日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「舘ひろし 映画」に関する記事

2015年ラインナップ発表会/(C)日刊ゲンダイ

東映が「あぶない刑事」ファイナルで挑む“独り勝ち東宝の壁”

舘ひろし(64)と柴田恭兵(63)演じるタカ&ユージのグラサンバディによる刑事ドラマの復活だ。12年夏に発売したドラマ全話と映画のメーキング映像を収録したDVDマガジンが、累計120万部とバカ売れしたのがきっかけだという。 通称「あぶデカ」は1980年代後半に連ドラがスタートして以降、たびたび特番が放送されてきた。映画はすでに6本。ところが、最新作の7本目をもって終…

(C)2016「さらば あぶない刑事」

大健闘「さらば あぶ刑事」で菜々緒だけがさっぱりなワケ

刑事バディーもののパイオニアであり、舘ひろし(65)と柴田恭兵(64)を“男”にした人気シリーズだ。映画も翌87年公開の「あぶない刑事」を皮切りに7本製作されたが、テレビ版も劇場版も今作で打ち止め。ストーリーは5日後に定年退職を控えたタカ&ユージが凶悪な南米マフィアとの戦いに立ち向かい、ド派手なアクションをもって暴れ放題するというもので、監督も脚本もテレビ版同様の面…

石原裕次郎二十三回忌イベント発表会見(舘ひろし、渡哲也、石原まき子、神田正輝)/(C)日刊ゲンダイ

原因は台所事情? 石原プロ「新年会」再び中止で流れる臆測

渡哲也(73)をはじめ、舘ひろし(64)、神田正輝(64)ら所属タレントが一堂に会する年始の恒例行事。当日は取材に訪れた報道陣全員にもれなく“福沢諭吉センセイ”1枚がお年玉として配られることでも知られたが、時勢を鑑みて3年前にお年玉制は廃止。それを嘆く週刊誌記事もあったほどだ。 「石原プロは、映画界の古き良き時代のスタイルを継承する事務所。新年会はそれを最も象徴する…

11年ぶり「さらば あぶない刑事」も話題

ビジネスに使えるスターたちの処世術

周囲への気遣いと男気 業界に「舘ひろしファン」が増える理由

これまで、気さくな人柄の神田正輝(65)、隠れた発想力の渡哲也(74)を伝えてきたが、そうなると舘ひろし(65)のことを言わないわけにはいかない。舘といえば、アクション俳優であり、コミカルな演技にも定評がある。以前、セックスレス夫婦の夫を演じたときは「もう、ずいぶん前から、役づくりをしている」と笑わせ、完成披露宴でも「まだ役づくりは続いている」と冗談ばかりを言ってい…

石原裕次郎記念館は来年8月末に閉館

裕次郎記念館の閉館で再燃 「石原プロ危機説」は本当か?

元社長だった渡哲也(74)が現在リハビリ中の身で、稼いでいるのは舘ひろし(66)と神田正輝(65)ぐらい。これで30人のスタッフを食わせていくのは、かなり無理がある。 「渡哲也が社長を辞任し、実質経営権を(裕次郎の妻の)石原まき子さんに渡したことで世間の耳目を集めた“大政奉還”(2011年5月)も実は体のいいリストラ策でした。渡のほか、業界ではヤリ手で知られていた小…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事