日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「船越英一郎 結婚」に関する記事

船越英一郎(左)と松居一代

“恐妻伝説”は本当だった…船越英一郎が松居一代と離婚へ

最新号の「女性セブン」が独占スクープと題して「船越英一郎 松居一代と離婚」を報じている一件だ。 記事によると、離婚原因は船越が疲れ切ってしまったからだという。なにしろ松居の“監視”がハンパじゃないのだ。2時間ドラマの帝王の船越は地方ロケが多いが、松居はわずかなことでも浮気と勘違いし、共演女優と気軽に食事することもままならない。そのため、船越はどこに行っても居場所を証…

首元に光る1億円のハリー・ウィンストン/(C)日刊ゲンダイ

「株長者」主婦 松居一代に振り回される夫・船越に同情の声

夫の船越英一郎(53)との結婚生活も14年目に突入。恐妻家ぶりは度々週刊誌を賑わせてきたが、「ほとんど事実。船越は気が休まる暇がないでしょう」というのは芸能関係者だ。 ■夫の船越英一郎には同情しきり 「船越の浮気を疑って携帯電話を折ったとか鍋で煮たとかバラエティーで話していますが、ネタではなく実話。鬼嫁ぶりは凄まじい。船越は自宅近くに緊急避難のためのマンションを所有…

「電波停止」に言及した高市総務相

TV見るべきものは!!

高市総務相はまだ「電波停止」発言を撤回していない

TVプロデューサー(船越英一郎)が抱える9人の愛人と妻(若村麻由美、快演)、合わせて10人の女たちの“たくましさ”がリアルで笑えた。 最後にNHKだが、大河ドラマ「真田丸」は三谷幸喜の脚本が功を奏した。全体は、いわば“三谷流講談”であり、虚実ない交ぜの面白さがあった。真田信繁(堺雅人、好演)をはじめとする登場人物たちのキャラクターも含め、歴史の真相は誰にも分からない…

松居一代(左)と船越英一郎

芸能マスコミと丁々発止 “大富豪”松居一代のブログ発信力

12日に夫で俳優の船越英一郎(56)と「お財布は別々」と打ち明け、16日には「衝撃告白 天国の娘へ」のタイトルで、船越と結婚2年目に妊娠したものの、流産したという過去を明かした。14日は、この朝放送のテレビ朝日系情報番組でフリーアナウンサーの羽鳥慎一(45)の司会進行ぶりを取り上げ、「真摯に仕事をされるべきです」と進言していた。それらを報じる芸能マスコミが余計なのか…

松居一代は01年に船越英一郎と再婚

どこで間違えた? スターたちの“争続”

松居一代さん前夫死去で分かった“元富裕層”破滅の原因

しかし、Aさんの女性関係などから、96年に離婚し、松居は01年に俳優・船越英一郎と再婚した。Aさんの法定相続人は、松居との間に生まれた長男一人であったが、Aさんに資産を上回る多額の借入金があったため、長男は相続放棄した。 松居さんの前夫は再婚しておらず、他に子供もいないため、遺産を相続できるのは、松居さんとの間に生まれた長男のみということになります。松居さんは前夫と…

浮気された金子恵美議員は「恥をかけ」と一喝

金子議員には同情票殺到も…“出来過ぎ妻”は浮気される?

松居一代(58)もしっかり者の妻で知られるが、夫の船越英一郎(55)とは別居が伝えられる。 出来過ぎた女房ほど浮気される何かがある。…

故人も病人もネタに宣伝

川島さん暴露で大ヒンシュク 松居一代が会見を延期したワケ

何事かと集まった報道陣からはブーイングが漏れる中、夫・船越英一郎(55)が先月24日に肝内胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)と過去に交際していたというウワサについて聞かれると、「動揺しました。でも、私はこれまで全てお話しして生きてまいりました。その質問にも答えたい。結婚して3年目、川島さんと船越が“人生のひととき”を歩んでいたということを知りました」と衝…

今や投資家

川島さんと船越の過去を“暴露” 松居一代に批判殺到「不謹慎」

報道陣から、夫で俳優の船越英一郎(55)と、9月24日に胆管がんのため亡くなった女優・川島なお美さん(享年54)の関係について尋ねられると、一瞬顔をこわばらせるも、「私はこれまで、すべてお話して生きてまいりました」と前置きをして語り始めた。 神妙な面持ちで「結婚して3年目に、川島さんと主人である船越が、人生のあるひとときを歩んでいたということを知りました」と過去の交…

松岡修造も松居一代も筆まめが奏功!?

堀北真希も陥落 “手紙の力”はメール時代だからこそ侮れない

夫の船越英一郎が出演する映画のスタッフにまで感謝の手紙を書くそうです。テニスの松岡修造は、“お世話になった人たちに、秋口から年賀状を書き始める”そうです。直筆で。その数、ざっと1000枚! こうしたマメさが仕事につながっているのかもしれません」(芸能担当記者) 球界では、故大沢啓二・元日ハム監督がそうだった。昭和60年のドラフト会議直前に、清原を訪ね、指名挨拶して……

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事