日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「片山晋呉 アイアン」に関する記事

イラスト・上間久里

レッスン最前線2015

これからのアイアンセットは7番からが当たり前

3日目までに通算14アンダーで首位に立っていた片山晋呉が優勝。これでツアー通算29勝目となり30勝の大台が目前となった。 片山選手といえば目立つテンガロンハットがトレードマークだが、トーナメント会場の練習場でも大いに目立っている。 ドライビングレンジにやってくると、まずは左用のドライバーを使っての左打ち。体がほぐれてきたら、練習器具をあれこれ使ってボールを打つ。VI…

イラスト・ゲーリー久永

知っ得! 今どきクラブ事情

雨の日はミドルアイアンを抜いてユーティリティーがお勧め

例えば、永久シードを持っている片山晋呉プロの場合、アイアンは7番から。抜いた5番、6番の代わりに、ロフトが多いUTをキャディーバッグに入れています。 アイアンが7番からというのは、かなり大胆なセッティングですが、これはアマチュアも大いに参考になるセッティングです。今どきの5番、6番はロフトが30度以下。 ドライバーのヘッドスピードが極端に速い人を除けば、ロフト30度…

イラスト・ゲーリー久永

スコアが良くなるクラブ選び

払い打ちは出っ歯タイプ 打ち込みはグースネック

今年ツアー30勝を達成した片山晋呉プロに至っては、アイアンは7番からです。そして抜いたアイアンの代わりにユーティリティークラブ(以下UT)を使っています。 UTはロングアイアンよりもボールが上がりやすくミスにも強い。FWよりもシャフトが短いので安心感もありますが、UTならば何でも良いかと言うと、そうではありません。 大事なことは自分の打ち方と相性が良いUTを選ぶこ…

大会期間中に強風予報が出ている五輪ゴルフ会場

プロツアー激辛情報

リオ五輪代表は戸田藤一郎の「空にもOB」を肝に銘じて

日本からは男子は池田勇太と片山晋呉、女子は大山志保と野村敏京が出場する。 開催コースはリオ五輪のために新設されたレセルバ・マラペンディゴルフクラブ。設計はスコットランドのキャッスル・スチュアート・ゴルフリンクスのデザインが高く評価され、2009年度年間最高設計者に選ばれているギル・ハンス(米国)だ。 男子は総距離7128ヤード、女子は6245ヤードで、ともにパー71…

ゴルフに熱狂中「一球入魂」

川口和久さんスイングもピッチングも感覚的なものは似ている

同じように体をねじってボールを遠くに飛ばすのは変わらなかった」 ジャンボ尾崎、中嶋常幸、片山晋呉、近藤共弘ともラウンドした。中嶋からは「そのスイングじゃ飛ばないよ」と指摘され、ハの字に構えていた右足のつま先を内側に入れるよう、アドバイスされた。中嶋の言う通りに構えたところ、テークバックが浅くなる分、フォローが大きくなり、飛距離が15ヤード伸びた。 これまで年間最多ラ…

None

森守洋コーチ ナイスショットの法則

「ボールに対して左右どちらの地面を使うのか?」を意識しましょう!

片山晋呉プロや藤田寛之プロなどいわゆるショットメーカーといわれる選手は、フェアウエーウッドでもターフを自然と取ります。これはボールの左側(インパクト後)の地面を使う意識をしっかりと持ち、クラブ性能を最大限に生かしている証拠なのです。 左側(インパクト後)の地面を使う意識を持つだけでダウンブロー軌道が生まれ、ボールをクリーンにとらえ、厚いインパクトをつくれるようになり…

イラスト・上間久里

世界最先端スイング2016

サイドサドル式パットは方向性・距離感ともにメリット大

打ち方に関しても、例えば、今年のマイナビチャンピオンシップで優勝し、ツアー通算30勝を達成した片山晋呉は試合中、「全ホール違うグリップをしてプレーしたことがある」と言っている。 極端な話、パターの打ち方に関しては「入れば何でもアリ」なのだが、ここにきてインターネットで注目を浴びているのが、ブライソン・デシャンボー(写真・AP)のパッティングスタイルだ。 デシャンボ…

竹谷佳孝

小っちゃな業師 竹谷佳孝ツアー日記

大先輩からガツンと一撃くらったアドバイス

片山晋呉さん、小田孔明さんと同組。ゴルフの神様のおぼしめしなのか、2人のプレーがとても勉強になりました。 小田さんは一度ギアが入ったらその勢いに乗っていくプレースタイル。 一方の片山さんは、とにかく何があってもバタバタすることなく、マイペースを貫き、淡々とプレーするスタイルです。僕にとって片山さんのスイングうんぬんではなく、自分のリズムでショットする感覚がうらやま…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事