日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山瀬まみ特集

志村けんと優香は30歳差

亡き母に孫の顔見せられず 志村けんはなぜ結婚しなかった?

コメットさんこと大場久美子(55)に始まり、いしのようこ(47)、山瀬まみ(46)、井上和香(35)、渡辺美奈代(46)ら浮名を流した女性タレントは数知れず。いしのようことは同棲説もあったが、そうしたチャンスを結婚に結び付けることはできなかったのか。志村をよく知る芸能記者が言う。 「志村さんは若い女が好きなんです。付き合うことができても、ちょっと“大人”になると飽…

「ゆうゆう散歩」は9月いっぱいで卒業

腕の毛を剃り…番組卒業する加山雄三の“サプライズ”に衝撃

この日は加山が「カニ五目炒飯」を作ったが、アシスタントの山瀬まみにやたら自分の腕を見せびらかすようなしぐさをし、その腕を見た山瀬が「ワーッ!」と驚き、「やっと気づいた」とうれしそうに笑い、「奇麗に剃ったの!」と加山。 あろうことか、加山の腕毛がなくなりツルツルになっていたのだ。加山といえば、胸毛に腕毛にすね毛が毛深いことで知られ、かつてそれは男らしさの象徴としてモテ…

“元祖バラドル”の森口博子

森口博子は本領発揮も…「バラドル」絶滅危惧種になったのか

井森美幸、松本明子、山瀬まみらが続いたが、今、その系譜を引き継ぐアイドルはいるのか。芸能評論家の肥留間正明氏の見立ては厳しい。 「バラエティー番組が増えて、確かに出演する女性タレントも増えましたが、僕の基準で言えば、彼女たちは“バラドル”には当たりません。少なくとも森口や松本明子にはアイドル歌手というシッカリした基盤があった。なおかつトークもうまかったから重宝された…

山瀬まみ(左)と夏目三久

あれもこれも言わせて

夏目三久&山瀬まみ 別れの季節だけど去ってほしくない

2代目秘書が誰になるかはわからないが、これを機に番組からも卒業するという視聴者も多いのでは? さらに驚いたのは「ためしてガッテン」(NHK)の山瀬まみ。立川志の輔がいて小野文恵アナがいて、まみちゃんがいるのが当たり前だったのに。21年もレギュラーだったのに、なぜ今、卒業!? 番組名を「ガッテン!」と変えてリニューアルするらしいが、司会がそのままなら山瀬まみも連れてっ…

左から笑福亭仁鶴と桂南光、桂三枝と山瀬まみ、徳光和夫と田中律子

あれもこれも言わせて

テレビ界でも高齢化 大物老人の陰に“介護タレント”あり

文枝を起こし、転がった椅子を元の位置に戻すのは歴代アシスタントの仕事で、山瀬まみもそれを忠実にやっているが、文枝が老けた分、悲哀が出て笑えやしない。文枝の隣にいることで若者代表を気取っている山瀬も今年47歳。20代の新婚さんたちにしてみれば、母親とおじいちゃんに話を聞いてもらっているようなものではないか。 さらにさらに、「路線バスで寄り道の旅」(テレビ朝日系)で徳…

復帰を機に「真璃子」から「眞璃子」に改名した/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

“とんねるずの妹分”だった眞璃子さん 福岡で芸能活動再開

同期に国生さゆり、山瀬まみ、渡辺満里奈、徳永英明、小比類巻かほる、石井明美などがいる中、3枚目のシングル「夢飛行」で同年の日本レコード大賞新人賞、日本歌謡大賞放送音楽新人賞を受賞した。 「所属事務所は後にとんねるずさんが加わったオフィスAtoZでしたし、すごく恵まれた環境でした。初めてのテレビ出演が『夕やけニャンニャン』のパイロット番組の『オールナイトフジ女子高生ス…

購入前から話題だった/(C)日刊ゲンダイ

テラハの“ご近所” 葉山の新名所化した郷ひろみの「セカハ」

近所にはピーターや山瀬まみの別荘もありますが、ちょっと前までは郷の別荘から1キロと離れていないところに、男女が集団生活する『テラスハウス』という番組のロケ地になっていた邸宅があって、都心からよく若者のやじ馬が来ていました。それが移転した今、郷さんのセカンドハウスが新名所となっています」(別の地元住民) 郷は7月に誕生予定の双子が“男児のツインズ”になると発表したばか…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事