日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「田村淳 女性」に関する記事

“人望”が裏目裏目に/(C)日刊ゲンダイ

寺に女性連れ込み? また遠のいた山本圭一の「芸能界復帰」

ロンブーの田村淳には<1年は頑張る>と話し、実際、丸刈りで修行に励む山本の姿も目撃されていたんですが、どうやらあまりの過酷さに耐え切れず、たった3カ月でトンズラしてしまったそうです」(芸能ライター) ところが、同誌によると、山本が今年に入って出戻ってきたんだとか。もっとも、修行に集中しているわけではないようで、車で出たり入ったりを繰り返し、ちょいちょい女性が同乗して…

極楽とんぼの山本圭壱

復活ツアーは即完売 極楽とんぼ山本の異常人気は本物か

また騒動の中身は違いますが、ベッキーのように約半年で芸能界復帰したケースを前例として、山本ももうイケると判断したようです」(テレビ関係者) 山本はかつて「軍団山本」といわれたお笑いタレントのグループを引き連れ、そこにいた田村淳(42)や遠藤章造(45)らから信奉されていた。視聴者からの批判もあるなか、後輩たちの協力や後押しもあっての復帰劇なのだろう。しかも、復帰特番…

バラエティー番組で明かした“極貧生活”が話題に

極貧幼少期明かし話題 “ギャルモ”舟山久美子が好感度急上昇

8月には「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)の3時間スペシャルで、ロンドンブーツの田村淳を自宅に招き、イイ女かどうかをジャッジされる企画に参加。淳をオリジナルでオシャレな手料理でもてなしたり、淳の妻におみやげを渡したり、という女性らしい心遣いを見せ、株を上げた。スッピンを披露したことも、好感度を上げた。 6月放送の「ロンドンハーツ」のフィーリングカップル企画“ラブマ…

三度目の正直/(C)日刊ゲンダイ

打倒ミヤネ屋 フジ新番組MCに「高橋克実」内定情報

「三度目の正直」には男性MCを起用するとの見方が強く、みのもんた、池上彰、島田紳助、田村淳、ミッツ・マングローブといった名前が挙がっていた。しかし、今回、日刊ゲンダイ本紙が内定情報をキャッチした人物は全く別ジャンルの“異才”だった。俳優の高橋克実(53)である。 フジ関係者がこっそりこう明かす。 「ドラマや舞台の出演もあることから、月曜から金曜まで生番組での出演は難…

政治バラエティー向き/(C)日刊ゲンダイ

大手民放よりのびのび ロンブー淳は「MXテレビ」と好相性

が、これはメーン司会の田村淳(写真)の貢献度が高い。「鈴木が怖いと思ってた小沢さんはメディアがつくった小沢さん像なんだよ」という淳の振りがあればこそ、直後の「昨日までは好きじゃなかった」という話題になる一言が出せた(じゃなきゃおバカキャラでもなかなか言えない)。 淳はおバカタレントを操るのはバラエティーでお得意だが、当番組では小沢氏とのトークもだいたい噛み合ってい…

None

ロンブー淳 NHK新会長の“慰安婦発言”擁護でまた物議

ロンブーの田村淳(40)のツイッターの書き込みが久しぶりに物議を醸している。淳は元モデルの一般女性(30)と2013年9月に結婚。その後、自慢の毒舌が鳴りを潜めていたから、すっかりカドが取れたかと思いきや、“完全復活”したようだ。 今回、淳が食いついたのは、NHK新会長の不用意発言。籾井勝人会長は、25日午後2時過ぎに就任会見を行った。慰安婦問題について問われると、…

None

この人物のオモテとウラ

さんまをソデにして永井大を選んだ中越典子の「理想の家庭」

結婚に至るまで、お笑い芸人のロンブーの田村淳や、俳優の山本耕史などと浮名を流す割には本命度がいまひとつだった。2年間付き合った佐藤隆太と別れてから、永井の名前が出るまで仕事に専念。だが、恋愛や結婚に対して常に意欲的だった。 2010年1月にはテレ朝系特別ドラマ「ペーパー離婚」の完成披露試写会で、「やりたいことをまっすぐにやっていて、男らしい人がいいですね」と理想の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事