日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「堺雅人 菅野美穂」に関する記事

None

堺雅人&菅野美穂 “箝口令”敷かれた挙式会場の本命は…

堺雅人(40)と菅野美穂(36)夫妻が滞在先のハワイから帰国。ウワサされた挙式はせず、両家の親族の食事会だけで済ませたようだ。 となると、気になるのが、ホンモノの挙式場所だ。実はこの2人、昨年、島根県の出雲大社に挙式の申し込みをしていたが、関係者がツイッターでバラしてしまい、挙式を延期した経緯がある。 「ただし、年も改まったことでやはり当初の意向通り、出雲大社で挙式…

結婚でイメージアップ/(C)日刊ゲンダイ

「平成の吉永小百合」に “愛され女優”菅野美穂の庶民力

友達を招きたくなるような家づくりがしたいですね」 昨年4月、堺雅人(41)と結婚した新妻・菅野が明かした理想の住まい像。「住む人の誇りをカタチにする。それが私たちの誇り。」という同社の理念に共感したとも話し、マイホームを建てる際は「三井ホームさんでお願いしたい。ぜひ相談に乗ってください!」と社長に直談判。トークでは素直な感想を挟み、終始、気取らない人柄を感じさせる会…

今年主演ドラマ復帰

芸能界を生きる女のサバイバル術

苦い過去も余裕で流し…菅野美穂は“普通”を続け生き残る

その後も特に光る代表作が見当たらないのに、コンスタントに女優業を続け、3年前に「半沢直樹」でブレークした堺雅人と35歳で結婚。昨年出産し、今年主演ドラマで復帰した。順風満帆の人生は、20歳の時に早々と一発逆転した恩恵なのか。 77年埼玉県出身。東武東上線にある団地の5階に住み、兄弟たちと空手道場に通う活発な子供だった。中学の時に応募したコンテストでグランプリを獲得す…

左から菅野美穂、佐々木蔵之介、二階堂ふみ

名字で見る有名人のルーツ

【菅野美穂】関東以北では「かんの」、西日本では「すがの」

■菅野美穂 一昨年、堺雅人と結婚し、その後はあまり表舞台に登場していない菅野美穂(37)。「菅野」という名字は関東以北に集中しており、西日本ではあまり多くない。そして、関東以北では「かんの」と読むのが主流なのに対して、西日本では「すがの」が中心。埼玉県出身の菅野美穂の両親は岩手県の出とのことだが、岩手県では実に97%以上が「かんの」である。「かんの」と読む「菅野」の…

左から岩田剛典、菅野美穂、松嶋菜々子

「半沢直樹2」のカギ握る 菅野美穂ドラマ「砂の塔」の成否

このドラマが高視聴率を取れば、菅野の夫である堺雅人が気分を良くして、大ヒットドラマ「半沢直樹」の続編に前向きになるのではないか、といわれているのだ。 「堺サイドでは『半沢直樹』のイメージ定着を避けたいうえに、大河ドラマ『真田丸』など出演予定ドラマも重なっていた。そのため、なかなか続編に首を縦に振らなかったのですが、大河撮了を機に出演交渉の余地が生まれてきた。その際に…

左から、岩田剛典、菅野美穂、松嶋菜々子

菅野美穂“舌好調”の裏側 タブーだった写真集の話題も解禁

昨年8月、夫で俳優の堺雅人(43)との間に第1子の長男を出産した女優の菅野美穂(39)だが、本格復帰早々、大車輪の活躍だ。 ともに今月スタートしたNHKの朝ドラ「べっぴんさん」ではヒロイン・芳根京子の母親役を、4年ぶりの連ドラ主演となったTBS系「砂の塔~知りすぎた隣人」ではタワーマンションの“ルール”と戦う母親役を演じている。 そんな菅野だが、あまりの“舌好調”ぶ…

事務所の2トップ

菅野美穂が産休突入で…“稼ぎ頭”天海祐希にのしかかる重圧

GW中に俳優の堺雅人の妻で女優の菅野美穂が第1子を妊娠、秋ごろに出産予定であることを発表した。堺は現在、主演ドラマ「Dr倫太郎」(日本テレビ系)が放送中で、夏ごろからは主演する来年のNHK大河「真田丸」の撮影がスタートするなど多忙な日々を迎える。 「堺は妊娠を機に菅野に家に入ってほしかったようで、菅野もすんなり堺の意向を受け入れた。今後は育児に専念するようで、仕事は…

あびる優、中澤裕子は今月無事に出産

菅野美穂も出産へ 芸能界ベビーラッシュに見る“時代の変化”

菅野美穂(37)と堺雅人(41)夫妻が第1子を授かったと公式サイトで発表すれば、元モーニング娘。の中澤裕子(41)は第2子となる男児を出産。タレントあびる優(28)は第1子となる女児に恵まれたと事務所を通じて発表した。 来月は伊東美咲(37)、「森三中」の大島美幸(35)が予定日を迎え、さらに夏から秋にかけ、井上和香、佐藤江梨子、広末涼子、国仲涼子、上戸彩から喜び…

披露宴のお色直し?/(C)日刊ゲンダイ

菅野美穂が華やか着物姿 ジミ~な新婚生活とは正反対?

夫の堺雅人の41歳の誕生日当日(先週14日)には夫婦そろってスーパーのビニール袋をさげて帰宅、翌日もわざわざ2人で山手線に隣の駅まで乗り、事務所の車に乗り継ぐ一部始終を女性誌に報じられた。 家庭も仕事も順調そのもの。これからは一段と寒さが増すが、ここんちのフトコロは温まる一方だろう。…

None

「ハイボール」で受賞 まだまだ続く菅野美穂の結婚特需

この日は夫・堺雅人(40)について触れることはなかったが、何だか新婚家庭の食卓が目に浮かぶようである。 今春の結婚を機に女優業はセーブし、CMがメーン。生保、医薬品、化粧品、車、食品メーカーなど現在8社のCMに起用されている。堺ともども好感度の高い夫婦だけに“結婚特需”はいまだに衰え知らず。そのうち洗濯機を回したり、マイホームでくつろぐCMがお目見えしたりして。…

松嶋菜々子(左)と菅野美穂

フジ松嶋ドラマ「吉良奈津子」低迷でTBSが真っ青なワケ

堺雅人主演の大ヒットドラマ「半沢直樹」のことだ。菅野はいわずと知れた堺雅人夫人。「砂の塔」に菅野を引っ張ってきたのはドラマをヒットさせて堺を引っ張り出そうというもくろみもあるからで、「家政婦のミタ」(日本テレビ系)の大ヒットがある松嶋も巻き込んで、盤石にしようと考えていたわけだ。 それなのに、10月からの「砂の塔」が負の連鎖でズッコケたら、TBSの悲願、「半沢直樹」…

交際を認めた竹野内豊と倉科カナ、結婚を発表した向井理と国仲涼子/(C)日刊ゲンダイ

大物カップル続々も…芸能人が「豪華披露宴」をやらない理由

ここ1、2年では仲里依紗(25)・中尾明慶(26)、堺雅人(41)・菅野美穂(37)、上戸彩(29)・EXILEのHIRO(45)、小栗旬(31)・山田優(30)と、まさに立て続けだ。 ところが、テレビ局と芸能プロダクションからは嘆き節が聞こえてくるという。なぜなら、かつてなら結婚情報とセットでくっついてきた豪華な挙式と披露宴だが、最近ではそんな派手な話が皆無に近い…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事