日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

テリー伊藤に関する記事

None

毒舌・テリー伊藤が猪瀬知事を擁護 理由は“カネ”だった

発言者はテリー伊藤(63)。猪瀬都知事が徳洲会から現金5000万円を受け取っていたことが発覚。慌てて借用書を公開した翌朝の情報番組「スッキリ!! 」(日本テレビ系)で、不可解なまでに猪瀬擁護を繰り返した。 それもそのはず――。都政関係者がこう話す。 「テリー伊藤は猪瀬に知事を辞任されたら大弱りなんです」 どういうことかというと、実はテリーが代表の番組制作会社「ロコモ…

超高校級球児だった上重聡アナ

日テレ「スッキリ!!」にエース上重聡アナ投入の“大人の事情”

今月で同番組を卒業することが決まっているテリー伊藤に代わって、番組MCの加藤浩次とタッグを組み日テレの“朝の顔”を任される。 民放各局がシノギを削るこの時間帯で、「スッキリ!!」は長い間トップを走っていたが、最近は「とくダネ!」(フジテレビ系)にトップの座を奪われていた。日本テレビとしては視聴率3冠王の意地をかけてトップを奪還したいところ。この4月から10年目を迎え…

紅白も狙う/(C)日刊ゲンダイ

テリー伊藤が暴露 田原俊彦の再ブレークは「10%の真面目さ」

根は真面目なのか、田原とともにゲスト出演したテリー伊藤(64)は「普段はちゃんとしてますからね。裏で反省してますよ。90%はスケベだけど、10%はちゃんとしてる」と暴露。とはいえ、再びやってきた人気の波には乗っかりたいようで、NHK紅白歌合戦出場については「いい結果が出るように僕らしくやっていきたい。最終的にいい形でダウンタウン(『絶対に笑ってはいけない』シリーズ…

痛烈に批判/(C)日刊ゲンダイ

ASKA事件 栩内被告にテリー伊藤「押尾裁判より下品」

テリー伊藤(64)は、栩内被告が「1回目の毛髪鑑定に使われた髪にはASKA被告の汗が付着しており、事実とは異なる鑑定結果が出た」との主張していることについて、「下品な裁判。押尾裁判の時よりもひどい!」と痛烈に批判した。 さらに、覚せい剤裁判では初犯は執行猶予がつくことが多いことを踏まえ、「栩内被告の判決は有罪でも恐らく執行猶予付きになるはず。それでも無罪を主張してい…

脂汗が…/(C)日刊ゲンダイ

LINE騒動の山本府議に「号泣議員がマトモに見える」の声

14日は、日本テレビ系の情報番組でテリー伊藤から「キモい」と批判され、BPOに人権侵害を申し立てたことなどについて会見。報道陣からは「売名行為じゃないか」と突っ込まれていた。 山本府議は「マイナスが多い」と売名行為を否定していたが、9月7日の大阪・交野市長選に出馬予定とされる。 山本府議は、中学生とLINEをした目的について「いじめの実態を把握するため」と説明した…

None

●このMCなぜ凄い

加藤浩次 際立つのは「ギャップ力」。声の印象とは裏腹に…

当時はコメンテーターにテリー伊藤さんと勝谷誠彦さん(共にすでに卒業)がいて、2人の意見が対立することもありました。ここで対立を嫌がって、中途半端にまとめてしまうと歯切れの悪い印象が残りかねません。加藤さんは2人の異なる意見を再確認し、火中の栗をあえて拾って対立を煽りながら、意見を集約できる人でした。ネット社会で何でも簡単に炎上してしまう現代にテリーさん、勝谷さんのよ…

沈黙し続けるが…

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

球界屈指の“言葉力” 落合博満は発言してこそ魅力がある

落合博満が中日監督を務めていたころ、テリー伊藤氏が「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」という新書を発表した。テリー氏によると、落合はその実績のわりに評価が低く、その理由は彼特有の大胆不敵な発言等が没個性的な日本人には許容できないからだという。 私は同書の論旨の大前提、つまり「落合は日本人に嫌われている」というテリー氏の現実認識に違和感を覚えた。私の中での落合はその圧倒…

ワイドナvsサンジャポの行方は…

あれもこれも言わせて

日曜10時対決 オチャラケの太田より真摯な松ちゃんに軍配

爆笑問題をMCにテリー伊藤、デーブ・スペクター、西川史子、杉村太蔵とおなじみのメンバーに加えて、麻木久仁子&大桃美代子と三角関係騒動中の山路徹や、ペニオクのステマが発覚した小森純など、話題のキワモノをいち早くブッキングしたことでもおなじみ。 2月28日のゲストも狩野英孝の彼女・加藤紗里に矢口真里といった人選。矢口が「加藤さんのファンでブログも毎日見てるんです」と持ち…

とっくに賞味期限切れ

“懲りない男”東国原英夫氏 今度は「来夏参院選出馬説」が浮上

来夏の参院選で、全国比例、あるいは東京選挙区から出馬するつもりらしい」(関係者) この会社の選挙カーはパレードなどにも使われることで知られ、テリー伊藤やAKB48がプロモーションに一役買っている。特に芸能イベントや宣伝活動の需要が伸びているという。目ざとい東国原氏は、“いざ選挙”となった時のために、先回りして予約したようだ。 2011年1月に宮崎県知事を1期でヤメた…

清原和博

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

清原和博 ナガブチックな美意識が古くてダサい

ちなみに、某雑誌で清原と対談するなど、なにかと彼を応援している人物がテリー伊藤というのも興味深い。彼もまた、前時代的な破天荒型のひとりで、清原について「不器用で純粋すぎるから誤解されやすい」などといった予想通りのコメントを発していた。テリーさん、月並みすぎます。 ▽やまだ・たかみち 1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ…

パネルコーナーが好評の羽鳥慎一

朝ワイドに異変…テレ朝「羽鳥モーニングショー」好調の理由

『スッキリ』はテリー伊藤が抜けて、今春にMC上重聡のスポンサー絡みのスキャンダルが報じられた影響か、ダウン気味、一方で『羽鳥』がジワジワと追い上げている」(放送関係者) 実際はどうか。9月28日の初日はともに6%台ながら、「羽鳥モーニング」が「スッキリ」の上をいき、今も日によって逆転することも。たとえば7月には「スッキリ」が8%近かったのに対して「羽鳥モーニング」は…

今週グサッときた名言珍言

「自分の存在は極力消すようにしています。自我の電源を切る」by 壇蜜

テリー伊藤が、「壇蜜は日本の女性の価値観変えてますよね、今。彼女は文学のにおいがする」(NHK「紅白歌合戦=副音声」13年12月31日)と評したように、彼女からは、ただの「エロさ」だけではなく、文学的知性を感じる。その知性が「おじさん」たちにはある種の言い訳となって、堂々と彼女を支持できたのだ。 その秘訣を壇蜜は「やっぱり『よりダサく』」なるように心がけていたという…

加藤浩次

斬り取り 報道・情報番組この1本

番組リニューアルで存在感が増した加藤浩次

MCはスタートから加藤浩次、相方は今春、テリー伊藤からスキャンダルも報じられた局アナの上重聡に代わった。その騒ぎは沈静化し、忘れ去られてしまったが、“リニューアル”された「スッキリ!!」でもポイントになっているのはやはり加藤の存在感。 たとえば、ラグビーW杯の南アフリカ戦。劇的勝利でスポーツ用品店で日本代表の公式ジャージーが売り切れたこと、五郎丸(FB)がボールを蹴…

「ワイドナショー」も間もなく2年を迎える

テレビ「ご意見番」世代交代も 松本人志の発言が共感呼ぶ理由

芸能界の“ご意見番”といえば、歌手の和田アキ子(65)やタレントのテリー伊藤(65)、ビートたけし(68)などが名を連ねるが、松本の発言スタイルは独特の切り口にある。もちろん賛否あるものの、<変に専門家気取ったコメンテーターよりは、切り口もおもしろいからいい><お偉いさんの意見よりも的を得ている>といった評価が目立つのだ。 松本は以前、同番組で「すっとんきょうなこ…

すでに計算尽くの発言?

「空気読めよ」の大逆風…熊切あさ美に“キャラ変更”のススメ

騒動当初は「汚れたプリンス」など片岡愛之助(43)を非難する声もあったが、日が経つに連れて「別れてるでしょ、どう考えたって」(有吉弘行)、「空気読めよって話」(坂上忍)、「なんでカメラの前で泣いてるの」(テリー伊藤)など熊切あさ美(34)への逆風が増すばかり。 今の熊切はまさにかつてのキャッチフレーズ通り「崖っぷち」だが、そんな彼女に本紙がアドバイス。いっそのこと「…

“サンジャポ”ではメークも薄め

“浪速のエリカ様”上西小百合議員がちゃっかりイメチェン

爆問太田が「オラ! 当たっとるやないか!」と秘書の真似をし、「あのチンピラ、きょうは来てないの?」と言われても、「もう、そのイメージがとれなくなっちゃう」と笑い、テリー伊藤に「そばで見るとあんまり可愛くないね」と言われても笑顔、デーブ・スペクターのつまらないダジャレにも手を叩いて爆笑するなど、まるで別人。イメチェン大成功か。 番組終了間際、初出演の感想を聞かれると…

あとは発売するだけだった…

上重アナ問題に大沢あかね“怒り心頭” コラボ企画がお蔵入り

加藤やテリー伊藤(65)、杉山愛(39)の意見も取り入れ、海外工場とのやりとりを経て昨年12月には最終サンプルが完成。1年間に及ぶ大プロジェクトで今春には完成しているはずだった。ところが、上重の一件でプロジェクトはお蔵入り。これに大沢の愚痴が止まらないという。 「もうデザインも終わってサンプルを作って、あとは発売するだけだったので“上重さんのが出ちゃって最悪。せっ…

上重アナの「スッキリ!!」降板はあるのか

上重アナいじり大笑い 加藤浩次「スッキリ!!」安泰いつまで

「レギュラーコメンテーターのコラムニスト勝谷誠彦氏、テリー伊藤の両人が番組を3月で降板しましたが、実は加藤も降板の方向だった。日テレは勝谷氏、テリーの降板理由を公には4月期の番組改編によるとしていますが、大きな理由は制作費のコストカット。真っ先に手を付けたのが、出演料の高い外部のコメンテーターで、『高すぎる』との声はMCの加藤にもあった。ところが、上重アナのスキャ…

上重アナと日本テレビ

上重聡アナ集中砲火 他局スクラムで進行する「日テレ包囲網」

また、TBS「サンジャポ」では先月まで「スッキリ」のレギュラーだったテリー伊藤や杉村太蔵らも異常な金銭感覚を非難した。 「通常、犯罪でもないのに他局の社員であるアナウンサーをワイドショーのネタとして俎上に載せるのは珍しい。背景にあるのは日テレ潰しの思惑でしょう。朝の時間帯は『ZIP!』から『スッキリ!!』への視聴習慣が根付きつつある。他局とすれば脅威だけに、“敵失”…

途中退席にも「イジメ説」飛び交う

小倉智昭&菊川怜 “不仲説”が飛ぶから面白い「とくダネ!」

3月でテリー伊藤が降板する日本テレビ系「スッキリ!!」、早くも店じまいするTBS系「いっぷく!」は今回はスルーするとして、残るはフジテレビ系「とくダネ!」。 一見、こちらもぶっきらぼうな父、小倉智昭、その父になにかと反抗的な娘の菊川怜、それを温かく見守る姉、梅津弥英子アナ、いつまでも父を超えられない兄、笠井信輔アナといった疑似ファミリーとして捉えることもできる。し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事