日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「太宰治 小説」に関する記事

太宰治が好きな読書家としても有名な押切もえ/(C)日刊ゲンダイ

文芸誌デビュー作は絶賛 作家・押切もえは真剣「直木賞」狙い

モデルの押切もえ(34)は太宰治好きの読書家として、芸能界ではちょっと知られた存在だが、現在発売中の「小説新潮」1月号で自身2作品目となる小説「抱擁とハンカチーフ」を発表。曽野綾子(83)、筒井康隆(80)、北村薫(64)、林真理子(60)、角田光代(47)といった人気・実力・経験の三拍子が揃った作家陣と同列に名を連ねたものだから、どれほどの筆致かが気になるところ。…

ザッツエンターテインメント

コーヒーがもっとうまくなる本特集

丼に山盛りのカラスミに味の素をかけるシーン(太宰治「グッド・バイ」)や鮮魚と酢飯の香りが漂う舞台(岡本かの子「鮨」)、へびの生き血と耳を切られる鮮血がおどろおどろしい小説(坂口安吾「夜長姫と耳男」)など。一見、コーヒーに合うとは思えない。ところが不思議なことに、希代の文豪たちの短編はちょうど1杯のコーヒーと相性抜群だ。 奇妙だが絶妙なセレクトの10編をご堪能あれ。(…

ベストセラー早読み

「夜を乗り越える」又吉直樹著

中学1年のとき芥川龍之介の「トロッコ」を、2年のとき太宰治の「人間失格」を読んで、近代文学にはまった。自分の中にある不安や異常と思われることが、小説として言語化されている。しょうもないことも書いてある。「こんなことを考えてもいいんだ」と思った。 以来、半端ではない読書経験を積んできた。芥川、太宰をはじめ、漱石、谷崎、織田作之助。現代の作家では、古井由吉、町田康、西…

None

流されゆく日々

連載10109回 話を盛るということ

昔は作家といえば、坂口安吾とか、太宰治とか、野間宏とかを想像した。まあ、コント作家とか、漫才作家とかいったかたがたも少数いらしたが、作家といえば、おおむね小説を書く種族をさすのが常識だった。 「貧乏詩人」 とか、 「売れない作家」 などというのが普通の言い方だったと思う。 「有名作家」とか「無名作家」などという表現も少くなかった。両方とも小説を書く人の意味だった。…

今週グサッときた名言珍言

「常識からハジかれている奴もおっていいし、無駄じゃない」(又吉直樹/TBS「王様のブランチ」3月14日)

「5年生くらいになってから、人前で明るく振る舞っている自分と、暗い部分とか、内面の自分との間に開きが出てきて、だんだん、しんどくなってきた」(NHK「課外授業ようこそ先輩」13年2月23日) そんな思いを抱え、出合ったのが太宰治の作品だった。太宰の小説の中に自分がいる。暗い自分のままでいいのだ。そう思ってのめり込んだ。 高校卒業後、上京した又吉が最初に住んだのは三…

ともに麻雀卓を囲んだ藤子不二雄Aさん

高橋洋子「のっぴきならない人生で」

悩ましいことばかりですが“たゆたう精神”が大事

蛸のように手足8本を食べ尽くしたら、新たに生えてくるのを待つのみといった描写があるのですが、太宰治がそうであったように、私小説は自分を食い尽くすつらいところがある。今回の執筆はそういった私小説とは異なり、あれこれ思案しながら、10人の登場人物を動かす楽しい作業でした」 今秋に山口で先行上映となる映画「八重子のハミング」では28年ぶりに銀幕復帰も果たす。 「また次の映…

人生ナナメ読み文学講義

先手を打って“自己批判”が防御となる

太宰治の「人間失格」はそうした特権的な小説のひとつだろう。内容はフィクションだが、ダメ男が自己愛に満ちた自己反省を交えつつ、己の過去を内面の苦悩とともに告白するというスタイルは、まさに私小説の王道を思わせる。 主人公・葉蔵は、互いに欺き合いながら平然と生きている「人間」を恐怖し、「お道化」の演技を隠れみのに世の中を渡っていこうとするが、女性遍歴を重ね、金に困ったり、…

樋口裕一氏

著者インタビュー

「名著の読書術」樋口裕一氏

しかも、繰り返し、何度も味わえるんですよ」 太宰治の「人間失格」も、夏目漱石の「こころ」も、ドストエフスキーの「罪と罰」も、かじってはみたものの、読破できなかった人は多いだろう。そんな人にピッタリの読書法がこれ。 「まず、ネタバレで読むのはフェアじゃないという罪悪感を捨てましょう。あらすじ本、簡易版、本の巻末にある解説、映画などでストーリーを把握してから読めばいいん…

姜尚中氏

著者インタビュー

「漱石のことば」姜尚中氏

「若いうちは夢中になった太宰治や芥川龍之介は、ある年齢に達すると読み直そうという気になりません。ぼくは熊本なので、夏目漱石は小学生のときから馴染み深かったのですが、高校時代、引っ込み思案になった頃から本格的に読みだしました。漱石は何度読んでも『あ、こういうことだったんだ』という発見があります。ダヴィンチ・コードならぬ漱石コードがあって、あちこちに言葉を仕掛けています…

「テラハ」でブレーク (C)日刊ゲンダイ

ギャルだけど一味違う? “新種おバカ”で売る今井華の戦略

この日、「スマホはブルーライトで副交感神経を刺激するので、寝る前は本を読むようにしていた」「太宰治さんとか夏目漱石さんとか王道の小説を読みたい」と話すなど、二言目には「チョリース」の木下優樹菜(27)やペニオク詐欺で芸能界から消えた小森純(29)のようなおバカギャルとは一線を画す発言も。ギャルだけど「バカ」じゃないという新種のようだ。…

右が加藤ミリヤ/(C)日刊ゲンダイ

サッカーW杯公式アルバムに抜擢 “裏歌姫”加藤ミリヤの実力

太宰治の「人間失格」を愛読書に掲げ、自身も3冊の小説を刊行。洋服や宝石のデザインも手がけるぐらいだから、同世代の女のコが憧れる存在というのもうなずける。 「加藤には西野カナという互いの人気を助力する表裏一体のアーティストがいます。2人とも同性からの支持が高いのですが、傾向は相反する。キャラクターも楽曲も、普通っぽいOLや女子大生向きの西野が『表』とすると、斜にかまえ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事