日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田中清玄特集

週末オススメ本ミシュラン

戦争法案の議論を透視したような慧眼

戦前に武装共産党を指導し、戦後は右翼の黒幕として活躍した田中清玄の「自伝」が抜群におもしろい。現代の古典と言っていいほどである。まず、その「靖国神社」批判を引こう。 「中国から鄧小平さんが来られた時に『鄧小平が陛下に会うのなら、その前に靖国神社にお参りせよ』などと言ったバカな右翼がいました。陛下が訪中されて鄧小平さんに会う前に、四川省か山西省か、どこか田舎のお寺をお…

司忍6代目山口組組長

新・政官業研究「警察vs山口組」編

「政官業暴」を象徴した結婚披露宴

あれほどのメンバーの中でも、田岡家にとっては最も大切な来賓として、参列していました」(府警の関係者) ■元総理大臣・岸信介の祝電も 媒酌人は田中清玄。田岡の盟友として知られた政界のフィクサーで、戦前の共産革命活動から戦後に天皇主義に転じた田中清玄は、田岡とともに麻薬撲滅運動を展開した間柄だ。その田中の依頼だろうか、元総理大臣として岸信介の祝電まで寄せられた。 披露宴…

None

【日曜阪神11R・阪神大賞典】出走全馬の厩舎情報

None

【土曜東京11R・ダイヤモンドS】出走全馬の厩舎情報

None

観ずに死ねるか

実録東声会 初代 町井久之 暗黒の首領(2006年 辻裕之監督)

畑中は63年に襲撃された田中清玄がモデル。後年、田中はこの事件を政治絡みとし、「あの時、児玉はもう一度、岸の独裁政権をつくろうとして、河野一郎並びに米国のCIAと組んで動いていた。岸は戦前からの軍をバックにした強権主義者の頭目で、害毒の最たるものだった。軍部的なものの復活ですよ」と語っている(「田中清玄自伝」)。岸は岸信介のこと。岸政権に反対したせいで命を狙われた…

外山の見解

【日曜中山2R】外山の見解と厳選!厩舎の本音

None

【日曜中山11R・フェアリーS】出走全馬の特選情報

None

【土曜中山12R】出走全馬の特選情報

外山の見解

【木曜中山5R】外山の見解と厳選!厩舎の本音

None

【木曜中山9R・ジュニアC】出走全馬の特選情報

None

【日曜阪神11R・阪神ジュベナイルF】出走全馬の特選情報

武井調教師

今週のターゲット

武井厩舎の2歳馬はここ2週が勝負

None

【土曜中山9R・アスター賞】出走全馬の厩舎情報

None

【土曜新潟8R・ダリア賞】出走全馬の厩舎情報

None

【日曜東京10R・多摩川S】出走全馬の厩舎情報

軍団の先陣を切るエマーブル

今週のターゲット

鬼の居る間にミルFがひと稼ぎ

キタサンブラック

【天皇賞】出走全馬の厩舎情報

None

【日曜中山9R・富里特別】出走全馬の厩舎情報

None

【日曜中山11R・アメリカJCC】出走全馬の厩舎情報

None

【土曜中山9R・菜の花賞】出走全馬の厩舎情報

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事