日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高島彩 現在」に関する記事

「下町ロケット」は高島彩(左)を、「あさが来た」は三宅裕司を投入

「下町ロケット」には高島彩まで “素人”起用はなぜ成功?

「あさが来た」では笑福亭鶴瓶、桂文珍、辻本茂雄(吉本新喜劇座長)など、「下町ロケット」でも立川談春、恵俊彰、春風亭昇太、東国原英夫、今田耕司、ルー大柴――ついには人気フリーアナの高島彩も投入してきた。「あさが来た」ではれっきとした劇団座長ながら、ドラマではあまり見かけない三宅裕司の出演も話題になっている。「素人作戦」はどうして成功したのか。コラムニストのペリー荻野氏…

人妻になれば怖いモノなし

熱愛発覚 高橋真麻が「結婚」ならフリーアナ勢力図一変も

これまでCMにはあまり起用されていませんでしたが、結婚したら高橋家のブランドイメージと相まって一気に家庭用品のCMなどが舞い込むはずです」 現在、フリー女子アナの稼ぎ頭は高島彩(37)と夏目三久(31)がツートップといわれている。このうち、高島はCMで、夏目は帯番組でそれぞれ年間2億円を稼いでいるともいわれる。そこへ、人妻・真麻が“参戦”したらどうなるのか。 「夏目…

「高島・夏目超え」もあり得るか?

元後輩がフリー転身“予言” NHK有働由美子アナの「商品価値」

「現在の女子アナ界では高島彩、夏目三久の2人が推定年収2億円でツートップと言われています(3位は滝川クリステルの1.4億円)が、有働アナがフリーとなったら、いきなり2人を超える可能性があります。なにしろ帯番組を1本持てば、1回100万円として、それだけで年間2億4000万円は堅い。“年齢的にCMは取りづらい”という見方もあるでしょうが、帯番組のキャスターをやる以上…

(左上から時計回りに)永島優美、田中萌、宇垣美里、鷲見玲奈の4女子アナ

カトパンの後釜は誰? 民放若手女子アナ「春改編」の勝敗

この中から未来の高島彩(37)やカトパン(加藤綾子=30)の座に就くのは誰なのか。女子アナ評論家の高島恒雄氏に注目の若手女子アナについて聞いてみた。 「注目度抜群なのはフジの永島優美アナ(24)でしょう。フリーになるカトパンに代わって、この4月から『めざましテレビ』でメーンキャスターに。文字通り“後釜”です。バラエティー系というよりも情報系で、実力も安定しています。…

幸い風邪だったが…/(C)日刊ゲンダイ

生放送中に倒れて途中退席…カトパンはフジテレビに殺される

アヤパン高島彩も最後はそれで悲鳴を上げてフリーに転身してしまった。過酷な早朝の帯番組の生司会に加えてレギュラー、特番、夏のイベントまで担当させられたら寝不足どころか生理不順は当たり前。これからは年末特番の収録でますます忙しくなり、エースの加藤には仕事が集中する。人間らしい生活を取り戻すにはフリーに転身するしかありません」(フジテレビ関係者=前出) 来年4月で30歳。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事