日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「森光子 結婚」に関する記事

レコ大の司会は圧巻だった/(C)日刊ゲンダイ

森光子は離婚…“後継者”仲間由紀恵が迫られる「究極の選択」

そんな仲間は今年秋、森光子が国内最多2017回上演の大記録を打ち立てた舞台「放浪記」を継承し、主演することが決まっている。森光子の死後も、「放浪記」を続けたいと考えていた東宝が、最終的に後継者に選んだのが仲間だった。 「フジテレビのドラマ『森光子を生きた女』で主演の森光子役を演じた縁もあり、仲間が引き受けたという経緯がある。沖縄から上京してデビュー以来、仲間を箱入…

上野真由美さん

あの人は今こうしている

元「トライアングル」上野真由美さん 芸能活動に意欲再燃

キャンディーズさんが解散宣言された77年7月17日の日比谷野音のコンサート時点で、すでにワタシとクーコ(大塚邦子)、ミッチ(森光子。解散後、ロマンポルノに出演した小森みちこ)の3人は、すでキャンディーズさんの妹分として活動するためにレッスンを受けてましたから」 78年4月、「トライアングル・ラブレター」でデビュー。しかし、レコード発売前から「8時だョ!全員集合」(T…

デビュー20年目を迎える仲間由紀恵

仲間由紀恵 舞台「放浪記」の裏で浮上する“子づくり封印”説

森光子さんの代表作を引き継ぎ、主演舞台「放浪記」をこのほどスタート。自ら考案した側転で観客を沸かせているが……。 「東京公演が森光子さんの命日でもある来月10日まであり、それから大阪、名古屋、福岡と回り計104回の長期公演。子づくりどころじゃないし、プロ意識の強い仲間のことだから、出演が決まり、稽古をスタートした頃から気をつけ、妊娠でスタッフに迷惑をかけないようにし…

宮沢りえ(左)は森光子さんのような存在?

宮沢りえ○で吉高由里子は× ジャニーズ熱愛容認の線引き

宮沢は演技も抜群にうまく、ジャニーズにとって“森光子”さんのような存在なのかもしれません」 一方で宮沢&森田とは全く違う扱いとなっているのが、女優の吉高由里子(28)と関ジャニ∞の大倉忠義(31)の交際だ。発売中のフライデーが2泊4日のバリ島旅行をバッチリ報じているのだが、芸能マスコミは完全に黙殺している。要はジャニーズ事務所としては、認められない交際なのだ。 「2…

吉田羊

あれもこれも言わせて

吉田羊熱愛発覚 年上女に可愛がってもらうのはジャニーズの伝統

しかし、よく考えれば森光子&東山紀之、マッチ&黒柳徹子、亀梨和也&小泉今日子など年上女に可愛がってもらうのはジャニーズの伝統のようなもの。いまさら目くじらを立てることもない。 気がかりなのは「ぴったんこカン・カン」に出演した際、「50歳になっても独身だったら結婚しよう」と約束していると言われていた春風亭昇太だ。絵に描いたような当て馬。落ち込んでいなきゃいいが。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事