日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

王毅に関する記事

None

金正恩に援軍 国連安保理ひっかき回す プーチン大統領の思惑

中国が原油供給を完全にストップしたとしても、ロシアが代わりに流し込むだけです」(中村逸郎氏) 中国の王毅外相が「解決の鍵は中国にない」と繰り返すのも、どうやらポーズではないらしい。ややこしい米ロの橋渡しを買って出て、大リーダー気取りの安倍だが、状況を理解しているのか。怪しいものだ。…

None

戦争を煽る死神総理

中国の王毅外相は『武力では問題を解決できない』と呼び掛けていますが、本来は日本が果たすべき役割です。大体、本当に有事になったら(日本も)終わりですよ。自制を促さないメディアもどうかしています」(元外交官の天木直人氏) このままだと、安倍が「1億総玉砕」「本土決戦に備えよ」なんて言い出しかねない。…

内心、戦々恐々か

金正恩は真っ青? 中国が北朝鮮への追加制裁に同意表明

これまで北朝鮮の“暴走”をかばってきた中国もさすがに堪忍袋の緒が切れたようで、王毅外相が国連安保理での北朝鮮に対する追加制裁決議採択に反対しない態度を表明したというのだ。 韓国外務省によると、王外相は13日夜、韓国の尹炳世外相との電話会談で「北朝鮮に対して、さらに厳しい措置を取ることで、核・ミサイル開発を阻止しなければならないという点に同意する」と語ったという。 …

外相になって3年5カ月の王毅氏

習近平「アジア皇帝」への野望

王毅外相 ゴルフ大使から反日隊長に変貌した理由

8月23日、ついに中国の王毅外相が、外相に就任して3年5カ月にして「初来日」を果たした。 中国の外相というのは、日本の外相のような国会答弁がないため、正月明け恒例のアフリカ歴訪から、暮れの中国ASEAN外相会議まで、一年の大半、海外を飛び回っている。それなのに3年半近くもの間、隣国の日本を訪問していないというのは、明らかに異常である。その上、18日の中国外交部定例会…

None

習近平「アジア皇帝」への野望

王毅外相の宣言「5通」でもぎ取れるアジア主役の座

中国は周辺国家に対して、すでに10億ドルの税収と16万人の就業をもたらしているのだ」 8日に、年に1度の記者会見を開いた王毅外相も、高らかに宣言した。 「5月に北京で、『一帯一路国際提携サミット』を開催する。二十数人の国家元首と首脳、五十数人の国際組織のトップ、100人以上の大臣級をはじめとする1200人以上の代表が、世界から集結する。そして中国と周辺諸国の『5通』…

習近平主席(左)が金正恩委氏に接近

習近平「アジア皇帝」への野望

天敵だった北の“3代目のデブ”に急接近した理由

かくなる上は、北朝鮮側が再三要望している金正恩委員長の年内訪中の検討に入る」(同・中国の外交関係者) 7月25日、約2年ぶりに、王毅外相と李容浩外相の中朝外相会談がラオスで開かれた。このところ京劇の悪役のような仏頂面ばかり見せていた王毅外相は、カメラの前で李外相とガッチリ握手を交わした。 9月4、5日の杭州G20でも日米の「中国敵視」が変わらなければ、いよいよ金正恩…

None

巻頭特集

米朝軍事衝突泥沼の地獄絵

もし軍事衝突となれば、日本も巻き込まれざるを得ないのです」(田岡俊次氏=前出) 中国の王毅外相はきのう、「武力では問題を解決できない」と米国を牽制した。安倍が目の敵にしてきた軍事拡大路線の中国からこうした冷静な見解が出る皮肉。安倍政権は泥沼の地獄絵を想像できているのか。トランプ追随の圧力一辺倒で「核の雷」から国民を守ることができるのか。…

急接近(ドゥテルテ新大統領・左と習近平国家主席)

習近平「アジア皇帝」への野望

比ドゥテルテ大統領を取り込んだ「札束外交」

18日夜の北京空港には、あのプライドの高い王毅外相が馳せ参じ、駐日大使時代に身に付けた「お辞儀」で出迎えた。北京で「ドゥテルテ御一行様」は、一般客をすべてシャットアウトして、「北京の銀座通り」こと王府井を練り歩いた。 また、年に一度の中国共産党の重要会議「6中全会」を翌週に控え、超多忙な習近平主席、李克強首相、張徳江全国人民代表大会常務委員会委員長(国会議長)の「ト…

本音は…(オバマ大統領と習主席)

中国経済 崩壊へのカウントダウン

苛立つ中国 G20で「日本は加害者」と主張するのか

中国の王毅外相の反応は次のようなものだった。「広島は注目に値するが、南京はもっと忘れてはならない。(原爆の)被害者には同情するが、加害者は永遠に責任を回避できない」 中国政府はオバマ大統領の広島訪問で、日本は戦争の被害者というイメージが広がることを警戒した。あくまで日本は加害者であるとの訴えだ。 東シナ海や南シナ海に関するG7の首脳宣言に対しては、中国外務省の副報…

外遊の成果はゼロ

巻頭特集

連休狂騒の裏に見え隠れ 国民のやりきれない不安と苛立ち

極め付きだったのが4月30日の日中外相会談で、王毅外相は岸田外相に「4つの要求」を突きつけた。いわく、「歴史を直視し反省する」「中国脅威論をまき散らさない」「中国を対等に扱う」「中国への対抗心を捨てる」というもの。 「日中関係が何度も問題にぶつかるのは、日本の歴史認識と中国に対する認識のせい」と断じ、安倍首相の存在が障壁になっていることをにおわせた。 「今回の中国…

被災地を見捨てて外遊へ

巻頭特集

“死の商人”外交も大失敗 破綻はアベノミクスだけではない

30日、北京で王毅外相、李克強首相らと会談。日本の外相が国際会議への出席以外で訪中するのは4年半ぶりだ。 「去年4月以降行われていない安倍首相と習近平国家主席との首脳会談実現に向けて話し合うとされていますが、何の成果も得られないでしょう。なにしろ、安倍首相は来月のサミットで、習主席が最も嫌がる南シナ海における中国の軍事拡張反対の共同声明を出そうとしている。それに対し…

やっぱりストレス太りか

暗殺作戦に激怒も…金正恩が本気で怯える習近平の鉄拳制裁

経済制裁はやめてくれ、というメッセージでしょう」 23日(現地時間)、訪米した中国の王毅外相はケリー国務長官と北朝鮮に対する経済制裁で合意した。 「中国は北朝鮮からの石炭輸入の全面禁止を検討しています。石炭は対中貿易量の半分を占め、北朝鮮経済の生命線。金正恩にとっては『絞首』も同然です。ただ、従来であれば経済制裁を織り込んで軍糧を積み増しているのに、今回はそういった…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事