日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

加羅夢特集

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 加羅夢と牧田詠子の証言には食い違いがある

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 続いて廊下に出て来た塩崎に、樋口は言った。 「俺には、加羅夢が嘘をついているとは、どうしても思えないんですが……」 「やつは、したたかなテロリストかもしれないんだ」 「シラを切ればいいものを、図書館で牧田詠子に会っていると、あっさり認めたんですよ。それは、なぜでしょう」 …

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 塩崎が謝罪し、加羅夢に携帯電話を返した

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ さすがに、塩崎は驚いた様子だった。 「おい、ヒグっちゃん。何の真似だ?」 樋口は頭を下げたまま言った。 「加羅夢の協力は、この先の捜査に不可欠です。そのためには、塩崎さんの謝罪が必要なんです」 「だからって、ヒグっちゃんが俺に頭を下げることはない」 樋口は言った。 「塩崎…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 樋口はじっと加羅夢の観察を続けていた

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 浅井係長は、特殊班の係員たちに集合をかけた。 樋口は席を立って、再び取調室に向かうことにした。 「俺も付き合おう」 塩崎がそう言って立ち上がった。 樋口は塩崎に言った。 「牧田詠子の行方を追ったほうがいいんじゃないんですか?」 「そっちは、戸倉班と浅井の特殊班に任せよう。…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 加羅夢のツイッターのフォロワーは五十人位

日本初の宗教的過激派のテロが疑われる中、加羅夢という2世バングラデシュ系日本人の取り調べを行った。樋口は彼をシロだと確信し、捜査の協力をお願いすることになるが……。 ◇ ◇ ◇ 樋口の質問に、加羅夢は首を捻った。 「さあ……。友達がリツイートしたり、コメントをくれたりしましたが、それ以外に特別なことはありませんでしたね……」 塩崎が尋ねる。 「そのリツイートしたりコ…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 ネット上での情報掲示は加羅夢を誘い出すためか

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 樋口の言葉に、加羅夢が聞き返した。 「確認したいこと? 何です、それは」 樋口は言った。 「あなたは、ネット上の掲示板で、『ケインズの断崖』という本を探していた。そうですね」 「そうです」 「その本が、大学の図書館にあると教えてくれた人がいたのですね?」 「はい」 「そし…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説加羅夢の証言の裏がとれた以上は拘束の理由がない

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 天童が戸倉に電話をして、加羅夢の証言を確認するように命じた。 樋口は尋ねた。 「証言の裏が取れたら、加羅夢を帰しますか?」 天童はしばらく考えてから言った。 「もし、彼が言うとおり、図書館に用事があって、たまたま事件に遭遇したのだとしたら、これ以上拘束しておく理由はないが…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 加羅夢は自分にそっくりの人がいるとツイッターに

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 会話の内容から、相手は母親だろう。心配するなと繰り返していた。 加羅夢が電話を切ると、塩崎が言った。 「まず言っておくが、普通は刑事が参考人や被疑者相手に謝罪などはしないんだ。今回は特別だ」 「僕は参考人でも被疑者でもないんでしょう? 協力者だと言われました」 塩崎が鼻白…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 塩崎刑事が謝罪すれば加羅夢は協力する

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 加羅夢の質問に、樋口はかぶりを振った。 「どこの国の人かはわかりません。しかし、海外の人物である可能性は高いと思います。現場で、そのような人物を見かけませんでしたか?」 「気づきませんでしたね」 加羅夢は肩をすくめた。 「自分によく似ている人を見かけたら、覚えているはずで…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 加羅夢の釈放決定を公安部長に覆された

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 加羅夢は被疑者扱いだった。テロともなれば、誰もが慎重になる。 それらが過剰反応でなければいいがと、樋口は思った。 「公安部長のごり押しだな……」 天童が小声で樋口に言った。公安部の梅田管理官はまだ食事から戻っていない。 樋口は言った。 「田端課長も刑事部長も不満そうでした…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 図書館の受付で本を渡してくれた女性が牧田詠子

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 樋口はこのあたりが自分の出番だと思った。 「図書館のことを詳しく聞きたいのですが……。そのとき、応対してくれたのは、受付の人だと言いましたね」 加羅夢は、塩崎に挑発されたせいで、反感をむき出しでこたえた。 「そうですよ」 「その受付の人は男性でしたか、女性でしたか?」 「…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 加羅夢が高度な訓練を受けたスリーパーだとしたら

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ これまでの経験からして、加羅夢が嘘をついているようには見えなかった。彼は本当に困惑し、そして、塩崎の追及に対してはっきりと抗議している。 「じゃあ、仲間の名前を言ってもらおうか」 「何の仲間ですか」 「おまえが所属しているテロ組織だよ」 「僕はテロ組織なんかに属していませ…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 加羅夢の父は帰化の際に宗教を捨てた

樋口は加羅夢に言った。 「過激派のテロについては、同じ宗教の人たちが一番被害を被っていることはよくわかっています。誰だって自爆テロなんてやりたくはない。それをやらなければならない状況に追い込まれる人々がいるということなんでしょう」 加羅夢はまだ怒りの表情だ。 「無宗教だと言ったのは本当です。僕自身は信仰心はありません。父も、帰化するときに、日本での商売の障害になる…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説加羅夢の疑いは完全に晴れたわけではない

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 「厳しく取り調べるのは、刑事として当然のことです。でも、それは相手が反抗的だったり、非協力的な場合でしょう」 樋口は塩崎に言った。 塩崎は苦い表情だ。 「刑事は絶対に気を許しちゃいけない。なめられたら終わりなんだ」 「もちろんそれはそうです。相手が敵対するなら、徹底的に厳…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 防犯カメラに映っていた外国人はシファーズ

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 指揮本部にやってくると、樋口は天童に声を掛けられた。 「おう、ヒグっちゃん。シオから話を聞いた。シファーズがやっぱり怪しいと言っているらしいな」 「その可能性があるように思います」 「シファーズにはアリバイがあったはずだ」 「それはシファーズが働いている中古車屋のオーナー…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 塩崎に替わって樋口が加羅夢を取り調べた

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 「たしかにそうですね」 天童の言葉に樋口はこたえた。「だから、今後は俺一人で接触する」 「いや、それは……」 天童は、片手を挙げて樋口の言葉を制した。 「ヒグっちゃんはバックアップだ」 「バックアップ……?」 「そうだ。万が一、俺が失脚したり、検挙されたりした場合、ヒグっ…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 樋口らが乗った車の後には小型セダンがいた

日本初の宗教的過激派のテロが疑われる中、加羅夢という2世バングラデシュ系日本人の取り調べを行った。樋口は彼をシロだと確信し、捜査の協力をお願いすることになるが……。 ◇ ◇ ◇ 因幡に言われて樋口は振り向いてリアウインドウを見た。 「素人じゃあるまいし……」 因幡が言った。「ミラーを使ってさりげなく後方を見る、とかできないのか。警視庁にいる頃、樋口さんはもっとやり手…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 二人の服装が似通っているのは偶然ではない

日本初の宗教的過激派のテロが疑われる中、加羅夢という2世バングラデシュ系日本人の取り調べを行った。樋口は彼をシロだと確信し、捜査の協力をお願いすることになるが……。 ◇ ◇ ◇ 「ちょうどよかった」 SSBCの担当者が電話の向こうで言った。 「防犯ビデオ解析のやり直し、できています。書面でお送りする前に、口頭でお知らせしましょう」 樋口は言った。 「お願いします」 …

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説全力で行方を追っているが、牧田詠子の所在は不明

日本初の宗教的過激派のテロが疑われる中、加羅夢という2世バングラデシュ系日本人の取り調べを行った。樋口は彼をシロだと確信し、捜査の協力をお願いすることになるが……。 ◇ ◇ ◇ 「できました」 加羅夢が言った。 ツイッターで彼の書き込みをリツイートしたり、コメントを付けたりした人物の名前と連絡先のリストだ。 塩崎はそれを手に取調室を出て行った。一ヵ月前にはすでに、加…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 大学図書館を出た加羅夢を牧田詠子が尾行か

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 樋口は尋ねた。 「お友達は、どこであなたを見かけたと言ったのですか?」 ふと加羅夢は不安気になった。 「あの大学です。大学の近くで僕を見かけたと言われたんです。でも、その当時僕はあの大学には近づいたこともありませんでした」 「それはあなたによく似た人物だったのでしょう。友…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 牧田詠子の狙いは捜査の攪乱だったのか

加羅夢と名乗る彼は2世のバングラデシュ系日本人らしい。早速取り調べが始まるが……。 ◇ ◇ ◇ 塩崎が首を傾げる。 「加羅夢を現場近くに呼び出すための……」 「そうです」 「その結果、加羅夢は防犯カメラに映ったわけだ」 「そして、疑いをかけられた」 「そうだな。だから彼の身柄を拘束して、取り調べをやっているんだ」 「それが牧田詠子の狙いだったとしたら、それはなぜでし…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事