日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「石坂浩二 降板」に関する記事

番組プロデューサーとの確執がささやかれる降板劇

石坂浩二を降板させた 「鑑定団」プロデューサーの評判

俳優の石坂浩二(74)が、94年4月の番組スタート時から出演している「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)の降板を同局から通告されていたことが明らかになり、波紋が広がっている。 28日の定例会見で同局の高橋雄一社長は「改編に関することは申し上げられない」としたが、石坂はこの2年ほど番組内で発言がほとんどなく、発言部分が意図的にカットされているのではないかという疑問…

石坂浩二はBSジャパンで「鑑定団」新番組を

石坂浩二がBSで“鑑定団”新番組 降板報道は何だったのか?

「実は体調不良とか、なにかあるんじゃないでしょうか」などと、臆測を呼んでいたのが、石坂浩二(74)のテレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」の降板騒動だ。 結局、石坂は3月いっぱいで番組卒業、4月から同局系列のBSジャパンで“鑑定団番組”のMCを務め、石坂の後任としては福沢朗(52)が起用されるることが正式発表されたが、石坂は29日放送のワイドショーの直撃にコメント。「…

今田耕司だけで十分だった?

今田耕司で十分なら…「鑑定団」石坂浩二の後任は必要か?

「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)のプロデューサーとの“確執降板”が噂されている石坂浩二(74)の後任として、同局が福沢朗(52)を選んだことが、さらに波紋を広げている。あの番組には今田耕司(49)というレッキとしたメーン司会がいる。だったら、わざわざ新たに“添え物”を入れる必要があったのか、というわけだ。 「今田は今や、TBSの大型番組『オールスター感謝祭』…

2人きりの状況は避けるべき

石坂浩二は“左遷”の憂き目…「切り捨て上司」どういなす?

タレントの石坂浩二は、テレビ東京系の地上波番組「開運!なんでも鑑定団」を降板。BSの類似番組に転籍することが決まった。プロデューサーとの禍根が原因とされる。クーデターに失敗したSMAPの女性マネジャーも自ら退社した格好だが、副社長との対立で事実上、追い出されたとみられている。 生き馬の目を抜く芸能界ならではのロコツな人事だが、サラリーマンの世界にも「切り捨て上司」は…

降板が決まった石坂浩二について語った紳助

「鑑定団」騒動に異例コメント 島田紳助の悠々自適な近況

番組プロデューサーとの確執で司会を務める石坂浩二(74)の降板が決まった「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)。発売中の「女性自身」では当該プロデューサーが、番組に出演する鑑定士たちに「他番組に出るな」と命じていたなど更なる横暴ぶりが明らかに。 そんな中、「石坂さんなしではあの番組の成功はなかった」とコメントしたのが番組開始時から石坂とともに司会を務めた島田紳助氏…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事