日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

吉川尚輝特集

守備は菊池より上の評判

巨人1位・吉川尚輝 父は甲子園球児で母は名セッター

巨人ドラフト1位の吉川尚輝(21)の父・好さん(58)は、岐阜県羽島市出身。東海道新幹線の岐阜羽島駅から南に数キロ、長良川の近くで育った。今の自宅も近所にある。 76年夏、市岐阜商高の「1番・中堅」で夏の甲子園に出場。元甲子園球児の好さんがこう言う。 「監督や先輩との上下関係が厳しくて、今では考えられませんが、殴る蹴るは当たり前の時代。最初は同級生が50人ほど入部し…

遊撃守備で好守を連発した吉川

巨神も動いた 中京学院大・吉川尚輝「評価」急上昇の理由

今秋ドラフト上位候補の中京学院大・吉川尚輝内野手(4年=中京高)が、昨6日に開幕した全日本大学野球選手権で初出場初勝利に貢献した。 日本文理大戦の初回1死三塁の初打席で、中越え先制適時三塁打。定評のある遊撃守備でも、再三の好守でチームの初戦突破を牽引した。「神宮に来て鳥肌が立った。守備でもアピールしていきたい」と上々の全国デビューに笑顔を見せた。 50メートル5秒…

三拍子が揃う内野手の吉川尚

極貧打線のおかげで…巨人ドラ1吉川“ぶっつけ開幕”急浮上

そんな中、合流が待たれるのが、ドラフト1位ルーキーの吉川尚輝(22=中京学院大)だ。 「上半身のコンディション不良」のため、キャンプは三軍。これまでひっそりとリハビリと調整を進めてきた。すでに実戦デビューは済んでいるが、12日の二軍戦で初の遊撃守備に就いた。13日は玉川大との三軍戦に「1番・遊撃」で出場。3打数1安打だった。今週の二軍戦2試合に出場し、ゴーサインが出…

ドラフト3位の谷岡は実戦派

地味ながら即戦力候補 巨人ドラ3谷岡&ドラ4池田の実力

軽快なフットワークを見せる1位の吉川尚輝(21=中京学院大)と、身長201センチ、体重125キロの巨漢を誇る7位のリャオ・レンレイ(23)。リャオはキャッチボールで140キロ超えの剛速球に豪快な打撃も見せて周囲の視線を独占した。 対照的に、ほとんど報じられていない2人の評価が実は高いという。ドラフト3位・谷岡竜平(20=東芝)と同4位・池田駿(24=ヤマハ)の2投手…

高橋監督(左)が見守る中、体を動かす吉川尚(中央)とリャオ(右)

由伸監督の注意に忠実 Gドラ1吉川“新人離れ”スロー始動

高橋由伸監督(41)ら首脳陣が勢揃いで見守る中、最も目を引いたのは、ドラフト1位・吉川尚輝(21=中京学院大)――ではなく、ドラフト7位の台湾人右腕・廖任磊(23=リャオ・レンレイ)だった。 キャッチボールの際、あっという間に約10メートルの距離まで離れると、身長201センチからブルペンさながらの全力投球を開始。相手役を務めた育成6位捕手の高山が、「座ったらもっと角…

正二塁手筆頭候補だが…

ドラ1吉川尚にも“巨人の掟”…正二塁手への時間わずか1年

巨人のドラフト1位・吉川尚輝(21=中京学院大)が4日、岐阜・長良川河川敷にある「高橋尚子ロード」で自主トレを公開。シドニー五輪金メダリストのゆかりの地でランニングなどを行い、「気が引き締まった。日本一、世界一の選手を目指したい」と話した。 大学の先輩に広島・菊池がいる。二塁手で4年連続ゴールデングラブ賞を受賞し、侍ジャパンにも選出されている名手だが、2人の恩師でも…

2013年に28発のマギーも巨人に入団

カミネロ獲得なら6人 ダブつく巨人助っ人“冷や飯”は誰だ

高橋監督はドラフト1位ルーキーの吉川尚輝(21=中京学院大)に「セカンドをやらせる」と明言。競争を強調している。外国人枠だけでなく、正二塁手争いまで強いられる。助っ人として気分がいいものではないだろう。 ■火種封じも監督の仕事 古巣のロッテ関係者によると、右太もも裏の肉離れや両脚のけいれんなど足に故障歴があるのを理由に、走ることを極端に嫌がっていたという。巨人でも…

期待の大きい吉川尚輝(右)と高橋監督

巨人の規律は大丈夫? ドラ1吉川尚に“取扱い注意”の横顔

その中でも、ひときわ大きな歓声を浴びたのは、ドラフト1位・吉川尚輝(21=中京学院大)だ。背番号「0」を背負い、「一日も早く東京ドームでプレーできるように頑張ります」と挨拶した。 恩師の中京学院大・近藤正監督は「先輩の菊池(現広島)の大学4年時と比べてもほぼ同レベル。同じショートですが、守備は吉川の方が上」と言い切る。ただ、難しいのは「接し方」「取り扱い方」だ。近藤…

阪神から1位指名され、笑顔で会見した大山

直前に佐々木を回避…阪神ドラ1で大山獲得の“真相と今後”

巨人が外れ1位で指名した吉川尚輝(中京学院大=内野手)や中日が2位で指名した日大の京田陽太(内野手)よりパワーがあり、本塁打が打てる。昨年1位で取った高山もそうだが、金本監督はホームランが打てる打者を欲しがっていた。とはいえ、03年の鳥谷(自由枠)以来の1位指名ですから思い切ったものです」 金本監督は大山のサプライズ指名について、「(1位指名は)基本的には投手だった…

外れの外れ1位で指名された吉川

2016年ドラフト会議 全内幕

巨人1位の吉川 アマ球界No.1遊撃手に仰天“コンバート案”

ともに5球団が競合した田中正義(創価大)と佐々木千隼(桜美林大)の右腕を相次いで外した巨人は、「外れの外れ1位」で吉川尚輝(中京学院大)の交渉権を獲得。吉川は、「走・攻・守の3拍子が高いレベルで揃い、開幕スタメンも期待できる」(在阪球団スカウト)とプロから高く評価されていた。そんなアマ球界ナンバーワン遊撃手がしかし、巨人ではいきなりコンバートされる可能性が大である。…

この日も絶好調

4安打2盗塁の中京学院大・吉川 スカウトの評価どう変化

スポーツ紙が「ドラフト1位候補」と騒いでいる中京学院大の吉川尚輝遊撃手(4年=中京)が、また、株を上げた。 先制の中越え適時三塁打を放った前日の全日本大学野球選手権1回戦に続き、昨7日、桐蔭横浜大との2回戦は4安打2盗塁で勝利に貢献した。 最初の3安打はプロ注目の左腕・高橋拓巳からのもの。最後の1安打も同様にドラフト候補の右腕・斎藤友貴哉から放った。 「2年時から3…

好素材は間違いないが…

プロ注目も“鳥谷2世”の道険し 早大・石井なぜ評価低い?

そういう部分が出てくると評価も変わってくるんだが……」 今秋のドラフト戦線はこの石井をはじめ、日大の京田陽太(4年=青森山田)、中京学院大の吉川尚輝(4年=中京)の3人の遊撃手が注目を集めている。現状では、京田が守備力、走塁力で最も高い評価を得ているようだが、即戦力の遊撃手は絶対数が少なく、ノドから手が出るほど欲しい。たとえば阪神は鳥谷の後継者探しが急務だ。 スカウ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事