日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「金本知憲 引退」に関する記事

将来の監督候補といわれる金本(右)と矢野/(C)日刊ゲンダイ

人材豊富なのに入閣なし 阪神若手OB“総スカン”の理由

すでに「ポスト和田」の有力候補として岡田彰布元監督(56)の名前が取り沙汰されており、7日の一部スポーツ紙では、球団は来季の一軍打撃コーチとして金本知憲(46)に入閣要請すると報じられた。 だがしかし、ファンにとって解せないのは、03、05年に優勝した時の主力メンバーがひとりとして今のチームに入閣していないことだろう。09年引退の赤星(38)、矢野(45=10年引退…

金銭感覚はしっかり

現役時代から引退後を視野 金本監督の意外な「金銭感覚」

阪神・金本知憲監督(47)に関してだ。 02年オフ、広島からFAで阪神に移籍。当時の星野監督が直接交渉に乗り出した経緯もあるだけに、ケタ違いの札束が乱れ飛んだというウワサもあった。しかし――。 「待遇面に関する要求はひとつだけ。それも契約金のもらい方だったと聞いています」と前出の関係者がこう続ける。 「1億2000万円といわれたFAの契約金を自分の現役引退後、5年だ…

衣笠祥雄氏は5度のリーグVを経験

「1~3番固定が勝因」 衣笠祥雄氏が広島25年ぶりVを語る

「過去に川口和久、江藤智、金本知憲らがFAでチームを出ました。ずいぶん選手が出ていますが、面白いのはいつも前の年より成績が悪くなってないんです。不思議なんですが、今年も悲観していませんでした。危機感が生まれるんでしょう。自分たちがやるしかないというね。前田は15勝している投手。誰が見ても落ちると考えるのが普通。それが優勝ですからね」 ――緒方監督との思い出は? 「…

「高校生に笑われる」の笑止

スポーツ難癖口上

阪神金本監督に「喝!」入れないのはどういうわけだえ?

以下同文で、阪神金本知憲監督に「喝!」入れないのはどういうわけだえ? いまさらだが、オレゃ当初から金本の他人口撃が気色悪かった。てめえの引退試合で対戦チームの監督へ「監督が目立ちすぎるのはどうかと思う」とおちょくったあたりから、引退する大打者への敬意でベンチの前に立っている中畑清に対する態度かよ、おめえ? と思っていた。 以来、他人口撃は歯止めが利かず。阪神監督にな…

後輩や裏方思い阪神の金本監督

阪神率いる金本監督の素顔は“アニキ”たるゆえん数々

巨人の高橋由伸監督と並び注目される阪神・金本知憲監督(47)。現役時代から「アニキ」と慕われてきただけに、どんな采配を振るうかは虎ファンならずとも興味津々だが、その人柄からか意外な人脈が浮かびあがった。 ■趣味 現役引退後にはまったのはゴルフ。ハワイやラスベガスへ旅行に行っても必ずクラブを握る。 「ゴルフは右打ち。打撃同様スイングは豪快。プロに教わったこともあり、調…

返事を保留している金本氏

“足かせ”は2つ…金本氏「阪神監督受諾」へ尻込みの真相

でも今は……というのが本音ではないか」 阪神から次期監督の就任要請を受けている金本知憲氏(47)の胸中を代弁するのは、ある関係者だ。 金本氏は12日夜、都内で阪神と3度目の交渉を行った。その際も返事は保留したものの、来季のコーチ人事などにも影響するため、近日中にも決断するとみられている。 金本氏は、和田監督の退任を発表した翌日の10月1日、球団幹部と初交渉を行った。…

金本(右)は再びタテジマを着るか

来季は戦力低下必至 阪神「金本政権」誕生へ最大の障害は?

今季限りで退任する和田監督の後任に、金本知憲氏(47)を招聘するという阪神。03年、05年の優勝メンバーで、「ダメ虎」といわれた阪神をよみがえらせた象徴的な存在だけに、ファンからの待望論も根強い。 長期契約提示なんて派手な話も出てきて、金本氏はどんどん外堀を埋められている感もするが、前出OBは、「今の阪神は金本を本気で招聘する環境にない」と言ってこう続ける。 「近…

座右の名は「泰然自若」/(C)日刊ゲンダイ

解任寸前から日本一目指す 阪神和田監督に備わる「3つの運」

03、05年優勝メンバーの金本知憲(46)、矢野燿大(45)、今岡誠(40)、赤星憲広(38)という面々は、評論活動等で儲かっているし、現在の球団の体制に入りたくない気持ちもあって、コーチ就任に乗り気ではない。「掛布、岡田に続くOBといっても平田勝男(55)や木戸克彦(53)では監督は難しい」との声もある。あとは90年代の暗黒時代の人間ばかりだ。「人材のブラックホー…

「カープ一筋」28年/(C)日刊ゲンダイ

広島緒方新監督誕生 長嶋茂雄氏も振った28年の「カープ愛」

金本知憲ら当時の主力がみな恩師と慕った三村元監督が、中でも目をかけていたのが緒方だった。自らの現役時代の背番号9を禅譲し、『こいつがワシの後継者じゃ』と言っていたのを思い出す。選手としての能力、人間性をそれほど高く評価していたのです」 人望の厚さは、前田智徳(43)との関係でもよく分かる。あの一言居士で一匹狼の天才打者が、緒方の引退試合で人目もはばからずに号泣。前田…

レッスンは金曜日/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

浅草橋でレッスンプロ 元巨人・簑田浩二のセカンドライフ

最近では秋山幸二、野村謙二郎、金本知憲、松井稼頭央などがいるが、この記録が注目されたのは83年にこの人が阪急時代に達成してからだ。その後、巨人でも活躍した簑田浩二さんだ。今どうしているのか。 簑田さんと会ったのはJR総武線浅草橋駅前の「友愛ゴルフアカデミー」。このゴルフ練習場で毎週金曜日にレッスンを行っている。 「53のときに日本インストラクタープロゴルフ協会に入会…

金本監督はダンマリ

逮捕直前まで交流も 虎金本監督“清原被告”になぜか沈黙

「俺のアニキは清原さん」 かつてこう言っていたのは阪神・金本知憲監督(48)。「昔から憧れていた。ファンだった」と話したこともある。 2人のつながりは深い。金本監督はプロ入り直後、「清原さんに挨拶したい」と母校・東北福祉大の先輩で当時、西武で清原被告のチームメートだった大塚光二氏に頭を下げた。プロ4年目の95年にオールスターに初出場した時に、初めて食事をしてから意気…

藤浪にも優等生感が…

「超変革」で好調も 虎看板選手に足りない“大阪的なもの”

今季は金本知憲新監督(48)が「超変革」を掲げ、選手の表情はみな明るくなり、チームの雰囲気はガラリと変わった。その結果、開幕から順調な滑り出しを見せている。 8日の広島戦では、サヨナラ安打を放って頭から水をかけられた西岡剛(31)を、ベンチから飛び出した金本監督が抱きしめると、甲子園は沸きに沸いた。 派手で豪快なチームカラーのイメージが強い阪神だが、キャプテンの鳥…

達川光男氏(左)と仁志敏久氏

【開幕直前対談】達川光男×仁志敏久 巨神の新監督2人を語る

きょう開幕を迎えるプロ野球、今季の最注目は、ともに指導者経験がほとんどないまま伝統球団を率いることになった、巨人の高橋由伸監督(40)と阪神の金本知憲監督(47)だろう。そこで2人をよく知る巨人OBの仁志敏久氏(44)と元広島監督の達川光男氏(60)に両監督のことを大いに語ってもらった。 ■「ワシはカネに恨まれとる」 ――達川さんは現役選手としても金本監督と1年間、…

いい投手ではあるけれど…

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

元阪神・藪が殿堂入り候補? そこはないと思う、そこは

なにしろ、肩の故障で満足にスローイングできなかった晩年の金本知憲にゴールデングラブの票がいくらか入ったこともあったくらい、投票とは時に愚かしい事態を招くものなのだ。人間の数が、ある程度を超えると、必ずそういうバカはちらほら出てくる。それらを個人の良識にゆだねるだけで、完全に排除することは不可能だ。 だからこそ、野球殿堂のプレーヤー部門では引退後5~20年のOBの中か…

どっちも不安

セ監督考「外野手出身に知将なし」 由伸・金本は大丈夫か

ヤクルトを率いた若松勉が日本一になるまで52年の歳月を要した

なにしろ、真中満(ヤクルト=44)、緒方孝市(広島=46)に加え、高橋由伸(巨人=40)、金本知憲(阪神=47)、アレックス・ラミレス(DeNA=41)の新監督3人が、外野手出身。捕手だった谷繁元信(中日=44)をのぞき、5人が外野手出身監督という異常事態となった。 2012年に、この日刊ゲンダイで、「ポジション別監督学」を連載したときの結論は、「捕手・二遊間に“…

巨人の高橋監督も指導経験なし

なぜ日本では修業ゼロの“素人”がプロ野球監督になれるのか

指導経験がない監督といえば、来年から指揮を執る巨人の高橋由伸氏(40)、阪神の金本知憲氏(47)もそうだ。 「監督と選手では求められる能力は違う。メジャーではマイナーから指導経験を積んで選手を見る目、決断力、忍耐などを学び、引き出しを増やしていく。日本では野球が最も人気があるプロスポーツで待遇もいいのに、監督の能力という面では一番軽視されている」(前出の友成氏) …

「ミスター・タイガース」こと掛布二軍新監督

「金本の次」にあらず…掛布DCは虎二軍監督が“最後の仕事”

金本知憲新監督(47)に沸く阪神の二軍監督に、球団本部付育成&打撃コーディネーター(DC)の掛布雅之氏(60)が就任することが20日、分かった。 掛布DCは13年から二軍選手を中心に指導してきたが、キャンプの時以外はフロント職員という立場からジャージー姿。88年の現役引退後、「初のタテジマ」となる。 掛布DCが二軍監督になったということは、金本新監督が期待を裏切っ…

「勝ちながら再建していけたら」と

阪神新監督に金本氏 “鉄人アニキ流”でパワーヒッター育てる

阪神の監督就任が決まった金本知憲氏(47)は12年に現役を引退して以降、これまで一度も指導者経験がない。はたしてどんな野球をやるのか。ヒントは金本氏自身の現役時代にありそうだ。 氏は広島県出身。広陵高時代は甲子園経験もない。東北福祉大4年時に大学選手権初優勝の立役者となったものの、プロがドラフトの上位指名を検討するほどの選手ではなかった。 「痩せこけて、ひょろっとし…

人気、知名度は抜群

指導経験ゼロでも…阪神が金本氏に「監督要請」する理由

現時点で次期監督の最有力候補はOBの金本知憲氏(47)。「(人事のことは)言えません」と坂井オーナーが口を閉ざせば、南球団社長は「これからです」とコメントしたが、さる阪神担当記者によれば「内部に05年の優勝監督である岡田彰布(57)を推す声があるのは事実ですけど、電鉄本社役員のほとんどは金本でいきたいと考えている」そうだ。 金本氏は阪神時代、4番打者として03年と…

カネに困った番長とアニキ/(C)日刊ゲンダイ

勢力図が一変! アニキ金本が番長・清原に取って代わる日

そこを虎視眈々と狙っているのが、元阪神の「アニキ」こと金本知憲(46)だという。 「関係者を通じて同コーナーに金本からの“逆出演オファー”があったそうです。現役時代は広島、阪神のため引退後のテレビ出演は西日本が中心ですが、『男気』コーナー出演を関東進出の橋頭堡にしたいという考え。というのも、金本も清原と同じくカネに困っているからです。投資詐欺被害にあったり、知人との…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事