日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「上田桃子 岡本綾子」に関する記事

繰り上げになった藤田光里も全英出場を迷っているという

相次ぐ全英OP辞退 “内向き”すぎる女子に「プロ失格」の指摘

ランク1位のイ・ボミ(26)、同3位の菊地絵里香(26)、同4位の上田桃子(29)らが早々に辞退。 イ・ボミは賞金女王タイトル狙いで日本に専念し、上田は足のケガもあって出場を見送った。ただ今季、プロ初勝利を果たした菊地にとってメジャー大会出場は夢であり、名誉なはずだ。それを欠場というのだから、何かよっぽどの事情があるのかと思ったら、理由は全英女子オープン終了の翌週に…

None

賞金女王争い 「横峯vs森田」280万円差の“人間模様”

【最終成績】 -15(1)森田理香子 -14(2)藤本 麻子 -12(3)比嘉真美子 (3)馬場ゆかり (3)李 知 姫 (3)上田 桃子 -11(7)横峯さくら -10(8)一ノ瀬優希 (8)イ・ボミ (8)不動 裕理…

熱心な練習からスイング理論を確立したベン・ホーガン

グリーン黙示録

ゴルフに適するか否か

ひところ上田桃子が活躍したが、外国の試合には出なくなった。わたしは全英女子オープンで彼女のコーチがバッグをかついだとき、二人のやりとりが電波にのってきて、上田の気の強さに驚いた覚えがある。 ゴルファーにはいろんなタイプが存在するが、基本的にはコーチのいうなりにする人といろいろ教えられても、自分独自のやり方を守る人がいる。どちらがよいかは決めることは難しい。ベン・ホー…

海外で9勝している宮里藍

グリーン黙示録

女子プロの方が上

そのあとは上田桃子、宮里美香が続いたから、男子プロに比べると、女子プロの成績が上回っている。 どうして男女間にこうした差が出たのだろうか。いうまでもなく、米国で戦うよりも日本で戦う方がはるかに楽である。食事やことばなどの日常生活での負担が少ないし、観衆の視線も、当然のことながら外国人にはきびしい状況である。 例えばスポーツの試合は実力で決定するのは確かだが、現実には…

None

グリーン黙示録

プロツアーは30代までが勝負だ

しかし、日本では何勝かしていた上田桃子はとうとう未勝利で帰ってきたが、日本の試合に復帰すると2勝し、賞金ランクも10位(7431万円)に入っている。彼女の実力からすれば、来シーズンはもっと勝てるだろう。 これは上田の渡米後の努力が実を結んだということなのだろうか。わたしの考えをいうと、それもあるかもしれないが、それよりも広いアメリカ大陸を転々としながら試合に出て、食…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事