日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鶴保庸介特集

スピード違反で検挙された鶴保沖縄・北方相

40キロオーバーで検挙 鶴保沖縄北方相は交通違反の常習犯

5日、鶴保庸介沖縄・北方相がスピード違反で検挙されていたことが分かった。 7月初旬、大阪府内の高速道路を運転中に制限速度を40キロ以上超過して走行し、大阪府警に道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検されたという。高速道路での40キロオーバーは一発で免許停止となる。 鶴保氏は「反省している。しっかりと襟を正して職務にまい進したい」と事務所を通じてコメントを出したが、…

当初は陳謝で逃げ切れると思っていた

「東北でよかった」今村復興相の更迭で始まる辞任ドミノ

稲田防衛相や金田法相の他にも、「学芸員はがん」の山本幸三地方創生相、沖縄での「土人」発言を「差別と断定できない」と繰り返した鶴保庸介沖縄北方相もいる。 「安倍1強と言うが、内閣は土台をシロアリに食われている。倒れる時は一気に行く」(野上忠興氏) 今村氏の辞任は1強崩壊の序章になるんじゃないか。…

銀座の老舗キャバレーにも支出(鶴保沖縄北方相)

「少額領収書」安倍政権徹底追及

「土人」発言容認 鶴保大臣は夜遊び政治資金を何度も訂正

鶴保庸介沖縄・北方相(50)といえば、沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設に反対する住民に、機動隊員が「土人が」と発言したことについて、「差別と断じることはできない」と言い放ったトンデモ大臣だが、政治資金で「夜の街」に繰り出していたことが分かった。 日刊ゲンダイは、鶴保大臣が代表を務める資金管理団体「鶴翔会」の1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書の写し」(2013年分…

永田町の元祖チャラ男

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

鶴保庸介沖縄北方相の実績は“野田聖子の元夫”だけ

鶴保沖縄北方相

室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」

沖縄への思いは皆無 鶴保沖縄相が守りたい「立場」の意味

元弁護士会会長の由良登信

7.10参院選 全選挙区「当落予想」

【和歌山】民進が日和って野党バラバラ 自民・鶴保圧勝か

政党名や(無)は野党統一候補…

沖縄の高江ヘリパッド工事で住民を強制排除する警察

二極化・格差社会の真相

人権を否定することに喜びを感じている変質者集団

それを沖縄担当相を名乗る鶴保庸介が「差別とは言えない」と肯定した答弁に、「訂正も謝罪も必要ない」とする答弁書を閣議決定した安倍政権の走狗らしいと言えばそれまでだが、司法とはここまで堕ちるものなのか。 同じ6日には、米軍のオスプレイが沖縄本島中部の宜野座村の上空で物資を吊り下げて“訓練”した。下界には民家があった。翌7日に県が関係機関に抗議すると、直後に米軍は同じ行為…

まるでペテン師

巻頭特集

この国の民主主義は死んでいる 安倍内閣支持率60%超の謎

作家の平野啓一郎氏

注目の人 直撃インタビュー

平野啓一郎氏が警鐘 「世の中が全体主義に移行している」

補助金の見返りは否定しているが…

上限超えパーティー券返金 鶴保大臣に“怪しい口利き”疑惑

鶴保庸介・沖縄北方相(49)は21日の国会答弁で、2013年に開いた政治資金パーティーでNPO法人副代表らが購入したパーティー券の収入計300万円を返金したことを明らかにした。 21日の毎日新聞の報道を受け、大慌てで返金したのは、観光振興を目的とするNPO法人副代表が13年1月に購入した200万円分と免税店経営会社の社長を務める台湾系米国人男性が同年10月購入した1…

交通違反の常習犯

二極化・格差社会の真相

鶴保大臣がクビにならない裏に差別の蔓延

鶴保庸介沖縄担当相は8日の参院内閣委員会で、高江のヘリパッド建設に反対する住民らに大阪府警の機動隊員が発した「土人」の罵声を、「差別と断じることは到底できない」と吐いてのけた。 日本にはかつて1903年、大阪の「内国勧業博覧会」で、沖縄県民や朝鮮人、台湾先住民らを“7種の土人”と呼んで見せ物にした、万死に値する汚点がある。「人類館事件」という。菅義偉官房長官をはじめ…

「さまざまな考え方がある」と鶴保大臣

鶴保沖縄相また問題発言 土人発言「差別とは断定できぬ」

鶴保庸介沖縄担当相が、また問題発言をした。 沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設現場で、大阪府警の機動隊員が市民に向かって「ボケッ、土人が」と暴言を吐いた問題に関し、8日の参院内閣委員会で「人権問題であるかどうかの問題について、第三者が一方的に決めつけるのは非常に危険なこと。言論の自由はもちろん、どなたにでもある」と主張。 「その(土人という)言葉が出てきた歴史的経緯には…

財源不足を理由に社会福祉を次々にカット

巻頭特集

1億総活躍なんて詐欺師の口上 安倍“悪辣”政権の庶民苛め

それでも、科学技術担当の鶴保庸介大臣は、「社会に役立つか分からないのに、好きにやってくれというほど、日本の財政状況はおおらかではない」と拒否している。 政治評論家の森田実氏はこう言う。 「政治の本質は、税金をどう配分するかです。安倍政権は、福祉予算と文教予算を抑え込む一方、防衛費だけは大幅に増やしている。研究費も、軍事転用可能な研究には予算をつけようとしています。…

判決後、怒りをにじませた翁長知事

「辺野古」司法判断で県敗訴も 翁長知事に“逆転シナリオ”

「身体検査」したのか(左から今村、鶴保、山本の各氏)

“スネ傷”4人が堂々と初入閣…東京地検が狙う新大臣の疑惑

今村雅弘復興担当相(69)と鶴保庸介沖縄北方担当相(49)は、六本木や新橋のキャバクラの飲食代を「政治資金」から支払っていた。しかも今村大臣は、06~08年にキャバクラ代を計上していたことが発覚して批判されたのに、09年も堂々とキャバクラ代を「政治活動費」として計上。分かっているだけでも、飲食費は106万円に達している。 山本幸三地方創生担当相(67)は、「政治資…

政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏の獲得議席予想

2016参院選 全選挙区「当落予想」

参院選徹底予想 注目の「1人区」野党に勝機の“12選挙区”

■参院選当落予想 北海道(改選数3) ○長谷川岳 45 自現 △+柿木克弘 48 自新 ○徳永エリ 54 民現 △-鉢呂吉雄 68 民(新) 森英士 38 共新 青森(改選数1) △-山崎力 68 自現 △+田名部匡代 46 民(新) 岩手(改選数1) ▲田中真一 49 自新 吉田恭子 35 共新 △未定 無新 宮城(改選数1) △-熊谷大 41 自現 △+桜井充…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事