日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「安倍晋三 小沢一郎」に関する記事

著者の佐高信氏

著者インタビュー

「自民党と創価学会」佐高信氏

参院選で安倍晋三首相らが声を張り上げているのが「民共」批判だ。選挙区で民進党など野党は統一候補を立てた。共産党は多くの選挙区で、立候補を断念した。それを安倍らは「野合」と批判。自分たちの「正当性」を主張しているのだが、安倍首相に突きつけたいのが、この本である。自民、公明の連立こそが野合そのものではないか。その証拠がつづられている。 「自民党は『自由新報』という機関誌…

週末オススメ本ミシュラン

公明党「平和の党」虚偽表示の歴史

また、平野は「政権投げ出しの異常政治」の章で、2006年秋に安倍晋三が初めて首相になる直前、創価学会名誉会長の池田を極秘に訪ねた疑惑を指摘する。訪ねたのは首相に指名される4日前だった。「政教一致」問題で国会喚問もという池田を訪ね、安倍は1時間以上、熱心にメモを取りながら池田の話を拝聴したという。メモを取ると評価が高くなると安倍は入れ知恵されていた。だから池田は後で…

来日して12年になるマーティン・ファクラー氏

注目の人 直撃インタビュー

NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」

キャプションには「安倍晋三“大統領”は復讐を呼びかけた」とあった。 ニューヨーク・タイムズの論評を扱う部署には複数の風刺画家がいます。そのうちのひとりがアイデアを提示した。私が関わったわけじゃありません。 ――ということは、米国人は一般的に安倍首相のことを、そういう目で見ているということですね? そうだと思いますね。ひとりがアイデアを出して、みんながそうだね、と賛同…

ヘイト文書の学園と共鳴(右は建設中の”安倍晋三小学校”)

巻頭特集

内閣も自民党も総汚染 「安倍晋三記念小学校」疑惑の闇

しかも、当初は「安倍晋三記念小学校」というフザケた校名にする予定で、寄付金を募っていたことも分かっている。 「国有地は国民の財産です。それが、不可解な経緯で、首相に近い団体の幹部に『実質ゼロ円』で供与されていた。こんな分かりやすい話はありません。本来なら、テレビのワイドショーが飛びつくネタのはずです。しかし、北朝鮮の暗殺事件や、都政の小池劇場に時間を割くばかりで、安…

None

巻頭特集

支持率急落 安倍内閣の瓦解が始まった

こんなウルトラ極右政権にあと何年も権力を握らせたら、日本中が安倍晋三記念小学校になってしまう。全国民が『安倍首相バンザイ』と言わされることになる。そうなる前に、嘘つき首相を権力の座から引きずり降ろす必要がある。カルト的な思想集団に操られたアナクロ政権に憲法改正をやらせてはいけないのです」(本澤二郎氏=前出) ここへきて、安倍が「腹心の友」と呼ぶ親友が理事長を務める加…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事