日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「豊田章男 会長」に関する記事

None

経団連会長異例の内定は安倍首相の“お友達人事”か

「トヨタ自動車会長の内山田竹志氏は“技術屋”で財界活動には向かないし、そもそも経団連会長候補には、豊田章男社長が控えている。新日鉄住金社長の友野宏氏は経団連の副会長になったばかりです。三菱重工会長の大宮英明氏の名前も挙がりましたが、“軍需産業”はちょっと……とあれこれ消去していくうちに、そして誰もいなくなったというわけです」(財界事情通) 仕方がないのでOBから。…

榊原経団連会長(左)と日立の中西会長

英メイ首相と会談 日立・中西会長が次期経団連会長に浮上

「最有力はトヨタ自動車の豊田章男社長(60)ですが、本人は固辞している様子です。その理由が痛快で、安倍政権の度重なる賃上げ要請に腹を立てているというのです。経団連の会長になったら、政府に反旗を翻すのは難しくなる。だから絶対に引き受けないと漏らしているといいます」(自動車関係者) 残る有力候補は、三菱重工の宮永俊一社長(68)と日立の中西会長といわれるが、三菱重工は…

セブン&アイの鈴木会長は引退

セブンだけじゃない “内紛の火ダネ”創業家が大株主の21社

トヨタの豊田章男社長(59)の保有株はたった0・13%だ。 一方、ブリヂストンの石橋家や大正製薬HDの上原家(事実上の創業家)、小林製薬の小林家など株式を大量保有している創業家は多い(別表参照)。ソフトバンクの孫正義社長(58)や楽天の三木谷浩史社長(51)、ファーストリテイリングの柳井正社長(67)らは経営トップであり、大株主でもある。 「社長自身が創業者だからと…

(右上から)ソフトバンク孫社長、ファーストリテイリング柳井社長、トヨタ豊田社長

トヨタは平均1.2億円 大手企業役員“配当金長者”最新20人

豊田章男社長はトヨタ株を465万275株保有する。受け取る配当金は9億7655万円とベラボーだ。 とはいえ、上には上がいる。ソフトバンクの孫社長は93億4800万円、ファーストリテイリングの柳井社長は80億4300万円、ミクシィの笠原会長は53億6109万円、タレントの紗栄子と熱愛が報じられたスタートトゥデイの前澤社長は24億4165万円の配当金を手にする。 主な経…

週末オススメ本ミシュラン

モデル小説で新聞記者に語らせたタブー

「トヨトミ自動車」社長の武田剛平は、1995年に28年ぶりに豊田家以外から代表取締役社長となった奥田碩(現トヨタ相談役)であり、副社長の御子柴宏は、奥田の後継社長の張富士夫(現トヨタ名誉会長)、そして、豊臣統一が現社長の豊田章男である。 テーマはトヨタは豊田家のものなのか? 豊田家のものにしたかったら株式を公開して上場してはならない。その原則が豊田家の人間にはわか…

自らの失敗を認めない…

巻頭特集

あまりに姑息 ノーベル賞学者を使った失政隠しの茶番劇

豊田章男社長は「これまでと潮目が変わった」とコメント。政府が「上げろ、上げろ」と圧力をかけてきた“官製春闘”も、とうとう息切れだ。一部の大企業に賃上げさせて「賃上げ率は過去15年間で最高」と言い張るマヤカシは、もう通用しない。 そもそもアベノミクスは、金融緩和と財政政策で時間を稼ぎ、その間に成長戦略で経済の底上げを図るシナリオだった。ところが、成長戦略なんて何も出て…

ソフトバンクの孫正義社長、経団連の榊原定征会長、トヨタ自の豊田章男社長/(C)日刊ゲンダイ

今でも軽負担な大企業に「実効税率引き下げ」のおかしさ

トヨタの豊田章男社長は昨年の決算会見で「09年3月期分から納めていなかった法人税を、14年3月期から支払えるようになった」と語って、物議を醸した。あの世界のトヨタがさまざまな減税メニューを駆使して、単独ベースで5年間も法人税を払っていなかったのだ。 莫大な利益をあげ、経営陣が億単位の報酬を得ながら、法人税はビタ一文も納めない――。日本の大企業にはそんな風潮が蔓延し…

米議会で紛糾/(C)AP

リコール拡大 解決のカギ握る「タカタ」ゴッドマザーの凄腕

4年前、トヨタの豊田章男社長が米国の公聴会に出席して説明したように、米議会はトップが説明責任を果たさないと納得しない。それだけに、いつまでもトップが姿を見せないタカタに対して「事態を甘く見ている」とカンカンになっている。このままでは、逆風がさらに強まるのは確実。リスク管理としては最悪のやり方だ。 ■慶応法卒、英語もペラペラ 問題解決のカギを握っているのが、創業者・高…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事