日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

木戸愛特集

木戸愛はまたも1打差に泣く

2週連続で1打差に泣く…木戸愛の“負け癖”は何が原因か

【センチュリー21レディス】 「バックナインの大事なところで、ミスが多すぎた」 木戸愛(26)が2週連続で1打差に泣いた。 前週は最終日17番のボギーで負けたが、きのうは15番パー4のダブルボギーが痛かった。 9アンダー単独首位に立っていた15番で、ドライバーが左バンカーにつかまり残り135ヤードの2打目は9番アイアンでグリーンに届かなかった。3打目はグリーンをオー…

賞金女王を狙うイ・ボミ

ミニスカで女子ツアー席巻のイ・ボミが明かした「結婚願望」

同じコーチだった木戸愛さん、甲田良美さんとも仲がいい」 ――スケベな日本語も知っている? 「それはノーコメント」 ■整形疑惑があるけど……? ――日韓会場の違いは? 「日本には小さなグリーンが2つあることが多い。韓国は1つ。それだけグリーンが広いので、ロングパッティングをすることが多い。日本ではグリーンが小さな代わりにアプローチが重要になる。もうひとつ、韓国ではOB…

172センチと恵まれた体格

イチ押し「女子プロ名鑑」

木戸愛 悔しい経験踏まえ着実にツアー2勝目に近づく26歳

4年前の初優勝から、なかなか2勝目を手にできない木戸愛です。 7月もサマンサタバサ、センチュリー21と2試合続けて1打差2位に終わり、勝てない悔しさ、もどかしさを心底味わっているはずです。 これまでも何度となく勝つチャンスがあったのに、いつも最終日の終盤にポカがあるように覚えています。センチュリー21では首位に立っていた15番でダブルボギー。サマンサタバサでも首位だ…

女子プロ辛口ファッションチェック

木戸愛(25歳・ツアー1勝)

女子ツアー界一の美脚の持ち主であり、“ルール違反”すれすれのホットパンツをはいて、お尻をプリプリ振りながらギャラリーの視線を集めている木戸愛プロです。 若いって、ホントにうらやましいわ。 フォーマルはお行儀の良いセンスです。 黒のワンピースは、半袖で超ミニなので涼しげです。健康的な素肌に自信があるのでしょう、余計なアクセサリーは不要!シンプルにまとめて大正解です。 …

木戸愛

女子プロ辛口ファッションチェック

木戸愛(25歳・ツアー1勝)

お嬢さま系クールビューティーの木戸愛プロです。 育ちの良さがしぐさやプレーから感じられます。そういうのに大人の男性は弱いんだなぁ。 さて、ファッションチェックをしますか。 はやりのタートルネックのトップスにビタミンカラー(元気が出る明るい色)のパンツというシンプルなデザインの組み合わせ。全体的に入っているグリーンがアクセントになっているし、バランスを保つ働きをしてい…

西山ゆかり

女子プロ “辛口”ファッション診断

西山ゆかり(34歳・ツアー1勝)

同期には森田理香子、菊地絵理香、穴井詩、木戸愛がいる。13年は下部ツアーで2勝を挙げ賞金ランク首位。その年のファイナルQT23位でレギュラー出場資格を獲得。1年目の14年に賞金ランク43位で初シード。15年1月に「今年は4000万円を稼ぐ」と宣言して、meijiカップでツアー初優勝。賞金ランク26位になりシード権をキープした。芹澤信雄に指導を受けている。…

西山ゆかり

元賞金女王が解説 2016年期待の女子プロ

西山ゆかり 積み重ねた苦労が着実に実を結び始めている

同期には森田理香子、菊地絵理香、穴井詩、木戸愛がいる。13年、下部ツアーで2勝を挙げ賞金ランク首位。その年のファイナルQT23位資格でレギュラー出場を獲得。1年目の14年に賞金ランク43位で初シード。15年正月に「今年は4000万円を稼ぐ」と宣言し、meijiカップでツアー初優勝。賞金ランク26位になりシード権をキープした。今季は開幕戦で3位と好スタートを切った。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事