日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「星野源 映画」に関する記事

天は三物を与えた?

「逃げ恥」で大ブレーク 星野源“天は三物”に事務所の戦略

ドラマ界からポスト・濱田岳、音楽界からはポスト・福山雅治、出版界からポスト・又吉直樹……いまやあらゆる業界から引く手あまたの存在になっているのが、マルチな才能を武器にブレーク中の星野源(35)。 話題の連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)は、主演の新垣結衣ばかり騒がれるが、相手役の星野がいてこその人気。6日に放送された第9話の視聴率がスタート以来最高の1…

歌でもドラマでも大ブレーク

酉年生まれ “年男年女”の吉凶

「逃げ恥」続編は当たり前…星野源を奪い合うNHKと民放各局

昨年の「逃げ恥」人気で、歌でもドラマでもブレークした星野源。大晦日にはNHK紅白歌合戦にも出演した今年36歳になる年男をめぐり、早くもテレビ各局が争奪戦を繰り広げている。 「とにかくNHKのプッシュがものすごい。朝の連続テレビ小説でヒロインに次ぐ主役級の扱いでオファーをしています。噂では、出演してくれれば、数年後に大河ドラマの主役のポストを準備するという交換条件を提…

“ゲゲゲ”をきっかけに本格ブレーク

松下&向井だけじゃない…あの吹石一恵も“ゲゲゲ”が転機に

変わったところでは、今年、紅白初出場となる星野源(34)、後に「マルモのおきて」で人気者となる鈴木福(11)、「昼顔」で“壁ドン”ブームを起こした斎藤工(34)も「ゲゲゲ」に出ていた。 つい先日、全国の女性を「福山ロス」に陥れた吹石一恵(33)も“ゲゲゲ女優”と言っていい。こちらは映画版「ゲゲゲの女房」で主人公・布枝さんを演じていた。 「吹石が福山雅治(46)と知…

年上男性が好みなのか

浮名を芸の肥やしに 二階堂ふみが歩む“カマキリ女優”の系譜

相手は俳優でミュージシャンで文筆家の星野源(34)。自著「働く男」(文春文庫)で〈何の仕事がメインとか肩書きとか、関係なくやりたい〉と明かしているようにマルチな活動を有言実行する同世代に人気のオトコである。ちなみに異性関係では、歌手のaiko(39)と長らく半同棲生活を送っていたのが有名だ。 二階堂と星野は13年9月公開の映画「地獄でなぜ悪い」で共演。当時は友達止…

妥協を許さない

高橋一生 ドラマ「カルテット」舞台裏の涙ぐましい努力

星野源(36)の強力なライバルになりそうだ。…

None

芸能界クロスロード

イケメンが飽和状態になり塩顔男子ブーム到来

昨年、大ブームを巻き起こした星野源や、女優からの指名率ナンバーワンと言われる池松壮亮と同じタイプの役者。3人の出現は、イケメンが飽和状態になり塩顔男子ブーム到来を予感させるものでもある。 イケメンはコンテストなどで選ばれ、その後、役者としてデビューするが、高橋は子役時代から芸を磨いてきた苦労人。パッと出のイケメンとは違う。根底には役者としての技量がある。視聴者の中に…

赤組の司会を務めた有村架純

あれもこれも言わせて

目に余る…紅白歌合戦のタイアップ至上主義

星野源にTBS「逃げ恥」の主題歌「恋」を歌わせて、審査員の新垣結衣の恋ダンスで視聴者の関心をあおった。松田聖子がYOSHIKIと共演した「薔薇のように咲いて 桜のように散って」も実はTBSドラマ「せいせいするほど、愛してる」の主題歌。西野カナの「Dear Bride」はフジテレビ「めざましテレビ」のテーマ曲……。 個別で言えば、目に余ったのがジャニーズの大量出演。一…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事