日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高橋純平 フォーム」に関する記事

センバツではチームを8強に導いた

「故障を利用」の声も 県岐阜商・高橋純平にスカウト疑心暗鬼

今ドラフトの目玉右腕・高橋純平が、初戦の2回戦に続いて、この日もマウンドに上がらなかったからだ。 「全体的にフォームが崩れているので、バランスを修正して、次は投げられるようにしたい」 試合後の本人がこう言えば、指揮を執る小川監督は、「調子が良くない。ムリをさせられない状況なので」と話した。 しかし、高橋を含む3年生部員にとっては、負ければその時点で高校生活最後の大会…

“モノ”はいい

新・鬼の遺言

高橋純平を生で見たら気になるところが3つあった

開催中のセンバツで話題の最速152キロ右腕、県岐阜商の高橋純平(3年)の初戦をネット裏で見た。 最速は150キロと表示されたものの、私の見たところ、MAXは147キロほど。直球よりブレーキの利いたスライダーがいい。常時142~143キロの直球に130キロ程度の落差のあるスライダーがある。高校生なら直球に見えてクルクルと空振りするだろう。 いい素材だから、あえて言わせ…

ソフトバンクの高橋純平

SB工藤監督の進退を左右 15年ドラ1高橋純平の2年目の飛躍

「右の先発枠を取るつもりで狙っていく」 こう意気込んだのは、ソフトバンクの高橋純平(19)。10日、今年初めて二軍施設で練習した。年末年始は実家のある岐阜で打者相手に投球練習をするなど今季にかける思いは強そうだ。 15年ドラフトで3球団の競合の末に入団した右腕は、昨季の新人合同自主トレ初日に左スネの張りでリタイア。一軍登板なくシーズンを終えた。 ■ストレートはすでに…

準々決勝で浦和学院に敗れた県岐阜商の高橋投手

県岐阜商・高橋にもスカウト辛口 今センバツは“凶作”の大会

県岐阜商の右腕・高橋純平(183センチ、76キロ)が評判を独占しているセンバツ甲子園。スポーツ紙は「12球団絶賛」「安楽以上」「大谷級」とかまびすしい。しかし、冒頭のベテランスカウトは「確かに好投手ではあるけど……」と、こう続ける。 「いきなり一軍という投手ではないものの、直球の威力、スライダーのキレは評価できる。気になったのが三回に速球から変化球中心に投球スタイ…

上位指名が有力に佐藤世那投手

仙台育英・世那は「剛速球投手」 “流しのブルペン捕手”が絶賛

お願いしたいと考えていた高橋純平(県岐阜商)、小笠原慎之介(東海大相模)のピッチング捕球が夏以降の体調不十分のためにかなわなかったことが残念でならないが、去る15日に実際に球を受けて驚いたのが、今夏の甲子園準優勝投手・佐藤世那(仙台育英)だ。 ヒジの故障が心配された甲子園では、予選とは打って変わってフル回転で準優勝に貢献した。その後行われた国際大会「U―18」でも…

金本監督

阪神ドラフト戦略 今年も頼みは金本監督の“直感力”

「昨年の1位も当初は高橋純平(県岐阜商-ソフトバンク)でいくはずだった。それを就任直後の金本監督は前日の会議で『明大の高山はホームランは打てるのか?』と担当スカウトに聞くと、『打てる』というので急きょ変更した。2位の坂本は捕手が少ない事情から取り、社会人投手の3位竹安は、前年に肘の手術をしていた。担当スカウトの(田中)秀太が、『来年は必ず上位指名で消えます』という…

小笠原・高橋・オコエ

U-18W杯決勝進出 メジャーが「お持ち帰り」したい侍J戦士

将来的には、ソリアーノ(元ヤンキース)のようなグレートな選手になって欲しいし、それくらいの可能性を秘めている」 「投手でいえば、高橋純平(県岐阜商=3年)がいいね」 とは、別のメジャースカウトだ。 「高橋は非常に指先の感覚が良さそうだね。これは投手として重要な才能だよ。スナップが利いてボールにいいスピンがかかった150キロ以上のボールを投げられるのは魅力だ。変化球を…

150キロをマークした県岐阜商の高橋純平投手

巨人が熱視線の県岐阜商・高橋 原監督だけが無関心の理由

今秋ドラフトの目玉、最速152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)は上々の甲子園デビューだった。 24日の松商学園戦に先発。初回にいきなり「150キロ」をマークし、スタンドをどよめかせた。先制した直後の二回に同点に追いつかれると、「5割くらい(の力)でコースに投げることを意識した。中盤からは変化球中心でいい感じだった」と即座に修正。四回以降はパーフェクトに抑え、2安…

昨秋明治神宮大会優勝の仙台育英/(C)日刊ゲンダイ

新・鬼の遺言

一足早いセンバツ予想 注目は県岐阜商より龍谷大平安の高橋

最速152キロの県岐阜商・高橋純平(2年)が注目を集めている。見るのが楽しみな逸材ではあるが、私のイチ押し投手は、近畿4強、龍谷大平安の高橋奎二(2年)である。 昨年のセンバツ優勝に貢献した左腕。ノーラン・ライアンのように右足を高く上げるダイナミックなフォームで、打者はタイミングが取りづらい。MAXは140キロちょっとで伸びがある。 龍谷大平安にはもうひとり、昨夏…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事