日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「平幹二朗 舞台」に関する記事

2週間前まで舞台に出演していた

平幹二朗さん急死…“月9”に出演中、年明け舞台の予定も

シェークスピア劇やNHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」「国盗り物語」の主演で知られ、舞台からドラマまで幅広く活躍した俳優の平幹二朗(ひら・みきじろう)さんが23日死去した。82歳だった。広島市出身。 平さんは一人暮らし。連絡が取れないことを不審に思った家族が東京・世田谷区の自宅を訪ねたところ、風呂場で倒れているところを発見され、その後死亡が確認された。 高校卒業後、1…

平さんとは70年に結婚し84年に離婚

「近くて遠い人」 佐久間良子さんが平幹二朗さんと“再会”

今月23日に亡くなった俳優、平幹二朗さん(享年82)の通夜が27日に東京・青山葬儀所で営まれ、北大路欣也(73)、渡辺謙(57)、三田佳子(75)、演出家の浅利慶太氏(83)ら約500人が弔問に訪れた。 元夫人で女優の佐久間良子(77)も参列。報道陣にコメントを求められると言葉を絞り出すように「すごく近くて遠い人でした。いいお顔で」と語った。 平さんと佐久間は70年…

離婚会見でも飛んだ“男性問題”

イケメンと堂々手つなぎデート 故平幹二朗さん“超人伝説”

映画や舞台、ドラマまで幅広く活躍した俳優の平幹二朗さんが、23日に自宅の浴槽で倒れているところを発見された。82歳だった。 平さんといえば、その圧倒的な演技力で知られた。シェークスピア劇からNHK大河ドラマまで、出演作を挙げれば数え切れないほどだ。98年に紫綬褒章、2005年に旭日小綬章を受章。亡くなる直前まで精力的に活動していて、現在放送中のフジテレビ系ドラマ「カ…

「CRESSIDA(クレシダ)」

演劇えんま帳

「CRESSIDA」でみせる平幹二朗の圧倒的な演技力・存在感

主人公・シャンク(平幹二朗)はかつて名優として鳴らしたが、年老いた今は演技指導者として少年たちから慕われている。「夏の夜の夢」上演を翌日に控えたある日、養成所から一人の少年スティーヴン(浅利陽介)が派遣されてくる。「シとス」の発音区別もできない稚拙な彼の演技にシャンクは激怒するが、養成所は彼を残してほかの町に遁走したという。仕方なく、彼を受け入れたものの、人気俳優…

平幹二朗さんは享年82

あれもこれも言わせて

月9「カインとアベル」が平幹二朗さんの遺作だなんて…

俳優、平幹二朗さんが亡くなった。享年82。今年初め、平さんの当たり役ともいえる舞台「王女メディア」を見に行ったのだが、その時の80代とは思えない張りのある声や迫力に圧倒され、名優とはこういう人のことを言うのだと記憶に刻みこんだのに。 平さんは今月スタートの月9ドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)に出演したが、初回を見て愕然とした。「こんなチープなドラマになぜ」と…

None

「真田丸」武田勝頼役を好演 平岳大の知られざる挫折秘話

■医師目指すも「不向き」で断念 名優・平幹二朗、女優・佐久間良子の長男として誕生。暁星小3年の時に離婚、母親に引き取られた。同中・高校と進んだが、偉大な両親の呪縛から逃れるため高1で単身渡米し、モーゼス・ブラウンスクールに入る。 慣れない寮生活、英会話に苦労したが、ガールフレンドの上級生からマンツーマンで英語を教わってマスター。医者を目指して勉強漬けの日々を続けた…

ラブストーリーとお仕事ドラマの要素を絡めた「好きな人がいること」

瀕死のフジ「月9」

2016年放送の計4本すべて「平均視聴率1桁台」の衝撃

平幹二朗もこれが遺作では浮かばれない。 この枠がドラマ枠になった87年からの30年で平均視聴率1桁に終わったのは14年の「極悪がんぼ」の9・9%だけだった。それが今年は全作が1桁なのだから、かつてない事態といっていいのに、経営陣は「総合視聴率はいい」などと弁護している。たしかにテレビ全体の視聴率が下落しているので、絶対的な数字が下がるのは仕方ない。 問題は、「月9」…

かつて苦い酒が続いていたと本田博太郎さん

今だから語れる涙と笑いの酒人生

“怪優”本田博太郎が語る「酒癖悪い人は人間性に問題あり」

主演だった平幹二朗さんが急病で途中降板し、その代役に指名されたのです。当時は28歳。まだまだアルバイトしないと食べていけなくてね。それなのに結婚が早く、「近松」出演時は2児の父親でしたから、その頃は本当に切羽詰まっていました。 もちろん、自分なりに頑張っているつもりでした。でも、思うように仕事は増えず、将来の展望も見えない。時にはヤケ酒をあおり、酒の勢いで暴言を吐い…

NHK大河「国盗り物語」にも出演/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「ケチで有名になるくらい倹約」していた俳優・山谷初男は今

斎藤道三(平幹二朗)の家来、赤兵衛を演じた。これで全国に顔を覚えてもらった。ホント、オレにとっても国盗り物語だったね。しかし、あの当時と比べると、丁寧なドラマ作りが減り、それに伴って、オレの出番もすっかり減ってしまった。おかげで、故郷の角館にしょっちゅう帰ってるよ」 角館では実家だった旅館を改築、移送し、劇場「はっぽん館」として地域に開放している。 「数年前までは永…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事