日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「井村雅代 ヘッドコーチ」に関する記事

チーム・テクニカルルーティンで首位に立ったが…

新星シンクロ日本 チーム首位発進も井村HCまだまだ不満

東京五輪へ向けての新メンバーの演技はまだまだ未熟で、日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC=66)は連日不満顔。この日も「メンバーの入れ替わりによる違和感はなくなってきたが、私が泳いで欲しい演技ではない。もっと進化して欲しい」と厳しい評価だった。 「シンクロの母」と呼ばれる井村HCは、1984年ロス五輪から6大会連続でメダルに導き、中国のヘッドコーチとしても北京、ロン…

None

乾・三井組4大会ぶりメダル シンクロに早くも鬼コーチ効果

低迷するシンクロの再建を図るため、井村雅代氏がヘッドコーチに復帰。合宿中は1日11時間に及ぶ練習でレベルアップに励んだ。 前回のロンドン五輪では同種目で5位に終わった乾は「(井村)先生についてきて、やっと2人でメダルを頂けた。言葉にならない。胸がいっぱい」と言葉をつまらせた。 井村ヘッドコーチは「こうして競い合う醍醐味を知ったことは次への糧になる」と来年のリオ五輪…

None

新生シンクロ日本 国際大会2連勝

日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(66)は「高さが全然、足りない。あれでは世界選手権では勝負できない」と苦言を呈した。 小柄な体形を演技でカバーし、ロシアを上回る演技を披露できるか。…

None

後のスパルタ指導に影響も 「東洋の魔女」伝説の光と影

暴力指導は時代とともに少なくなってきたものの、日大東北高の相撲部顧問が稽古中に部員をハンマーで叩いたり、のこぎりで脅したりしていたように、今も消えていないのが現状です」 選手に「鬼」と呼ばれているシンクロ日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(66)は、体力の限界ギリギリまで選手を練習で追い込むが、選手の体調や体重、栄養管理にはかなり気を使っている。ライバル国の情報収集も怠…

2015年巨人秋季キャンプの様子

今は“地獄”なのか? G伊東キャンプを知るOBが当時を語る

チームも3位でフリーへ

練習は1日12時間 シンクロ日本復活の裏に「ハイポ」あり

かつては「お家芸」としてメダルを量産してきたシンクロも、井村雅代ヘッドコーチ(HC)が04年のアテネ五輪後に中国代表コーチへ転出すると、一気にレベルダウン。前回のロンドンでは、チーム、デュエットとも5位に終わり、五輪で初めてメダルを逃す屈辱を味わった。対して中国は北京、ロンドンの2大会で3つのメダルを獲得する大躍進。改めて井村HCの手腕がクローズアップされた。 ■…

井村コーチ(央)の誕生日をメダルで祝った乾・三井ペア

シンクロデュエットで銅 乾・三井組に“リフト50cm”の差

187.1358点にとどまったウクライナを0.9189点差で上回り、現地時間16日に66回目の誕生日を迎えた井村雅代ヘッドコーチにメダルをプレゼントした。 前回のロンドンで84年ロサンゼルス大会から続いていたメダルが途切れた日本は、北京大会を最後に代表HCを離れた井村氏が14年に復帰。合宿中は多い日で12時間近くにも及ぶ猛練習で強化を図ってきた。 前回のデュエットで…

ライバルを上回れるか

シンクロ乾・三井組のメダルは井村HCの“政治力”が鍵握る

前回のリベンジを期す乾は「どれだけ勝ちたいかという気持ちの勝負になる」と話したが、メダル奪還は井村雅代ヘッドコーチ(HC)の存在が鍵を握る。 ■レフェリーへのロビー活動 シンクロは言うまでもなく採点競技だ。試合でのジャッジにはレフェリーの主観も少なからず反映される。世界選手権で上位に入ったチームが五輪で好結果を残すのも、レフェリーの印象度がジャッジに加味されるためだ…

「許せない」と井村雅代ヘッドコーチ

露シンクロの五輪出場を日本代表・井村コーチが痛烈批判

井村雅代ヘッドコーチ(HC)は、ロシアのドーピング問題で出場が危ぶまれたシンクロ選手団の出場が認められたことに、「国ぐるみでやったことは国全体で制裁を受けるべきだと思っている」と出場の可否を各競技団体の判断に委ねた国際オリンピック委員会の決定を批判した。 かねてロシアのスポーツ界には疑問を抱いていたようで、「国の威信、強さを見せつけるために選手を道具としか見ていない…

オフィシャルパートナーの会見に臨んだシンクロ日本代表

「ドーピングはシンクロにも」 井村HC“暴露”発言の狙い

そんな水泳界に蔓延するドーピングについて「シンクロにもありますよ」と暴露したのは日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC)だ。 28日に東京五輪組織委員会のスポンサー契約会見に選手とともにゲスト出演した井村HCによれば、シンクロはメンタルが結果を左右する種目だけにステロイドなどの筋肉増強剤ではなく、興奮剤を使用するケースもあるという。 実際、04年アテネ五輪を前にロシ…

None

シンクロ井村HC“不可解採点”猛抗議でリオ五輪メダルへ布石

シンクロ日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC=65)が今年8月開幕のリオ五輪でのメダル取りに自信を見せた。 8日、チームの五輪出場権を勝ち取った日本代表が世界最終予選(ブラジル・リオ)から凱旋帰国。成田空港で会見した選手たちは「1位通過を狙っていたので悔しい。僅差で負けたのは自分たちにスキがあったからだと思う」と口を揃えた。 日本は今大会、フリールーティンで全体ト…

井村ヘッド(右)が見守る中で…

鬼コーチ断言 シンクロ日本「リオ五輪出場」は“勇気”次第

鬼のように厳しいことで知られるシンクロ日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC=65)が満足そうに話したのは、12日のこと。リオ五輪世界最終予選(3月2日開幕=ブラジル)に向けた合宿を公開した時だ。 世界最終予選では、強敵のスペインやウクライナも参戦。上位3カ国に出場権が与えられる。14年の就任以来、メダル奪還(チームは04年アテネ大会の銀、デュエットは08年北京大会…

盧毅コーチ(中央)は早くもダメだし

中国雑技団出身者が欠点激白 シンクロ日本「リフト下手」深刻

井村雅代ヘッドコーチは、五輪で表彰台を狙うには「リフトの完成は避けて通れないこと。3月までに完成させないといけないのですが……」と焦りを隠さなかった。…

None

チームTRは逆転で2個目の銅 シンクロ女子の勢い止まらず

それだけに井村雅代ヘッドコーチは「(五輪は)まだ安心じゃない。TRとFRの両方で勝って、初めて(五輪の表彰台が)見える」と厳しい表情で話した。 チームFR予選は28日の23時30分(日本時間)開始。 ▽乾友紀子主将のコメント 「(デュエットTR3位の)うれしい思いをチームのみんなとも味わえた。(井村)先生についてきてよかった」…

五輪では中国をメダルに率いた井村雅代氏

メダルを狙うシンクロ女子 井村コーチの“本気”が奇跡起こす

ケンカと同じ」 世界水泳で4大会ぶりのメダルを狙うシンクロ女子の井村雅代ヘッドコーチ(64)はこう言って檄を飛ばす。 シンクロはロシア、中国の実力が抜けている。日本は、チーム、デュエットともに、スペイン、ウクライナと銅メダルを争うことになる。この大会で3位になれば、審判団に「日本は世界の3番目」を印象づけることができ、来年のリオ五輪の銅メダル争いでは優位に立てる。 …

井村コーチ(上段左)とシンクロ女子日本代表

シンクロ女子で代表辞退者 呆れた井村コーチ「理解できない」

昨年2月に日本代表ヘッドコーチに復帰した井村雅代氏は「去年と比べたら凄く成長している。雲泥の差。メダルは見えてきた」と07年メルボルン大会以来、4大会ぶりの表彰台への手応えを口にした。 昨年のW杯ではチーム、デュエットとも2位に入るなど復活の兆しを見せたとはいえ、代表から脱落者が出たのも事実だ。 12人の代表メンバーのうち宮崎夏実(21)、計盛光(20)の2人が3月…

北京五輪で中国のメダル獲得に貢献/JMPA

恥しのび井村監督再登板に賭ける 日本シンクロの深刻度

今年から再建を託されたのが、04年のアテネ五輪後に日本代表ヘッドコーチを退いた井村雅代氏(63)だ。「日本シンクロの母」と呼ばれる井村氏は、五輪競技になった84年大会のデュエット銅から、00年、04年デュエット銀、96年チーム銅、01年世界選手権デュエット金など、日本に数多くのメダルをもたらした名指導者だ。アテネ後は指導の場をシンクロ後進国の中国に移し、北京とロンド…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事