日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長友佑都 トレーニング」に関する記事

チュニジア戦を前に調整に励む日本代表選手

いよいよ船出のハリル日本 “構想外”に浮上する常連の名前

ブラジルW杯のレギュラー組で遠藤に次いで構想外になるのは一体、誰なのか? 「今合宿を持病の右太もも痛で回避した左サイドバックの長友佑都です」と、あるサッカージャーナリストが続ける。 「彼はセリエAで何度も左膝を痛め、戦列を離れている。タフなイタリアサッカーに揉まれて満身創痍です。所属のインテルの放出リストに載っているという現地報道が相次いでいるのも、ケガ続きで戦力と…

「ブラジルW杯で燃え尽きた」と話した長友(C)六川則夫/ラ・ストラーダ

イタリア語堪能インテル長友が描くセカンドキャリアの正体

セリエA・インテル所属の日本代表DF長友佑都(28)の口から「引退も考えた」と衝撃発言が飛び出したのは、帰国した23日に出席した「体幹トレーニング本のPRイベント」終了後、囲み取材を受けた時だった。「ブラジルW杯で燃え尽きてしまった。引退してセカンドキャリアを選択しようと思った時期もあった」(長友) 報道陣から「セカンドキャリアとは?」と聞かれても、長友は「引退する…

今後は専務理事に専念/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

原博実氏が語る「ザック日本の敗因」「専務理事兼務への批判」

試合をこなして疲労をためていたFW岡崎慎司やDF長友佑都たち。W杯イヤーでタイトなJリーグ日程で頑張ったJリーガー。代表チーム内の《コンディショニングのバラつき》にも苦労しました」 ――ブラジルでは、各国選手の「戦う気持ち」を強烈に感じました。 「欧州でプレーしている選手が『相手の当たりが違う』と言うから『いつも対戦して慣れているのでは?』と聞いた。すると『欧州チャ…

香川を見守るザッケローニ監督/(C)JMPA

香川は左MF起用で心中? ギリシャ戦で決断迫られるザック

全体練習が始まってもMF本田圭佑(28)とDF長友佑都(27)がイタリア人コーチとイタリア語で談笑したり、下半身強化のトレーニング中にイタリア人コーチと主力組がゲラゲラ笑い合ったりする場面もあった。 「コートジボワール戦直後、プレーした選手の中で香川の落胆ぶりが一番凄まじかった。それが表情、雰囲気とも普段通りに戻った。ザッケローニ監督から『ギリシャ戦も頼む。期待し…

None

ソチ「金」最有力 体幹鍛え鳥になった女子ジャンプ高梨沙羅

サッカーの長友佑都が取り組んでいることで一般的にも大ブームとなっている「体幹トレーニング」の中でも、筋トレなどで鍛えられる表層の筋肉ではなく、深層部にあるインナーマッスルを重要視。メタボ対策にいそしむ世のオジサンよろしく、バランスボールやカマボコ形のバランスポールに乗って、地道にその強化に努めてきた。 体幹、インナーマッスルは姿勢の安定に不可欠なもの。これが安定し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事