日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ミスタードーナツ・商品の関連ニュース

アイス事業に目を付けたミスタードーナツ

4年連続赤字のミスタードーナツはアイスで巻き返せるのか

ドーナツの販売不振にあえぐ「ミスタードーナツ(ミスド)」が、アイスクリームで巻き返しを図るというが、“氷ビジネス”だけに“溶けてなくなる”リスクもはらんでいる。 ミスドを展開するダスキンのフードグループ事業は2014年3月期から赤字続きで、17年3月期も17億円の赤字になる見込みだ。4年連続赤字とは穏やかではない。 本業のクリーン・ケアグループ事業は黒字とはいえ、ミ…

これまでも数多くのCMに出演

ブレーク夜明け前 あのCM美女の正体

ユニクロCM脱衣シーン話題 モデル松島花は“女優夜明け前”

これまでもモデルとして、ミスタードーナツの「この笑顔、120円」や、資生堂「dプログラム」など、多くのテレビCMで「この美人、誰?」と世間を騒がせてきた実績がある。本業の雑誌モデルとしても、バレエで鍛えた完璧なプロポーションと豊かな表情を自在に変化させる表現力で、さまざまな表情を的確に使い分け、“最強のモデル”と称されている。 「エアリズムのCMは去年まで吹石一恵…

佐野氏が代表を務める会社の看板(左)/

疑惑続々の佐野研二郎氏 会社名も“パクリ”の笑っちゃう過去

<たまたまミスタードーナツの前を通りかかった時に“これだ”と思って(笑い)。(中略)言葉の響きも、強くて、太くて、僕好みだし> もちろん、この発言は冗談半分だろうが、広報を務める佐野氏の妻は以前、日刊ゲンダイ本紙に「どこかで見たデザインから無意識に着想を得ることは、珍しいことではない」と話した。まさかとは思うが、街中で目に入った「ミスド」の看板から、無意識に“着想…

豪華寝台列車「ななつ星」

プロはこう見る 経済ニュースの核心

不動産から外食まで 上場にこぎ着けたJR九州の多角化経営

ファミリーマートやミスタードーナツなどナショナルチェーンのFC運営にも次々と手を広げ、同3月末時点における流通外食関連の店舗数は665店にも達している。 そのうえで16年3月期に断行したのが鉄道事業資産の5200億円超にのぼる巨額減損処理と民営化に際し国から供与された経営安定基金3877億円の取り崩しだ。これにより17年3月期は減価償却費が220億円縮小するとともに…

食べ放題イベントが好評

損得で答える人生相談

ダスキン×日本KFC 食べ放題イベントで集客力増の2社比較

外食としては1316店舗のミスドことミスタードーナツが有名です。今までは期間限定だったドーナツビュッフェの食べ放題(60分=大人1200円)を今月から本格的に開始しています。 一方、日本KFCは1970年に三菱商事と折半出資によって設立され、ケンタッキー・フライド・チキンとピザハットを運営しています。2015年の時点で、直営、フランチャイズ合わせてKFCが1161店…

東日本大震災当日の新宿

こんなに変わるサラリーマン新常識

首都直下地震 帰宅困難650万人はどう行動すべきか

ほぼ全てのコンビニのほか、ファストフード店もCoCo壱番屋、タリーズコーヒー、ミスタードーナツなどは使える。ただし、マクドナルドはペケだ。 「おそらくコンビニも電気は止まり、全体の31%が断水していますからトイレも水が出ないでしょう。山盛りの大便が気にならないというタフな人はトイレを使えます」(前出の防災関係者) ■大江戸線の運転再開が最も早い 歩ける距離ではない人…

円安定着へ

円安加速で“インフレ地獄”に…1ドル130円で家計負担増は?

食品の値上げラッシュも続き、4月からはケチャップやバター、チーズなどが2~10%程度値上がりし、外食のケンタッキーやミスタードーナツも一部商品が高くなる。 原油安の陰に隠れていた円安デメリットが、再び首をもたげてきたのだ。安倍政権と日銀が画策した円安政策で、家計はインフレ(物価上昇)地獄に苦しめられることになる。…

交流仲間も本格派/(C)日刊ゲンダイ

剛力&武井は低視聴率で…“最後の砦”忽那汐里は大丈夫?

27日、「モスバーガー」と「ミスタードーナツ」のコラボブランド「MOSDO!」の新CM発表会に出席した忽那汐里(21)とマツコ・デラックス(41)。 2人はこの日が初対面で、忽那は「破壊力のある方が好きなのでマツコさんは大好き。共演できて光栄です。私はトークがとっても苦手なので」と話すと、マツコは「(帰国子女で)ハッキリと物を言うタイプね」とチクリと返した。 それで…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事