日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「三谷幸喜 会議」に関する記事

NHK大河「真田丸」を控える三谷監督

興収予測も低調 三谷幸喜「ギャラクシー街道」が不評なワケ

今や日本一のヒットメーカーと称賛される三谷幸喜(54)が監督&脚本を手がけた最新作「ギャラクシー街道」の評判が散々である。 映画は主演のSMAP香取慎吾(38)をはじめ、綾瀬はるか(30)、大竹しのぶ(58)、西田敏行(67)、段田安則(58)、石丸幹二(50)……と一線級がズラリ。三谷監督初のSF作品でロマンチックコメディーをうたっており、共同製作のフジテレビも宣…

None

映画「清須会議」好発進 妻夫木聡の“業界評”

バカです!」 9日に都内で行われた三谷幸喜監督(52)の最新作「清須会議」の舞台あいさつで、俳優の妻夫木聡(32)は、そんなことを言って会場を笑わせていた。 妻夫木が演じたのは、自分では頭がいいと思っているバカ殿役。三谷監督が「僕は基本的に当て書き。妻夫木さんにもバカ殿のイメージがまったくなければ書けない」なんて冗談を飛ばしたものだから、渋々認めたのだが、もちろん妻…

面白さ優先で久々の高視聴率に貢献

酷評どこ吹く風…好調「真田丸」は三谷幸喜の“作戦勝ち”

「真田丸」の脚本を担当しているのは、ご存じ三谷幸喜氏(54)。04年の大河「新選組!」に続いて2度目の登板で、こうした批判にさぞや打ちひしがれていることと思ったら、さにあらず。NHKの公式本「真田丸」のインタビューですでに「面白宣言」をしていた。こんな具合。 〈大河ドラマは『ドラマ』なんです。歴史の再現ではない。やはり、登場人物の息吹が感じられないと、ドラマとして…

いまや三谷作品の常連/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

ベテラン声優・山寺宏一が感謝する三谷幸喜からの“説教”

脚本は三谷幸喜さん(53)で、以来、三谷作品の常連のひとりになった。 ■映画の吹き替えを見て「出ないか」とオファー 初めて三谷さんとお会いしたのは2000年の春ごろ。仲を取り持って下さったのは声優の先輩でもある戸田恵子さん。三谷さんは駆け出しの頃から戸田さんの大ファンだったらしく、戸田さんの連ドラ初出演作「総理と呼ばないで」(フジテレビ系)は脚本を書いた三谷さんが直…

None

映画「清須会議」に評論家「大河より見応え」と論じる理由

歴史好きを公言する三谷幸喜監督(52)が、満を持して取り組んだ時代劇ムービー「清須会議」。例によって自らPRマシンと化し、新聞に雑誌にテレビにと出まくっていたが、実入りは期待できないようで……。 「公開から2週連続首位をキープしていますが、興行収入は最終で30億円いくかどうか。60億円を超えた『THE 有頂天ホテル』(06年)の半分程度でやや物足りない結果になりそう…

None

一般女性じゃなかった…三谷幸喜が妻の“素性”を隠すワケ

公開中の映画「清須会議」も好調な三谷幸喜監督(52)は、公私ともにノリノリだ。 今年8月に19歳年下の一般女性と再婚したと発表したが、ただの一般女性ではなかった。もとは前妻の小林聡美(48)と同じ「女優」だったと、発売中の週刊女性が報じている。 何でも三谷監督の再婚相手は、99年公開の映画「千年旅人」(辻仁成監督)で、応募総数1200人のヒロインオーディションを勝ち…

イラスト・中村深琴

嫉妬、憎悪…コンプレックスの日本史

豊臣秀吉は農民の劣等感から名家の娘に手を出した

三谷幸喜監督はわずか数日の会議をコミカルに描きつつ、秀吉の狡猾さを突きつける。ラストで勝家を見送ったあと、秀吉が妻おねに吐く言葉が怖い。 天下統一を成し遂げたあと、秀吉は朝鮮出兵を実施した。これは彼の劣等感のせいといわれる。世が平和になれば武士は武辺一辺倒でなく、教養と出自を重視される。それは秀吉にとって困った事態。そこで戦争状態を長引かせようとしたというのだ。…

武士たちのお母さん役

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

鈴木京香演じる北政所 史上最高アゲマン美女の複雑な女心

鈴木は三谷幸喜脚本・監督の映画「清須会議」では、役所広司演じる純情な柴田勝家を誘惑する妖艶なお市(信長の妹)を熱演した。三谷が全幅の信頼を置く女優・鈴木京香が、賢夫人の愛と信頼と複雑な心境をどう見せるか。名場面の予感がする。…

軍資官兵衛の243億円を超えることができるか

官兵衛超えなるか 「真田丸」ゆかりの地がはじく経済効果

早くも客離れが心配されていたNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)だったが、5話(7日放送)の平均視聴率は19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と前回より1.2ポイント増となり、ふたたび上昇気流に乗った。 主人公真田信繁を演じる堺雅人(42)以上に、際立った存在感を見せる真田家当主(昌幸)役の草刈正雄(63)がまだまだ盛り上げてくれそうな予感だが、そんな真田…

焼きが回った企画

「なるほど」「スター千一夜」 往年の人気番組の焼き直しに呆然

2010年、三谷幸喜のオリジナルドラマ「わが家の歴史」の放送を前に「スター千一夜2010 わが家の歴史」という番宣番組として復活し、その後も「スター千一夜2013 三谷会議」「スター千一夜2015 オリエント急行殺人事件スター集合!」と、三谷の新作が作られるたびに、番組が復活する。 今回も新作映画「ギャラクシー街道」の宣伝がらみだ。こちらも「スター千一夜」とは名ばか…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事