日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「渡辺謙 自宅」に関する記事

渡辺謙&南果歩夫妻と気仙沼のカフェ

被災地に寄り添う渡辺謙 NYから毎日“直筆FAX”の心意気

そんな中、他とは一線を画した復興支援をひっそりと続けているのが渡辺謙(56)だ。 宮城県気仙沼市の港にある「気仙沼復興商店街」。そこに自身がオーナーを務めるカフェ「K-port」をオープンさせたのは震災から2年半後の2013年11月のことだった。設計は渡辺が親交のある建築家・伊東豊雄氏にオファーし、芝居小屋をイメージしたデザインに。時にイベントスペースとして使用され…

がんについて告白した樹木希林(左)と渡辺謙

がん告白相次ぐ 渡辺謙は早期で療養、樹木希林は治療再開

早期の胃がんであることを公表したのは渡辺謙(56)。妻、南果歩(52)の勧めで人間ドックを受けたところ胃がんを発見。 幸い、早期だったため内視鏡手術を受けて現在は療養中だ。再演予定だったブロードウェーミュージカル「王様と私」はスタートが延期になるという。渡辺は89年に急性骨髄性白血病を患い、再発するも現在は克服している。 ■「クロ現」で“国谷推し”発言 9日のNH…

公私ともに絶好調/(C)日刊ゲンダイ

堂々デート&半同棲 杏と東出に浮上する「10月結婚説」

親しい友人には<結婚する>と宣言しているようですね」(芸能リポーター) ■渡辺謙も公認? 杏は「ごちそうさん」に続いて、日本テレビの今期の連ドラ「花咲舞が黙ってない」も高視聴率とノリノリ。東出も来年のNHKの大河ドラマに出演が決まっている。 「障害は何もない。2人がここまで開けっぴろげなのは、杏の父親、渡辺謙の許しも得たからだろうともっぱらです。あとは時期ですが、1…

左から窪塚洋介、スコセッシ監督、浅野忠信

転落から12年 窪塚洋介ついに“ハリウッドへダイブ”の強運

撮影スケジュールの遅延により、渡辺謙(56)が降板を余儀なくされたり、台湾のロケ現場で作業員が事故で命を落としたり……。そんな不運に見舞われながらもようやく公開にこぎつけ、「配給のKADOKAWAは公開館数300を予定し、力を入れまくっている」(映画関係者)。 期待と話題を背負った大作のオーディションを受け、農民のキチジロー役をゲットした窪塚。同役のオーディション…

映画「この国の空」に出演した工藤夕貴

ハリウッドでもまれ逞しく…工藤夕貴“諦めない女優”の原点

6年後に渡辺謙が出演したハリウッド映画『SAYURI』で、主演のさゆり役を希望して自腹で三味線を習い、1曲完璧に歌って弾けるまで上達しましたが、脇役になってしまった。さらに『チャーリーズ・エンジェル』のオーディションで最後まで残るも、ルーシー・リューと争って敗れた。それでも『自分がやりたいと思ったことに全力で取り組む』という鉄の意志を持った女優です」(映画関係者) …

None

山崎豊子の遺稿「完結」「映像化」 カギ握る“右腕”秘書とは?

献杯する様子が散見され、映画「沈まぬ太陽」に主演した渡辺謙(54)が会場の片隅で、「KADOKAWA」の角川歴彦会長の話に神妙な面持ちで耳を傾ける姿も。そんな中、ある人物の前に長蛇の列が……。 名刺片手に出版関係者が10人、20人と列を作っていた相手は50年以上、山崎氏の秘書を務めた野上孝子さん。山崎さんの「懐刀」とも「右腕」とも呼ばれる人物だ。 ■第2部まで取材は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事