日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ちい散歩・出演者の関連ニュース

親しみやすさでは上をいく

「ゆうゆう散歩」終了…テレ朝が若大将の後釜に狙う松岡修造

故・地井武男の「ちい散歩」(テレビ朝日系)を3年前から引き継いだ加山雄三が放送中の「若大将のゆうゆう散歩」を9月いっぱいで卒業することが発表された。今のところ、番組を継続するか未定だが、「やめたくない」というのがテレ朝の本音。 すでに次に向けて人選も進んでいるといわれている。 「テレビ局にとって午前の時間帯にヒット番組をつくるのは結構大変。その意味で、視聴率が10%…

年上の男性がタイプ?

テレ朝・矢島悠子アナに職場不倫報道 50代制作会社社長と

矢島アナは11年に、レギュラー出演していた「ちい散歩」の担当プロデューサーと結婚していて、離婚はしていないという。報じられた社長との付き合いが事実なら、立派な不倫となる。社長自身はバツイチの独身らしい。 同誌では、矢島アナと社長が寄り添って歩く様子や焼き肉デートを写真付きで報道。2人が社長の住むマンションに入っていく密会現場もキャッチしていて、矢島アナは社長宅に入…

所属事務所を通じて苦しい言い訳

ケチが災い 加山雄三がゴーストライター騒動で汚した晩節

記事が出てももはや“時効”でなんとかなると思っていたのかもしれませんが」(音楽関係者) 12年5月からは故・地井武男さんの出演していたテレビ朝日系「ちい散歩」を引き継ぎ「若大将のゆうゆう散歩」に出演するも、「“上から目線”で親しみやすさはまったくなく、『まるで大名行列のようだ』と揶揄されたことも。結局、3年半ほどで終了してしまいました」(テレ朝関係者)。 永遠の若大…

惜しまれて逝った地井武男さん

ビジネスに使えるスターたちの処世術

地井武男の愛されキャラ 一線退いたサラリーマンは参考に

他局の「ちい散歩」が話題になっていたころ、控室でしゃべっていて、彼にこんな話を伝えたことがある。 「ヒドい話がありましてね。ドラマのラブシーンで、本番撮影の時に有名俳優が“物理的”にソノ気になって、あわやというところまでいったそうです。共演の有名女優は頭にきたけど、本番中で演技し続けるしかなかったそうで……」 すると地井さん、「あー、昔の映画じゃあ、よくあったんだ…

高田純次は大のハムカツ好き

原因はハムカツ…高田純次「じゅん散歩」に意外な不評

そんな中で、「ちい散歩」からこの「散歩」シリーズを見てきた高齢者から不満の声が上がっているという話が……。 その理由は「ハムカツ」。高田は大のハムカツ好きで、商店街を通ると必ずといっていいほど肉屋に立ち寄り、ハムカツを注文する。早朝などでまだ揚がっていない時はご丁寧に「帰りに寄るから」とちゃっかり注文し、後で取りに来るといった具合。 「こんなハムカツを探していた」…

テキトーさがなんとも魅力

3代目“散歩人”高田純次の魅力は「あまりのいい加減さ」

地井武男の「ちい散歩」、加山雄三の「ゆうゆう散歩」に続き、3代目の散歩人になったのはご存じ、テキトー男・高田純次(68)。初日は有楽町からスタート。その冒頭でいきなりこんなふざけた挨拶をかましてくれた。さらに、バスに乗り込もうとして「とりあえず、バスに乗ってバスの旅にしちゃいますか? いろんな局がやってるからなあ」と、脱力感たっぷりのコメント。 他にも店のあるじに…

「ゆうゆう散歩」は9月いっぱいで卒業

腕の毛を剃り…番組卒業する加山雄三の“サプライズ”に衝撃

12年5月、「ちい散歩」の後を受けてスタートして3年半。よく続いたものだ。なんといっても、歩くのが嫌いときている。散歩番組にとってこれは致命的だ。 最初こそ張り切って歩いていたが、徐々に歩かなくなり、万歩計の数字が1800歩なんてこともしょっちゅう。今では加山の散歩姿が見られるのは月、火曜のみ。水曜は「夢さんぽ」と題して、加山が夢を追う人を訪ねて応援する企画、木曜は…

体力的にもキツくなったのか

まるで大名行列だった…加山雄三「ゆうゆう散歩」卒業のウラ

「故地井武男さんの『ちい散歩』終了を受けてスタートした同番組。腰が低くて親しみやすい地井さんと違い、加山はまるで大名行列のようにスタッフを引き連れ、常に“上から目線”。やれ暑いだの、うまいものがないだの現場で愚痴ばかりこぼしていた。番組のタイトルそのままに悠々自適でしたね」(テレ朝関係者) 加山以後、「散歩」番組が継続されるかなどは一切未定だというが、 「高齢タレ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事