日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「古舘伊知郎 事務所」に関する記事

どんな終わり方をするのか

“最後”の3.11 古舘伊知郎は原発問題にどこまで踏み込むか

今月で「ニュース23」の岸井成格、「報道ステーション」の古舘伊知郎、「クローズアップ現代」の国谷裕子と、3人の大物キャスターが降板する。その中で一番の注目は古舘。果たしてどんな終わり方をするか。 「おとなしく最後の日を迎えて、挨拶するだけでしょ」と思う人も多いだろうが、3・11の放送は踏み込んでくるかもしれない。 例えば2012年3月11日は、被災地からの生中継だっ…

総合司会に名前が挙がるタモリ、古舘伊知郎、萩本欽一

籾井会長が混乱の“元凶” NHK紅白司会は今年も迷走中

ほかにも、フリーアナの古舘伊知郎や、“夏の紅白”といわれる「思い出のメロディー」で司会を務めた萩本欽一の名前まで浮上している。 「意外なところでは『ミヤネ屋』でお馴染みの宮根誠司です。先日、ダウンタウンと共演した際、紅白の司会を狙っていると明言した。宮根の所属事務所は、紅白に絶大な影響力を持つ大手事務所の系列。現実味がないわけではない。ただし、ここにきてSMAPのメ…

テレビ局にとってはお得な司会者

小堺20億円でタモリは? 長寿番組MC“通算ギャラ”のお値段

ちなみに、トークバラエティーとはジャンルが異なるが、「報道ステーション」のキャスターを丸12年間務めた古舘伊知郎(61)は、一部で「古舘プロジェクト」へ振り込まれた額が1年間で30億円、そのうち古舘個人が手にしたのは12億円強と報じられたことも。となると、12年間でざっと150億円弱を手にした計算になる。 つまり、テレビ局にとって、小堺の対価20億円は人気司会者と…

舞台裏で“難問”が噴出/(C)日刊ゲンダイ

「相棒」成宮の降板説も…テレ朝を悩ますヒット番組“舞台裏”

テレ朝としては第4弾、映画化、スピンオフとシリーズ化構想を進めたいのですが、今後は単発のスペシャルドラマがせいぜいでしょう」(ドラマ制作関係者) ■「報ステ」古舘伊知郎も降板の可能性? 月曜から金曜までのプライム帯(19~23時)を支える「報道ステーション」も揺らいでいる。九州電力川内原発再稼働を巡る事実誤認報道(9月10日)で、BPO審議入りの状況下にあるからだ。…

自らインタビューも/(C)日刊ゲンダイ

タブーを大々的に 「3・11」特集で異彩放った「報道ステーション」

「報ステ」は「福島の33人の子供が甲状腺がんになっている」というタブー視されてる事実を大々的に特集! 甲状腺がんと診断された母親に古舘伊知郎氏自らインタビューし、さらにチェルノブイリとの比較や、がんの疑いのある子供への福島県立医大の対応についてもキッチリ苦言を呈した。 ネットでは「お見事!」という称賛と「福島の子供にがんが33人!」と内容を広げる書き込みが目立ち、…

None

島田紳助氏 表舞台復帰あるのか、ないのか

タレントの名前で数字(視聴率)を見込める時代じゃないのは、古舘伊知郎氏の12年ぶりバラエティーで話題を振りまいた『フルタチさん』(フジ系)が低迷中のことからも証明されています。ただ、そうは言っても新番組のPRでどこも四苦八苦している中、島田紳助の名前は(PRの)打ち上げ花火として、とても大きい。実力も折り紙付きだし、そりゃあ戻ってきて欲しいのが本音です」 事務所も、…

同僚とグアム旅行で(左が本人)

喜怒哀楽のサラリーマン時代

泉麻人さん深夜ラジオ出演でペンネームを考えた

47歳と若くして亡くなってしまったんですが、当時の有名な放送作家で、古舘伊知郎さんに目を向けて、古舘プロの立ち上げに関わったような方。アルバイトで編集部に出入りしていて、時間があると、飲みに連れていってくれました。 そうやってかわいがってくださるようになり、TBSの深夜ラジオに遊びにいったんです。ボクがラジオやTVに出るようになったのは、腰山さんのおかげです。 その…

「ミヤネ屋」はあと2年で終わり?

ミヤネ屋あと2年? 宮根誠司“東京五輪キャスター”の野望

読売テレビは東京キー局と比べるとどうしてもギャラが安いので、もっともっと稼ぎたいのかもしれません」(在阪のテレビ関係者) 昨年末、古舘伊知郎(61)の「報道ステーション」降板が発表されると、「テレ朝からの電話待ちです。『ミヤネ屋』が4時に終わって、飛行機に乗ったら間に合う」とラブコール。顔こそ笑っていたが、実は本気だったのかもしれない。 カネに対する執着心はイメージ…

まさかの続投

巻頭特集

甘利続投は安倍“お友だち”内閣の命取りになるだろう

テレビ朝日の「報道ステーション」は古舘伊知郎キャスターが降板して局アナがメーンになり、安倍首相の“メシ友”の政治コラムニストがコメンテーターに浮上している。TBSの「NESW23」はアンカーの岸井成格キャスターが降板、岸井氏は不定期の「スペシャルコメンテーター」に祭り上げられる。NHKでも「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターが降ろされる。テレビ各局が政権の“圧…

「酒つま」最終回に出演する吉田類氏

BS界騒然! あの吉田類氏が他局の酒飲み番組に”初”出演

地上波でいえば『報道ステーション』(テレ朝系)の古舘伊知郎が『NEWS ZERO』(日テレ系)にゲスト出演するようなものなのです」(編成関係者) 確かに吉田氏の事務所に聞いても「NHKや他の民放局にも出演したことはありますが、ほとんどがトーク番組で、飲む番組に出るのは初めてかも知れませんね」とのことだった。 そんなキャスティングはいかにして成功したのか。 「『酒つま…

キャラクターは対照的/(C)日刊ゲンダイ

古舘「報ステ降板」騒ぎ ネットでは「辞めるな」「やらないで宮根」

古舘伊知郎キャスターが「報道ステーション」(テレビ朝日系)を降板する(というか、させられる)のではないか、という話が広がっている。発端は某週刊誌の「テレビ朝日会長との確執」「進む宮根誠司、司会抜擢」という記事。 当の古舘氏は「AERA」(7/14号)で10年ぶりにインタビューを受け、「もうこれだけやらせてもらっているから、べつに明日降ろされても幸せ」と語っている。な…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事