日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「北島三郎 小林幸子」に関する記事

左から時計回りに、小林幸子、八代亜紀、神野美伽、吉幾三

“ラスボス”小林幸子の効果大 演歌界は猫も杓子も若者対策

果ては紅白を卒業した北島三郎(79)まで演歌歌手7人とのデュエット企画を、AKBをもじって「神セブンだ」などと言い出しているのだ。 演歌歌手たちの視線がなぜ急に若い人たちに向かっているのか。芸能評論家の肥留間正明氏がズバリ指摘する。 「昨年、4年ぶりに『紅白』に復帰できた小林幸子の“ラスボス旋風”が大きいと思います。12年に“育ての親”だった女性社長をクビにしたこと…

2年連続で落選中/(C)日刊ゲンダイ

小林幸子「NHK紅白復帰」情報…元事務所社長側と和解か

今年の紅白は北島三郎も出ないし、目玉が『アナ雪』くらい。小林を美川憲一とセットで復活させたら衣装対決で盛り上がるという計算も働いている」(前出の関係者) 8月にはオタクの祭典とも呼ばれている夏コミ(夏のコミックマーケット)にも参戦する小林だが、演歌歌手にとってNHK紅白は生命線。 水面下で流れる復帰情報が夏のお化けじゃなければいいが。…

NHK紅白歌合戦の軍配はどちらに?

2015年紅白歌合戦をより楽しむための「10の基礎知識」

⑤森進一は見納め? 「北島三郎は50回出場で紅白を勇退しました。一方の森は今年がデビュー50周年。区切りの年です。これが最後という条件をのんで出場を勝ち取った」(音楽関係者) ⑥きゃりーぱみゅぱみゅがいない! 「表向きの理由は今年の活躍やNHKへの貢献度が高くなかったから。実際は、破局した元恋人『SEKAI NO OWARI』のボーカルFukaseとのバッティング…

紅白の救世主としても期待/(C)AP

全米OP中継で泣いたNHK 錦織に「紅白」出演依頼の皮算用

北島三郎も“卒業”した今、小林幸子と美川憲一の衣装対決の復活プランまで囁かれるほど目玉がないのだ。 そんな寂しい状況下で、日本人初のグランドスラム決勝進出という快挙を成し遂げた錦織は、盛り上がりに欠ける紅白の救世主として申し分ない。 公共放送の威信をかけ、大晦日ばかりは今回のように「後手」に回るわけにはいかない。…

あの対決が再び?/(C)日刊ゲンダイ

「アナ雪」松たか子とMay.Jコラボは…紅白の目玉は?

紅白は暮れに近づくと、なんとかの一つ覚えのように「目玉なし」といわれるが、今年もドンといわれた北島三郎が紅白を卒業、状況は同じだ。白羽の矢が立っているのは国民的大ヒットとなった「アナと雪の女王」のテーマ曲「LET IT GO」。企画としてはMay.Jと松たか子の夢の共演なのだが、内々に打診したまではいいが……。 「松サイドは『私は女優でアーティストではないから………

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事