日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「京田陽太 ドラフト」に関する記事

金本監督

阪神ドラフト戦略 今年も頼みは金本監督の“直感力”

それプラス直感でしょう」(前出OB) 一部スポーツ紙は、日大の京田陽太遊撃手を「最上位候補」と報じている。今年のドラフトも金本監督のひらめきで、直前の指名変更があるかもしれない。…

この日も絶好調

4安打2盗塁の中京学院大・吉川 スカウトの評価どう変化

2人を攻略して、吉川の評価はさらに上がりましたね」 同じ大学生遊撃手では日大の京田陽太(4年=青森山田)がドラフト1位候補といわれるが、「京田の守備はプロでも合格点。レギュラーとして辛抱強く使っているうちに、バッティングも上がってくる可能性があるという選手です。守備だけでなく打撃もいい吉川は、京田よりワンランク上でしょう。遊撃守備で少し腰高な点が気になるけど、スピー…

京田は守備の評判も高い

今秋ドラフトの目玉野手 日大・京田に巨神ヤが熱視線

今秋のドラフト上位候補、日大の京田陽太内野手(4年=青森山田)が、開催されている東都大学野球でプロのスカウトをうならせている。 右投げ、左打ち。50メートル5秒9の俊足で184センチの大型遊撃手だ。「3番・遊撃」で出場した13日の国学院大戦では、4打数無安打に終わったが、ネット裏に集まったスカウトの高い評価は変わらなかった。 前日の1回戦で日米11球団、約30人のス…

好素材は間違いないが…

プロ注目も“鳥谷2世”の道険し 早大・石井なぜ評価低い?

そういう部分が出てくると評価も変わってくるんだが……」 今秋のドラフト戦線はこの石井をはじめ、日大の京田陽太(4年=青森山田)、中京学院大の吉川尚輝(4年=中京)の3人の遊撃手が注目を集めている。現状では、京田が守備力、走塁力で最も高い評価を得ているようだが、即戦力の遊撃手は絶対数が少なく、ノドから手が出るほど欲しい。たとえば阪神は鳥谷の後継者探しが急務だ。 スカウ…

None

中日・京田 チームが目指す機動力野球に適応の走攻守

中日のドラフト2位ルーキー・京田陽太(22=日大)のことだ。 12日のヤクルト戦。東都時代の主戦場で、二回にプロ初の適時打を放てば、延長十回には内野安打で一塁へヘッドスライディング。決勝のホームを踏み、「ここ最近、追い込まれてやられていた。先手先手で行った。神宮はやりやすかった」と話した。 ここまで開幕戦を含む8試合にスタメン出場。打率こそ.216だが、守備、走塁で…

阪神から1位指名され、笑顔で会見した大山

直前に佐々木を回避…阪神ドラ1で大山獲得の“真相と今後”

巨人が外れ1位で指名した吉川尚輝(中京学院大=内野手)や中日が2位で指名した日大の京田陽太(内野手)よりパワーがあり、本塁打が打てる。昨年1位で取った高山もそうだが、金本監督はホームランが打てる打者を欲しがっていた。とはいえ、03年の鳥谷(自由枠)以来の1位指名ですから思い切ったものです」 金本監督は大山のサプライズ指名について、「(1位指名は)基本的には投手だった…

遊撃守備で好守を連発した吉川

巨神も動いた 中京学院大・吉川尚輝「評価」急上昇の理由

この時点で野手は同じ遊撃手で1位候補の日大・京田陽太(4年=青森山田高)と2人だけ。春の首位打者うんぬんの前から吉川は評価が高い遊撃手なのだ。 「その京田が春のリーグ戦の不振で各球団の評価を下げている。吉川は広角打法で首位打者を獲得した『打』でナンバーワンの評価がある。巨人の遊撃には坂本がいるが、二塁は助っ人選手が守っている。最近ずっと貧打に悩まされているチーム事情…

None

中日・京田は真面目なソフトバンク・松田

19日、中日のドラフト2位・京田陽太(23=日大)が阪神戦でサヨナラ勝ちのヒーローとなった。九回2死二、三塁の場面で打席が回り、3球目に打った打球は三塁線へ。俊足ルーキーの全力疾走に焦った鳥谷がファンブル。決死のヘッドスライディングでセーフになり、うつぶせのままガッツポーズを見せた。 お立ち台で「持ち味は足なので、しっかり全力疾走しました」と話したヒーローは、この…

ゴメスの活躍でヤクルトに勝利

スタメン外れチーム連勝…阪神鳥谷“レギュラー剥奪”危機

京田陽太(日大)も密着マークを続けている。 現時点では、大和と北條が「ポスト鳥谷」の候補であり、とくに金本監督は、野球センスに加え明るく元気で人当たりがいいという部分で北條を評価しているという。大和の調子次第では、遊撃に北條を抜擢する可能性もありそうだ。 プロ入りして間もなく不動の遊撃手になった鳥谷も今年で13年目。今後は若手や未知なる新戦力とポジションを争うことに…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事