日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「福士加代子 タイム」に関する記事

大阪国際女子マラソンで優勝した福士に駆け寄る永山監督

五輪確定へ名古屋も走る福士加代子は陸連曖昧基準の犠牲者

福士加代子(33)は、先日の大阪国際女子マラソンで日本歴代7位の2時間22分17秒の好タイムでぶっちぎり優勝。「これでリオ(五輪代表)決定だべ!」と満面の笑みを浮かべたのも束の間、あろうことか、最後の選考レースである1カ月半後の名古屋ウィメンズ(3月13日)に出場するというのだ。 福士は先の大阪国際で陸連設定の派遣基準記録2時間22分30秒を突破。「22分30秒切…

昨年の大会で日本女子歴代8位となる好タイムをマークした前田彩里

ファンも興ざめ 福士欠場の「名古屋」に疑惑のペース設定

1月の大阪国際で日本陸連設定記録(2時間22分30秒)を突破して優勝した福士加代子(33)は、リオ五輪の代表漏れの可能性もあることから、名古屋ウィメンズ(13日)にエントリーしていたが、1日に欠場を決めた。判断材料のひとつが、主催者が発表した30キロまでペースメーカーが走るラップの目安だという。福士の走った大阪国際は、5キロごとのラップ目安が16分40秒(ゴールタ…

リオ五輪を確実にした福士加代子

大阪国際Vでリオ確実も…福士加代子を待つ本番レースの壁

リオデジャネイロ五輪の代表選考を兼ねた大阪国際女子マラソンは、トップでゴールした福士加代子(33)が、日本陸連が定める派遣設定記録(2時間22分30秒)を上回る、日本歴代7位の2時間22分17秒で優勝。 「やったー、やっと取ったよ1等賞。これでリオ決定だべ!」と喜びを爆発させた。 13年の同大会以来3年ぶり2度目のマラソン優勝で、リオ五輪代表の座を確実にした福士だ…

名古屋ウィメンズでは1秒差で2位に入った田中智美が代表に(後方は小原怜)

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

福士加代子が1月の大阪国際でクリアしたものの、「ハイレベルで無理な設定」という声も多かった。武冨氏に2時間22分30秒に設定した理由などを聞いた。 ――派遣設定記録の2時間22分30秒には、大きな意味があると言いましたね。 「そうです。シドニー大会以降の記録を見ると、五輪前にそのタイムを切っている代表選手はみんな入賞しているのです。00年シドニー金の高橋尚子と04年…

ロンドン五輪では79位に終わった重友梨佐

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

北京大会までは、各選手がホテルや一軒家を借りていましたが、リオはマラソンのスタート地点(カーニバル会場でもあるサンボドロモ)近くのホテルに(伊藤舞、福士加代子、田中智美の)3選手が一緒に泊まる。われわれはスタート(8月14日現地9時30分=日本時間同21時30分)を迎えるまで、選手がレースに集中できる環境を整えるだけです」(おわり) *注2回目のフルマラソンとなった…

途中まで海外勢についていったのは村山謙太ひとり

なぜ2時間6分30秒 国内男子マラソン「設定記録」の無謀

女子は福士加代子が1月の大阪国際でクリア(2時間22分17秒)したが、男子は手が届きそうにない。12月の福岡国際で総合3位(日本人1位)の佐々木悟は2時間8分56秒。東京で日本選手トップ(総合8位)の高宮祐樹(28)は2時間10分57秒と、2時間10分も切れなかった。 東京マラソンに優勝したフェイサ・リレサ(エチオピア)のタイムも2時間6分56秒。あの軽快な走りでも…

名古屋でこのタイムが抜けるか

福士加代子「名古屋」強行出場で陸連への強烈“メッセージ”

リオ五輪の女子マラソン最終選考会の名古屋ウィメンズ(3月13日)に、1月の大阪国際で優勝した福士加代子(33)が一般参加でエントリーした。 福士は、大阪国際で日本陸連の設定タイム2時間22分30秒を上回る記録(2時間22分17秒)を出し、リオ五輪代表が確実視されているものの、名古屋で設定記録を複数選手がクリアすれば、福士は代表漏れする可能性もある。 陸連は全選考レ…

福士もズルズル後退

入賞も叶わず 女子マラソン惨敗で見えた“東京五輪の課題”

男子よりメダルの可能性があるといわれたリオ五輪の女子マラソンだが、トップから5分49秒も遅れた福士加代子(34)の14位がベスト。田中智美(28)は19位、伊藤舞(32)は46位に沈んだ。優勝はケニアのスムゴングで、タイムは2時間24分04秒。2位はバーレーンのキルワで2時間24分13秒、3位はエチオピアのディババで2時間24分30秒だった。 3大会ぶりのメダルを狙…

武富豊氏は天満屋女子陸上部総監督も務める

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

このタイムは、日本選手の力を測る上で大きな意味を持っているのです」 ※注1 伊藤舞(31=大塚製薬) 15年世界陸上7位、自己記録=2時間24分42秒 福士加代子(34=ワコール) 11年シカゴ3位、13年世界陸上3位、13、16年大阪国際優勝、自己記録=2時間22分17秒 田中智美(28=第一生命) 14年横浜国際優勝、16年名古屋ウィメンズ2位、自己記録=2時間…

本番でもこのスマイルが見られるか?

リオ五輪メダル候補の「勝算」

「自分から仕掛けるべき」 マラソン福士に“逃げ”のススメ

「リオでは金を掴みにいく」 こう宣言している女子マラソンの福士加代子(34)は、2013年世界陸上銅メダルを獲得し、リオの代表選考では唯一、陸連の設定記録(2時間22分30秒)を突破している。最近の五輪や世界陸上の優勝記録を見れば、期待度はますます高くなる。 ●12年ロンドン五輪=ティキ・ゲラナ(2時間23分07秒・エチオピア) ●13年世界陸上=エドナ・キプラガト…

田中智美が日本人トップとなる2位でゴール

陸連にブレーキ疑惑 名古屋Vキルワさえ「設定記録」破れず

4日付の日刊ゲンダイ本紙が指摘したように、このペースは福士加代子(33)が2時間22分17秒で走った大阪国際(5キロ・16分40秒)より15秒以上も遅い。大阪では2時間20分台でゴールできるペース設定が、名古屋のゴール設定は2時間23分台。 「これでは陸連が、走る前から設定記録(2時間22分30秒)突破にブレーキをかけていたと言われても仕方ない」と、前出の菅原氏は疑…

None

初マラソン日本女子歴代最高 新星・安藤友香 世界陸上で潰される

一時は追いつくも、福士加代子がトップから6分近く遅れての14位が最高だった。 前出の菅原氏が続ける。 「国内レースはPMのおかげで、中盤や30キロまではペースがほぼ一定です。安藤は世界陸上でトップランナーのペースの上げ下げや終盤のギアチェンジなどを体験し、東京五輪につなげればいい。スポーツマスコミは新星登場に沸き立ち、世界陸上でメダルの期待を一身に背負わせて潰さない…

福士加代子(左)と田中智美

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

あらゆる面で可能性という部分では期待しています」 *注1 さいたま国際(15年11月15日=2位吉田香織) 大阪国際女子(16年1月31日=1位福士加代子) 名古屋ウィメンズ(16年3月13日=2位田中智美) *注2 11年シカゴ3位 13年世界陸上モスクワ大会3位 14年ベルリン6位 15年シカゴ4位…

ケニア出身のキルワ

福士欠場の名古屋は元ケニア選手の“高速ラップ”が見どころ

1月の大阪で、陸連設定記録(2時間22分30秒)をクリアした福士加代子(33)が出場をキャンセル。陸連は代表内定は出していないものの、福士が五輪キップを手にすることはほぼ間違いないとみられている。 昨年の世界陸上で7位入賞の伊藤舞(31)は、すでに内定が出ているから、残るキップは1枚ということになる。ただし、複数の日本選手が福士の記録(2時間22分17秒)を大幅に…

前田選手が頭角を現したのは14年大阪国際女子マラソン

女子マラソン前田彩里 「世界」当確でも本番苦戦必至の理由

銅メダルの福士加代子は2位に2分近く引き離されて2時間27分45秒。ここまで時計が遅くならないと日本選手の「出番」はない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事