日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高畑充希 舞台」に関する記事

映画にCMに引っ張りだこ

恋より仕事の高畑充希 三代目・岩田剛典をソデにした過去

ヒロイン役をつとめたNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」が好評だった女優の高畑充希(24)。12月公開の映画「アズミ・ハルコは行方不明」ではギャルのキャバ嬢役を演じ、同月から上演の楳図かずおの長編SF漫画を舞台化した「わたしは真悟」では門脇麦とダブル主演、来年の4月上演の舞台「エレクトラ」では主演をつとめることが決定している。 「もともと、舞台で力をつけてきた女優。所属事…

出ずっぱりの高畑充希

視聴率は五輪に負けず 「とと姉ちゃん」高畑充希の原動力

要するに、リオ五輪が束になってかかっても高畑充希(24)の「とと姉ちゃん」には勝てないのだ。 高畑の原動力は何か。 「かつては所属するホリプロ制作の『ピーターパン』など、舞台が中心でした。その他でも、同じホリプロの鈴木亮平が主演した13年の『HK変態仮面』では、ワイドショーのリポーター役という、エキストラに毛が生えたような役しかつかないほどの崖っぷち女優で、地味な存…

高畑充希(左)と黒木華

連ドラで“美しすぎない編集者” 高畑充希vs黒木華の軍配は

■視聴率では「とと姉ちゃん」だが… 女性編集者といえば同時期にスタートしたテレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK)も同じく女性編集者(こちらは実在)だし、主役の高畑充希(24)も同じく美しいとは言い難い! 戦後が舞台で当時の髪形や服装のせいもあるだろうが、童顔なのか老け顔なのかわからん。 今週の米1俵の賞品が欲しくて二人三脚競走に出たちょうちんブルマー姿や、番宣でよく…

「とと姉ちゃん」ヒロインの高畑充希

16年春の朝ドラヒロイン抜擢 高畑充希は“昭和顔”のハマリ役

来年4月4日スタートのNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロインに選ばれた高畑充希(23)。13年度後期の朝ドラ「ごちそうさん」ではヒロイン(杏)の義妹役として出演。しかも劇中で披露した歌唱力が話題となり、♪You wanna 酔わないウメッシュ~と独唱するCMまでゲットした若手女優が、今度は“朝の顔”に抜擢された。 もっとも、ヒロインの座は「ごちそうさん」の“余禄”で…

None

高畑充希&松浦雅 好調「ごちそうさん」を支える若手美人女優

ひとりはヒロインの嫁ぎ先でかわいい小姑を演じる希子役の高畑充希(22)。先月23日放送の第94話では、トシの離れた実姉・和枝(キムラ緑子)に兄夫婦の結婚を認めるよう説得するシーンを熱演。高畑の涙と鬼気迫る演技は感動を呼び、ネット上では「神回」と伝説扱いされるほど。 極度の引っ込み思案だった女の子が、ここまで成長した、ということを証明する感動の場面だったが、「演技力…

新旧ヒロインは民放ドラマでも引く手あまた

民放で争奪戦勃発 朝ドラヒロイン高畑充希の“ブランド力”

主演は高畑充希(24)。生活情報誌「暮しの手帖」の創業者、編集者の大橋鎮子の人生をモチーフにしたストーリーで、今週は子供時代。長女・常子が結核で亡くなる父親(とと)から母親(かか)と2人の妹のため「ととの代わりになってほしい」と頼まれ、約束するまでで、高畑が本格的に出演するのは来週からだ。 ところで、まだドラマが始まったばかりだというのに、“高畑人気”が沸騰してい…

2015年の目標は「初心に帰る」と語った高畑充希/(C)日刊ゲンダイ

“年女”高畑充希が告白 「恋愛には積極的、好きならすぐ行動」

「ずっと走っていた一年でした」という女優・高畑充希(23)。大河ドラマ、映画、舞台、CMと引っ張りだこだったが、大ブレーク寸前の“年女”が自ら語った素顔は意外にも……。 2014年は初めて作品の掛け持ちをしたので、気持ちの切り替えが難しかったです。朝ドラ(「ごちそうさん」)のときは半年間、実家(大阪)に住んでいたので、余裕があったけど、終わると東京に残していたことが…

いよいよ本格出演の芳根京子

20%割れ 朝ドラ「べっぴんさん」を襲う「とと姉」後遺症

「前作『とと姉ちゃん』は高視聴率を記録しましたが、ヒロインの高畑充希がなかなか年を取らないなど、内容的には不満足な要素が多かった。それを我慢して見ていた視聴者も多く、今回は“朝ドラ断ち”した人もいたのではないか。また、物語も洋裁店を舞台にした11年の『カーネーション』に似ていて、“モノ作り”の世界に飽きている人もいるかもしれません」 朝ドラの視聴率が20%台を割り…

「飯寿司」はおふくろの味/(C)日刊ゲンダイ

今だから語れる涙と笑いの酒人生

札幌から単身赴任…俳優・安田顕が語るこだわりの“酒と肴”

レストランを舞台にしたコメディーで、東出昌大、二階堂ふみ、高畑充希らが出演。安田は几(おしまずき)ハイジなる心優しいゲイのパティシエ役で登場する。…

None

竹内涼真の圧倒的期待度

女優陣は優香、深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみ、高畑充希とうまい具合に各年代に売れっ子がいるが、俳優は長年、藤原竜也と妻夫木聡の2トップ。なかなか若い世代がブレークしなかった」 もともと竹内はサッカー界の名門である東京ヴェルディユースに所属。185センチの長身を生かしポジションはDF。サッカー推薦で大学に入学したが、実力のなさを痛感してプロをあきらめ、13年にファッ…

現在はロンドンを拠点に活動

露出急増の宇多田ヒカル 別格扱いで「紅白」初出場あるか

宇多田は事実上の復帰曲『花束を君に』が好調な朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌だし、『SONGS』では生歌を初披露し、主演の高畑充希がナレーションまで務めました。出る出ないで騒がれているSMAPがダメなら、宇多田にしてみれば“もらった”も同然。NHKとのウインウインのこれ以上の関係はない。ただ、大物感を演出するにはやはり“別格扱い”するはずで、宇多田が拠点にしているロン…

(左上から時計回りで)安室奈美恵、イチロー、池江璃花子、ケンブリッジ飛鳥

羽生クンはSMAP中居超え アスリート勢“CMギャラ高騰”の裏

高畑充希(24)は1800万円から2800万円に、堺雅人(42)は5400万円から6400万円にアップ。この額は本人に渡るものではなく、広告代理店がクライアントと交渉する際の“基準”として使われているというが、なかなかどうして驚きの金額である。 ■アスリートは実績にウソがない 勢いでいうと、不倫騒動に覚醒剤事件とスキャンダルの多かった芸能界をスポーツ界が追い抜いた感…

不思議な名前は芸名

「とと姉」で存在感 平岩紙は“平成の肝っ玉かあさん”女優

戦争が激しくなり、経営が厳しくなるのはどの店も同じで、常子(高畑充希)たちが居候している「森田屋」もついに高崎への移転を思案していた。それを切り出したのが平岩紙(36)演じる照代。 ひと言も聞いていない義理の母・まつ(秋野暢子)は猛反発するが、照代は、もう深川で商売をするのは難しいこと、さらに娘の富江が妊娠しているため少しでも食糧事情のいい高崎への移転は不可欠であ…

女流作家も虜にするイケメン

「とと姉ちゃん」大野拓朗 朝ドラ男子“出世の法則”なるか

高畑充希(24)演じる主人公の常子が一瞬、恋心を抱きそうになるだけのことはある。鼻筋の通ったりりしい顔立ち。来週登場する常子の初恋相手役・坂口健太郎(24)の色白で凹凸に乏しい塩顔とは異なり、ソースほど濃くない味噌顔が印象的だ。 立教大へ入学した年に「ミスター立教」の称号を獲得し、翌年の大学2年の時には、ホリプロ創業50周年記念に開催された新人俳優オーディションで…

左から時計回りに吉田鋼太郎・高畑充希・小籔千豊

配役や話の展開が絶妙 「深夜ドラマ」は予想以上に面白い

和菓子店で働く店員を高畑充希が演じていて、吉田にチャチャを入れるが、そのやりとりがなんとも笑わせてくれる。個性派で、銀座のママと結婚してモテモテの吉田が“小娘”にやり込められるのも見どころだろう。 「マネー」はメキシコ料理店が舞台で、レストランとは名ばかり(?)で、お金のトラブルについて無料相談しているという設定だ。 主演は店員の小籔千豊、共演は店長の片瀬那奈、アル…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事