日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

劇団ひとりに関する記事

(C)2014 「青天の霹靂」製作委員会

劇団ひとりの監督デビュー映画に「人志よりひとり」の高評価

だとすれば、お笑い芸人・劇団ひとり(37)の初監督作品「青天の霹靂」(来月24日公開)は大入りとなりそうだ。すこぶる評判がいいのである。 「世界のキタノ」は別格として、木村祐一、板尾創路、品川ヒロシとメガホンを取る芸人はゴロゴロいるが、どれもいまいちパッとしない。昨秋公開の「R100」で4作連続の大惨敗を喫した松本人志に至っては“打ち切り監督”のレッテルが貼られ、目…

派閥「大沢会」のドン

ママ友派閥を拡大中…大沢あかねは“庶民派路線”のアネゴ肌

09年にお笑い芸人の劇団ひとりと結婚。その翌年、妊娠・出産した新米ママではあるが、意外な人望を得ているのは、人脈の広さと元来持って生まれた世話好きな性格ゆえともっぱらだ。 「料理が得意で、エコや節約にも関心が高い庶民感覚が親しまれている。また、後輩ママたちからの育児相談も気軽に引き受けるところから、芸能界ママ友派閥のひとつとして勢力を広げている」(女性誌ライター) …

草野球がきっかけ/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

元日でも「竜兵会」最優先 劇団ひとりの「上島竜兵愛」

劇団ひとり原作・脚本・監督・出演の映画「青天の霹靂」はTOHOシネマズ六本木ほかで公開中。…

None

今週グサッときた名言珍言

「愛情のバランスが『キングちゃん』に寄ってきて、嫉妬してるんですよ!」(劇団ひとり/テレビ東京「NEO決戦バラエティ キングちゃん」4月17日)

千鳥がMCを務める新番組「キングちゃん」にゲスト出演した劇団ひとり(40)。実は「キングちゃん」と、ひとりがメーンキャストで10年以上続く「ゴッドタン」(テレビ東京)は総合演出が同じ。いわば姉妹番組だ。両番組への総合演出の態度に対し、ひとりがグチった言葉を今週は取り上げたい。 もちろん、笑いを取るための言葉だろうが、半分は本音なのではないだろうか。そして、「作り話で…

「バイきんぐ」との撮影で事件が…

ザコシショウの芸人風雲録

吉本をリストラされ上京 “大仏落ち”で死にかけた

キングコング、おぎやはぎ、劇団ひとり、ハローバイバイ、それからボクら「G★MENS」が出てたんスよ。 でも、半年で終わった。吉本時代のように、ここでも劇団ひとりとかおぎやはぎと売れていった芸人を見てきましたね。 その後に相方の“静岡茶っぱ”がやめてしまい、ボクはピン芸人になった。ボクには何度か芸人やめるタイミングがあって、コンビ解散した時もそうだった。ピンネタが作れ…

再建の期待は高まっている

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

エアバッグ問題は大詰め 安心感広がり「タカタ」が急反発

そのなかで大ウケだったのが、「M2グランプリ」の劇団ひとりのリアクション。段ボール箱をかぶって視界を奪われたあと、大きな部屋の中に入れられる。その部屋の中に何が入っているか当てるというのである。最初のお題は、定番のヘビ5匹。恐怖と闘いながらも、難なくクリアした。 次のお題は、かわいいアルパカ。1問目がヘビだから、2問目は「ライオンかな?」などと勝手に想像してしまう。…

加藤浩次、中川翔子、劇団ひとりらが早速ダウンロード

芸能界も「ポケモンGO」 “便乗”タレント相次ぎお祭り状態

ツイッターやブログもすぐにお祭り状態で、中川翔子、劇団ひとり、赤西仁、渡辺麻友、桐谷美玲らが「ポケモンGO キターーーーーッ」「ピカチュウ、getン」などとつぶやいていた。 中には“残念組”もいて、高橋みなみと柏木由紀はアプリのダウンロードには成功したものの、高橋は地方にいたらしく「現在山道のため電波状態悪いwww ぐぬぬ」、柏木は舞台初日前だったため「こ、、こん…

鈴木おさむ(右)作品で飛躍

今あるのはあの人のおかげ

父鶴瓶にダメ出しされ 駿河太郎を変えた鈴木おさむの演出

おさむさんのエッセー「テレビのなみだ~仕事に悩めるあなたへの77話~」が原作で、劇団ひとりさんが主演。僕はアシスタントディレクター役でした。 僕はその当時、できることの精いっぱいをやってたつもりでしたが、いま思えば、あくまで“つもり”で芝居の仕方がよく分かってなかった。2日目に親父(笑福亭鶴瓶さん)が見に来たんですが、その日の晩は、まれに見るダメ出しをされました。 …

三四郎の小宮浩信

今週グサッときた名言珍言

「いろんなキャラ模索してたなか、走って転んで歯失って、それでちょっとテレビ出れるみたいな。盲点でした」by 三四郎・小宮浩信

当然、番組レギュラーの劇団ひとりや、おぎやはぎという猛者たちの格好の餌食となった。そこでイジられ続けていくうちに、小宮自身が気づいていなかった「生意気」キャラが生まれたのだ。先輩たちに向かってタメ口で反論していく姿は、「みんなで仲良く」という今のバラエティーの風潮とは明らかに異質なものだ。 前歯が欠けたことで、ヘンテコな声が、より一層強調された。だが、それ以上にヘ…

最近は「キス芸」が大ブレーク

ダチョウ倶楽部で30年 上島竜平が語る「愛されキャラ」の流儀

今や上島よりもはるかに売れっ子になった有吉弘行や土田晃之、劇団ひとりら後輩芸人との飲み会だ。そこでの話題を後輩がテレビで披露し、上島に突っ込みを入れたりすることで、笑いが生まれている。 「後輩から『めんどくさい』と思われないよう一番気をつけてます。以前、デンジャラスのノッチを飲みに誘ったら、『お腹が痛い』と断られた。でも、飲み会中にリーダーが電話したら、来たんです。…

加藤浩次と山本圭壱「極楽とんぼ」の2人

番組で名前連呼の“広報活動” 加藤浩次は山本圭壱と心中か?

20日、BSスカパー!開局1周年記念番組「BSスカパー!って知ってますか!?一」制作発表会に「極楽とんぼ」加藤浩次(46)、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳(41)、劇団ひとり(38)が登場した。3人は“地上波では見ることができない”をコンセプトに番組制作を担当。サプライズゲストについて聞かれた加藤は「(相方の)山本ですか? 山本のことですよね?」と相方・山本圭壱(…

お父さんの話を振った坂上忍

「お父さんいない」…人気子役・寺田心クンの“まっすぐな瞳”

今月8日から放送されている「サッポロ一番」のCMで、夫婦役を演じた竹内結子(35)と劇団ひとり(38)の子供を演じている寺田心(6)が脚光を浴びている。 ドラマ「明日、ママがいない」ではギャンブル依存症の母から育児放棄された子供を演じ、今年から放送されているTOTOのCMで一躍、人気子役の仲間入りを果たした寺田クンだが、実は今、別の意味でも注目を集めている。 7日放…

共演で衝突が多いパターン/(C)日刊ゲンダイ

ライバル心むき出し テレビ界に出回る「共演NGリスト」

劇団ひとりと品川祐は映画監督としても注目されているが、公開作品の興収でひとりが上回ったことが理由である。 変わったところでは和田アキ子と千昌夫で紅白の楽屋問題、内村光良とキングコング西野、タモリとオードリー若林はともに番組内での発言でモメたためだという。…

今後に期待/(C)日刊ゲンダイ

ももクロ出身の本格派女優 早見あかりは「嫌われ女」志望

かつて、劇団ひとりらとコント番組「ウレロ☆未体験少女」にもレギュラー出演していたこともあった。 「常にイメージを裏切る女優になりたい。たとえば意地悪女の役で、観客に“早見あかり”が嫌われたら最高。女優冥利に尽きます」 美少女なのに演技にひたむき。今後ますます輝く女優になることだろう。 「百瀬、こっちを向いて。」は10日から新宿ピカデリーほかで公開…

短編小説デビュー/(C)日刊ゲンダイ

しずる村上もデビュー 「小説家芸人」急増のウラに出版不況

もっとも、作品が映画やドラマになった劇団ひとり(37)、品川ヒロシ(41)など一部の「売れっ子作家」を除けば、その多くが話題にならないまま書店から姿を消す。それでも、なぜ今、小説を書く芸人が増えているのか。 「芸人にとっては、『実は○○』といったギャップのある要素が加わることでブレークするきっかけとなる。小説を出すことで『文才がある』『インテリ』という印象がつき、芸…

None

R―1優勝やまもとまさみに降りかかる“不吉なジンクス”

ジャンルでいえば劇団ひとり(37)や友近(40)のようなキャラクターになりきる「憑依型」のルーツは、芝居にあった。 ■もうひとつのパイオニア 一発芸や決めゼリフをもつタイプではないため、飽きられることは少ないかもしれない。が、「R―1」には不吉なジンクスが…。それは「純粋なピン芸人はブレークしない」というもの。 例えば第1回優勝のだいたひかる(38)や第7回優勝の中…

None

ラリー遠田イチ押し「三四郎」「シソンヌ」「あばれる君」の実力

特殊な状況に巻き込まれて戸惑う人間を演じるその芸風で、若手時代の劇団ひとりにも通じるものがある。今どきの若者には珍しく飾り気のない純朴なキャラクターが魅力的。リアクション芸人としての適性もありそう。最近ではテレビ出演の機会も増えていて、マルハニチロ食品のCMにも出演中。 これからますます活躍の機会が増えそうだ。 【まだまだいる!】 ◇ソラシド/月28日過酷な肉体労働…

None

公私ともに絶好調!でも…ビビる大木が“ビビる相手”

「コンビを組まずにひとりでやっているピン芸人では、有吉弘行(39)、劇団ひとり(36)と並ぶ“超”が付く売れっ子。有吉、ひとり、ビビるの3人で次世代を担う『リトル3』と言われています」(芸能ライター) さらにプライベートでは、今年4月に女優のAKINA(27)と入籍。25日放送のPON!でも、23日に妻の故郷である沖縄で結婚式を挙げたと、デレデレと生報告していた。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事