日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「市川猿之助 ドラマ」に関する記事

歌舞伎界の見る目も一変/(C)日刊ゲンダイ

ドラマの合間に歌舞伎の稽古…香川照之が働きまくるワケ

すべては香川の父親、市川猿之助(現猿翁)という大名跡を息子に継がせたい一心なんです。自分は継げなかったわけですから。原動力はそれ。ドラマじゃないですが、土下座も辞さない覚悟なんですよ」(関係者) 父は強しか。…

天ぷら専門店「てんぷら黒川」

タレントが通う店 やってる店

市川猿之助もお気に入り 路地裏で20年愛されてきた名店「てんぷら黒川」

ドラマや映画でも活躍している歌舞伎役者の市川猿之助(40)。“歌舞伎界の異端児”とも呼ばれ、最近は人気漫画「ONE PIECE」の歌舞伎化でも話題になるなど、相変わらず精力的だ。 そんな猿之助のお気に入りは、築地にある天ぷら専門店「てんぷら黒川」。場所は、地下鉄築地駅から7分ほど歩いた築地場外市場のはずれ。偶然通りかかることなどありえないような目立たない立地ながら、…

「七月歌舞伎」で上演中

ドラマより楽しい? 海老蔵が歌舞伎で“出世巡る男の戦い”

その柳澤を追い落とそうとする僧・隆光が市川猿之助。何回か2人の対決シーンがあるが、その「冷たい熱演」がいい。綱吉を演じるのは市川中車(香川照之)で、かなり危ないマザコン男を、怪演。 普通、芝居といえば、悪人が主人公でも正義の人がそれを倒してめでたしめでたしなのだが、「柳影澤蛍火」は、悪と悪の闘いだ。人間の持つ内面の怖さを描き、「怪談」とは銘打たれていないが、夏にふさ…

尾上松也も「前田敦子の恋人」のほうが通りがいい?/(C)日刊ゲンダイ

歌舞伎「若手役者ブーム」は観客動員に結び付けられるのか

市川猿之助も来秋、人気漫画「ワンピース」を題材にしたスーパー歌舞伎を上演する。その背景には「歌舞伎の舞台に若い人も呼びたい」という歌舞伎界の思惑が見て取れる。 歌舞伎は常連客の大半が今も高齢者。お客も新陳代謝しないと、近い将来、お客の減少が懸念される。次世代を担う若手役者が若い人を集める意図はわかるが、抜本的な部分は直っていないような気もする。東京の歌舞伎座は新装な…

すべては大名跡のため

香川照之に何が…21年連れ添った元CA妻と「離婚」の真相

それもこれも自身が継ぐことができなかった『市川猿之助』の大名跡を長男に継がせるため。香川も市川中車として長男とともに歌舞伎俳優としてデビューしたことで、それまで専業主婦だった夫人の生活は一変してしまった。長男の稽古場への送迎は母で女優の浜木綿子が手伝ったりもしていたが、夫人のガマンも限界だったのだろう」(前出の関係者) この6年間、ドラマ・映画・歌舞伎とまったく仕事…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事