日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

君津市の関連ニュース

ハンドメードでアトラクション設営/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「仮面ライダー」千葉治郎 東京ドイツ村「ジージの森」の顔に

しかし、よもや60を過ぎてこんな仕事をするとは思いもしませんでした、ハハハ」 ■「矢吹二朗」に芸名変更 さて、千葉県君津市に2男3女の末っ子として生まれた千葉さんは、文学座付属演劇研究所を経て、69年、テレビドラマ「ブラック・チェンバー」でデビュー。70年、兄の千葉真一が主宰するジャパンアクションクラブに入り、71年4月から放映された「仮面ライダー」でFBI秘密捜査…

訪日客増加を狙うが…

羽田増便「新ルート」に問題…都心上空から氷塊落下危機

建物に当たっても大変ですが、万一、人に当たれば、命を落とすことにもなりかねません」 実際、千葉・君津市で14年8月、羽田を離着陸した飛行機から氷の塊が落下。木炭工場に直撃し、屋根を突き破った。 「新ルート」が設定されると、飛行機の騒音も問題だ。矢野政昭氏によると、品川区内はピーク時で、パチンコ店の店内と同等の約80デシベルもの騒音が鳴り響くという。大気汚染の問題もあ…

訪日客増加を狙うが…

羽田増便「新ルート」に問題…都心上空から氷塊落下危機

建物に当たっても大変ですが、万一、人に当たれば、命を落とすことにもなりかねません」 実際、千葉・君津市で14年8月、羽田を離着陸した飛行機から氷の塊が落下。木炭工場に直撃し、屋根を突き破った。 「新ルート」が設定されると、飛行機の騒音も問題だ。矢野政昭氏によると、品川区内はピーク時で、パチンコ店の店内と同等の約80デシベルもの騒音が鳴り響くという。大気汚染の問題もあ…

森総合企画の2代目森光慶さん(上)

伝統文化の職人たち

千葉県君津市「雨情楊枝」は武士の内職から生まれた

このデザイン性の高い“高級楊枝”は、君津市の久留里で作られている。江戸時代中ごろから現在まで、その伝統を紡いできたのが、同地の森家だ。 森総合企画の2代目森光慶さん(66)が言う。 「楊枝作りは、関ケ原の戦いで東軍が勝った後に戦がなくなったため、時間ができた武士の内職として始まりました。彼らは切れ味のいい刀を所有し、研磨技術も高かった。それで城下町でもある久留里で盛…

人が大勢(濃溝の滝)

新・お出かけ紀行

千葉「アクアラインイースト」は冬こそオススメ

木更津市・君津市・富津市・袖ケ浦市の4市が、2014年から「アクアラインイースト観光連盟」の名のもと、合同で観光PRを行っている。千葉といえば、南房総や外房が注目されがちだが、内房のアクアラインイーストにはどんな魅力があるのか。4市を縦走する1泊2日のドライブ旅に出かけた。 ■チョコレート色の名湯 行きは久里浜から東京湾フェリーで千葉の金谷港へ。運賃は車両の大きさに…

“ジブリの世界みたい”と評判の千葉の「濃溝の滝」

観光地の集客まで左右 “SNS映え”の重要度と活用ポイント

千葉県君津市の「濃溝の滝」は、光の差し込み具合によって“ジブリの世界みたい”と評判。どちらも観光客が押し寄せている。が、記者も行ってみたが、肉眼で見ると大したことがなかった。季節や時間帯が重要らしい。 グルメ写真も同様だ。サントリーグルメガイド公式ブロガーの西村愛氏は「パンケーキやかき氷など、今年はやったグルメは全て“SNS映え”するもの。SNSがはやらせたといって…

九死に一生を得た笑福亭笑瓶

その日その瞬間

ゴルフ中の笑福亭笑瓶を襲った胸の激痛「これで最期か」

危険防止のため、プレー中のお客さんを退避させ、フェアウエーに着陸して僕は隣の君津市内の病院に搬送され、九死に一生を得たんです。 診断は心臓の左心室の上の部分にある上行大動脈の「急性大動脈解離」。運よく手術の必要はなく、安静にしてるだけで、翌年の1月14日に退院できたのは不幸中の幸いでしたね。 原因として思い当たるのはやや血圧が高いのと睡眠不足、それと冷たい外気。8年…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事