゲンダイ

反発する大物辞退も…波紋広がる「松田聖子紅白大トリ情報」

NHKが三顧の礼で出演を承諾させた中島みゆきだ。中島は朝ドラ「マッサン」の主題歌「麦の唄」を歌っていて、かなり強気ともいわれる。 聖子にライバル心を燃やす中森明菜(49)の出演も取りざたされ、聖子VS明菜もある。まあ、視聴者には楽しみが増えたということだろうが。…

泉ピン子とヒロイン役のシャーロット/(C)日刊ゲンダイ

新朝ドラ「マッサン」 泉ピン子に「朝からキツイ」と散々な声

中島みゆきの主題歌は壮大なメロディーで聞かせる。開発者の感動秘話にスポットをあてた同局の人気番組「プロジェクトX」で聞き慣れたあの歌声ふたたび。ウイスキーづくりに奔走した夫婦にはもってこいの応援歌だ。 脇も手堅い。造り酒屋の番頭役の高橋元太郎(73)は「水戸黄門」のうっかり八兵衛だし、ヒロインをイビリまくる姑の泉ピン子(67)に、舅の前田吟(70)と「渡る世間は鬼ば…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事