日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小泉孝太郎 出演」に関する記事

家賃3万5000円の警備会社の寮暮らし

あの人は今こうしている

元祖イケメン俳優・仲雅美さん 借金3億円に泣き今は警備員

去年は小泉孝太郎主演のドラマ「ペテロの葬列」(TBS系)に出演した。 「怪しい雰囲気のオヤジはいないかって探した結果、オレにたどり着いたらしい。マルチ商法の会長役で、セリフもないチョイ役だった。しかしさ、この際、もっと怪しいヤツになってやろうと思ってるんだ。そうすりゃ、またどっかから声がかかるんじゃないの」 バツイチ。37歳の娘がいる。…

NHK連ドラ初主演の小泉孝太郎(右)と共演の川口春奈

リオ五輪司会、NHKで初主演…小泉孝太郎に訪れた“勝負の夏”

それぐらい好青年から悪役まで何でもござれの全方位型俳優・小泉孝太郎(37)が、今度はNHKドラマ「受験のシンデレラ」(BSプレミアム、7月10日22時スタート、全8回)でカリスマ予備校講師の主人公を演じる。 今年に入ってバラエティーの司会業にも挑んでいるが、本業の芝居だって昨年1年間で5本のドラマに出演。昨今の目覚ましい活躍ぶりからすれば、今作がNHKの連ドラ初主演…

役者としての意識も大きく変わった

冬ドラ俳優“辛口”通信簿

“変人”を好演 小泉孝太郎に「2時間ドラマ新帝王」の呼び声

昨年大ヒットしたドラマ「下町ロケット」で憎まれ役を好演し、これまでのイメージを一変させた小泉孝太郎(37)。今期は「警視庁ゼロ係」(テレビ東京系)に主演して、空気が読めない「変人」刑事を熱演している。初回視聴率は7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずだったが、裏番組の「ミュージックステーション」にベッキーとの不倫騒動で話題のゲスの極み乙女。が出演したこと…

好演した吉川晃司(左)と主演の阿部寛

最終回に多くの“伏線” 「下町ロケット」に続編はあるのか

土屋太鳳演じる主人公の娘がいつの間にか帝国重工に入社していたり、吉川晃司演じる財前部長が、ロケットの打ち上げ成功を見届けるや、スーツケース2つを持ってどこかに出かけたり、初めての悪役だった小泉孝太郎が最後の最後に出てきて“次こそこのバルブで私が勝つ!”と宣言してみたり……。地盤沈下が囁かれるドラマ界を盛り上げる意味でも、続編に期待します」 原作がドラマ進行とほぼ同時…

妻役の内田有紀にやりたい放題

「ナオミとカナコ」でDV夫役 “熱血漢”脱いだ佐藤隆太の評価

高畑淳子にはかないませんが、今回の作品で今後の演技の幅が広がったと思います」 「下町ロケット」での小泉孝太郎のように、悪役が評判になれば嫌われ甲斐があるというものだ。…

武井咲と小泉孝太郎

浴衣姿の武井咲 「てめえ、五寸釘ぶち込むぞ!」で流行語狙い

「25歳以上は女じゃない」などと強烈な暴言を吐くキャラを演じた小泉孝太郎(37)は「街を歩いているときや、よく行くレストランで『“女は黙ってろ”ってプライベートでも言うんですか』と声をかけられることがある。私生活に影響が出ています。きょうも女性の視線が怖い」と語った。 ■ドラマには賛否両論が “OL版・半沢直樹”との呼び声も高いこの作品。 「半沢の『倍返し』のように…

最近はバラエティー出演が多かった/(C)日刊ゲンダイ

ドラマ主演&長男も話題…俳優・千葉真一“再ブレーク”到来

共演者の小泉孝太郎(35)は「ものすごい存在感で、画面の中に入られると一気に何かが激変する。コートジボワールのドログバ選手のよう」と撮影現場での存在感を例えていたが、キャリアを考えればさもありなん。 ■長男の真剣佑もテレビに引っ張りだこ もっとも、俳優としての評価とは対照的に私生活は波乱続きで、野際陽子との離婚から2年後の1996年、28歳下の女性と再婚。 その後…

出産シーンで汗ひとつなし/(C)日刊ゲンダイ

不倫騒動にドラマ不発…押し売り女優化した中山美穂の値打

そうした脚本の甘さに加え、中山を取り巻く男性の登場人物たち…前夫(吉田栄作)、医者(尾美としのり)、実弟(小泉孝太郎)、そしてコンビニの店員までもが彼女を好きな人たちばかり。こうなると、役柄という枠を超えた“中山美穂の押し売りドラマ”という感じさえします」(前出の桧山氏) ここ数年、ヒット作に恵まれない中山が今回、BSドラマに出演した裏には「BSは視聴率が出ないし、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事