日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「仲里依紗 出演」に関する記事

事務所の先輩にも劣らぬ活躍ぶり

ブレーク夜明け前 あのCM美女の正体

演技力で評価急騰 吉本実憂は剛力彩芽&武井咲に続けるか

同ドラマはこれまで何度も映画・ドラマ化され、原田知世、仲里依紗、南野陽子、内田有紀、安倍なつみなど、そうそうたるアイドルが出演してきたスター登竜門。 「美少女なだけでなく、演技もできると、吉本の評価は高まっている。主役ではありませんが、未来から来た女性研究員という原作にない重要な役柄に起用されるのは、製作側がどうしてもこのドラマに吉本を出したかったからだと思われます…

中尾明慶、田口浩正、佐藤仁美/(C)日刊ゲンダイ

佐藤仁美にプレゼント贈るなら…喜ばせるのは「花束より現金」

共演した仲里依紗(25)の夫で俳優の中尾明慶(26)が、妻へのプレゼント談議について語った際には、女の“本音”をこう言い切った。 「花束を贈ってすべての女性が喜ぶとは限らないですからね。本当にうれしいのは現金です!」 結婚しない(できない?)理由が垣間見えたような……。…

64歳になったばかり/(C)日刊ゲンダイ

ドラマ「昨夜のカレー 明日のパン」で鹿賀丈史が見せた新境地

嫁を演じるのが、主演の仲里依紗(24)。一見、若者向けだが、実はショボくれた義父の鹿賀丈史(64)がいい。 鹿賀といえば中年には松田優作と強盗を演じた映画「野獣死すべし」や「振り返れば奴がいる」(フジテレビ系)などハードボイルドなイメージなのに、本作では出て行かない嫁に気を使う冴えない初老の親父役。食事中に、出て行く、行かないの話になり、テツコから「私が(お義父さん…

におい立つ男の色気/(C)日刊ゲンダイ

“年下女性”も芸の肥やし…浅野忠信が突き進む「名優」への道

■ハーフモデル、仲里衣紗、女子大生… まず、離婚から半年足らずでハーフモデルのダイアナチアキ(26)とのデート現場を報じられ、続いて、ダイアナと同郷の幼なじみという仲里依紗(24)との交際が発覚。街中や駅などで人目もはばからずキスしまくる姿が“フライデー”された。しかし、ビッグカップルと注目されたが約10カ月で破局……。その後もモデルの麻宮彩希(20)、この6月に…

数字はまずまず/(C)日刊ゲンダイ

主役級揃え濃厚展開…フジ「月9」のギラギラに漂う“違和感”

ほかにも三浦友和や小林薫、仲里依紗が脇を固め、ゲストは夏菜。それでいて合法非合法なんでもありのカネにまつわるストーリーで、ミナミの帝王の竹内力までいるのです。これが月9なの? という感じでした」 人気の原作があるのだから、ストーリーは練られているのだろう。芸達者もそろっている。ただ、これまでに培ってきた月9のイメージを壊してまでやる作品なのかは疑問なのだ。 「前クー…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事