日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

浜矩子特集

いよいよ3月から交渉が始まる

浜矩子氏に聞く 「EU離脱交渉」控える英国の今後の見通し

昨年6月の国民投票当時、英国暮らしが長かった浜矩子・同志社大教授は「離脱が自然だった」と発言していた。欧州で反グローバリズム旋風が吹き荒れる中での英国の特異性と今後の見通し。 ■メイ首相を悩ませる「英EU離脱」三すくみ状態 英国でEU離脱に投票したグループは、実は2つに分かれています。それぞれに名前を付けるとすれば、ひとつは「従来型良識的離脱派」。もうひとつは「にわ…

安倍首相とトランプ次期大統領

浜矩子氏が警鐘 トランプ就任で日本経済は“ミイラ化現象”

辛口批評が定評の浜矩子・同志社大教授の新春インタビュー第1弾。 ■日本からマネー大量流出の可能性 米国はトランプ政権で財政大盤振る舞い体制に入ります。ゼロ金利の出口から強制的に引っ張り出される格好で、昨年12月、既に利上げに踏み切りました。今年はさらに利上げの方向にグッと動くことになる。この金融環境の大きな変化に日本が対応できるのか。これは大問題です。 日本はとても…

浜矩子・同志社大大学院教授

浜矩子氏が警鐘 「アベノミクスは極限的ファシズム経済学」

浜矩子・同志社大大学院教授)…

同志社大大学院教授の浜矩子さん

喜怒哀楽のサラリーマン時代

浜矩子さん「女子」というだけでなれなかった研究職

テレビ、新聞、雑誌で活躍するエコノミストの浜矩子さん(64)は、幅広い教養と知識に裏打ちされた鋭い分析で定評がある。大学教授に転じる前は、日本を代表するシンクタンクの三菱総合研究所に在籍。いかにも研究者らしい経歴だが、最初は研究職ではなく事務職で、お茶くみもやっていた。 ◇ ◇ ◇ 一橋大経済学部を卒業し、三菱総研に入ったのは1975年です。大学院に行くか就職するか…

同志社大学大学院教授の浜矩子氏

MCコメンテーターの診断書

造語名人の浜矩子 皮肉を込めて問題の所在をズバリ指摘

アベノミクスを「アホノミクス」と言い続け「ドアホノミクス」とまで言いだした浜矩子。そこには大阪弁を上手に使いながら「みなさん、ドアホと言いたくなりませんか」という問いかけが込められている。 一橋大学経済学部を卒業後、三菱総合研究所に入社、初代英国駐在員事務所長などを務めた後、同志社大学大学院教授に転身。テレビ朝日「報道ステーション」、TBS「サンデーモーニング」など…

「諸悪の根源はグローバル化ではない」と語る

浜矩子氏が見る仏大統領選 「どちらが勝っても懸念残る」

浜矩子氏(右)と安倍首相&日銀・黒田総裁(左)

浜矩子氏が警鐘 「安倍首相は幼児的凶暴性の強い人」

国内生産のピークは1990年

ニッポン自動車産業の行方

トランプの日本車叩きで要求される米へのインフラ資金

同志社大大学院教授の浜矩子氏(国際経済学)は、「トランプが体系的なビジョンを持っているとは思えません。なにしろ入国禁止の大統領令に『米国らしくない』と涙した民主党幹部を『あれはウソ泣きだ』『だれが演技指導したのか』とこき下ろすような知性の持ち主です。興味があるのは、目の前の勝負に勝つことだけ。取引を楽しんでいるのでしょう」と指摘する。こうなると、ますます厄介だ。 「…

「1億総活躍社会の実現」対話集会での安倍首相と加藤大臣

2017年激変 サラリーマンの暮らし

非正規社員減が狙い 浜矩子氏「働き方改革」の実態を解説

浜矩子氏

気鋭の論客が見通す2017年のゆくえ

浜矩子氏 「世界分断と排他主義が進むのか分岐点の年に」

現在は同志社大大学院教授

喜怒哀楽のサラリーマン時代

浜矩子さんパフォーマンス仕事は三菱総研で評価されず

ロンドン時代の浜さん

喜怒哀楽のサラリーマン時代

浜矩子さんロンドン事務所は三菱商事の一角でスタート

三菱総研時代の浜さん

喜怒哀楽のサラリーマン時代

浜矩子さんレーガン時代に恐れられた課徴金制度を研究

メディアに出始めた頃は黒髪だったという

喜怒哀楽のサラリーマン時代

浜矩子さん「事務副主任」の肩書で経済分析

浜矩子同志社大大学院教授

浜矩子氏が警鐘 「EUショックはコストカットの口実に」

独立党のファラージュ党首は「独立の夜明け」と大ハシャギ

巻頭特集

民意に否定されたグローバリズム 英国EU離脱大混乱の先

三菱総研の元ロンドン事務所長で、イギリス経済に詳しい同志社大教授の浜矩子氏(国際経済学)はこう言った。 「EUによる規制強化への不満や、流入を規制できない移民に対する反発は、欧州全域に広まっています。イギリスが飛び出した後も、伸び伸びと経済活動できると分かれば“主権回復”を求める離脱ドミノは避けられません。そもそも、経済の実態も歴史的風土も文化の成熟度も母国語すら違…

安倍首相

巻頭特集

大企業も春闘失速…中小企業と弱者の惨状

このトンチンカンや無知、冷血ぶりは犯罪的と言ってもいいくらいなのだが、折も折、同志社大教授の浜矩子さんが毎日新聞のコラム、「危機の真相」(3月19日)でこんなことを書いていた。日本は「地下経済化している」というのである。 ■庶民が不条理を放置していいのか 〈人々は自己防衛のために地下に逃げ込まざるを得なくなるかもしれない。善良な人々による地下経済の誕生だ。現に今の…

浜矩子氏

著者インタビュー

「EU消滅」浜矩子氏

浜矩子さん

この人に密着24時間

エコノミスト浜矩子さん「いつも締切に追い抜かれてます」

レギュラー専門家のひとりで、経済の時事問題について15分ほど解説 7:00 メールチェックと原稿執筆 8:00 朝食 9:30 自宅を出て、東京・京橋の同志社大学東京オフィスへ 10:00 書籍発行に関する打ち合わせ① 12:30 依頼講演に関する打ち合わせ 13:00 書籍発行に関する打ち合わせ② 15:00 雑誌取材対応① 16:30 雑誌取材対応② 18:00…

新書あらかると

「さらばアホノミクス危機の真相」浜矩子著

(毎日新聞出版 1100円+税)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事