日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

単純労働の関連ニュース

(C)日刊ゲンダイ

元ホワイトカラー退職シニア 意外にもベンチャーで需要増

また、シルバー人材センターの仕事も、ビル・マンション清掃、除草作業、駐車場管理といった単純労働が多い。 「働く意欲はあるんだけど、掃除じゃ……」 こんな声をよく聞く。そこで登場したのが、元ホワイトカラーのシニア労働者と企業を橋渡しする再就職サービスだ。4月から営業を開始した「シニアモード」は、65歳以上限定で会員を募集している。 ■ベンチャーは決定的にベテランの知恵…

None

「大義名分の背後に隠された真実」 五木寛之氏特別寄稿

None

話題の焦点

AIロボットは感情の機微を知るサービス業でこそ人間を超える

一般的にAIロボというと、単純労働や原発など危険な作業場で力を発揮するといわれるが、篠田社長はむしろ「ロボットが苦手とされるコミュニケーション分野でこそ人間を超える」と話す。 「面と向かっては言えない人事の話、会社への不満もロボットになら言えるかもしれません。その意味で、人の感情の機微を知らないと務まらないサービス業のほか、介護やメンタルヘルスチェックのような医療分…

観光では大歓迎だが…

外国人労働者で消える仕事 変わる生活

3年後には大阪市の人口と同じ数の外国人がやってくる

仕事は工場や建築などの単純労働だとはいえ、各県の最低賃金程度のところも多い。安い労働力があれば、それに越したことはない。真っ先に影響を受けるのは、アルバイトや派遣で働く主婦や非正規の若者かもしれません。場合によっては、一時的に職を追われることもあるかもしれませんね」(人材派遣関係者) 単純労働といえば、職種によっては、定年退職した高齢者のアルバイトにも影響が及びかね…

明るさを取り戻す

喜怒哀楽のサラリーマン時代

日本エレキテル連合・中野聡子 カリスマ派遣社員に

単調な単純労働だったけれど、つらいとは思いませんでした。お客さまと接したり、社会人としてのマナーを問われることがないですから。 人生は不思議です。ゴミ屋敷暮らしの私が気がつけばカリスマ派遣社員となっていました。手先だけは器用なので仕事を褒められ、周りが派遣切りされる中、唯一契約を更新。しかも若い女がほとんどいなかったため、モテ期となりました。…

田中将大はさらに年俸アップか

ダルやマー君の待遇は…トランプ大統領で米野球どうなる

特にマイナーの選手は単純労働者と同じような扱いを受けるかもしれません。そうなると契約したはいいが、半年、3カ月と渡米できなくなる。日本人大リーガーも飛び抜けた実力がなければ、冷遇されかねない。実力が同程度なら、白人選手を優先して起用するという空気がベンチ内に漂う可能性はあります」(鈴村氏) 貧富の差はいよいよ拡大、米社会同様、日本人メジャーリーガーも二極化に拍車がか…

イベントで商品説明していた新入社員時代(左)

語り部の経営者たち

ヤマハ中田卓也社長 コンピューター事業の第1期生に

「コピー自体はつまらない単純労働ですが、工夫することで、小さいながらも達成感を感じることができる。それ以来、無駄な仕事はない、無駄になるかならないかは、自分のやり方次第だと思えるようになりました」 (ジャーナリスト・林美保子)…

新書あらかると

「ルポ ニッポン絶望工場」出井康博著

単純労働を目的とした入国は法律で禁じられているため、彼らは実習生や留学生と偽って日本にやってくる。日本で働くそうした外国人労働者の実態を伝えるルポルタージュ。 近年はベトナム人留学生が急増。彼らは「留学」で月に20万~30万円稼げると聞き、ブローカーに多額の仲介料や渡航料を払い来日する。来日後は日本語学校の収入源としてしゃぶり尽くされ、人手不足の企業に足元を見られ、…

「ファクトリエ」運営 ライフスタイルアクセントの山田敏夫社長

語り部の経営者たち

ファクトリエ山田敏夫社長 日本が誇る技術を世界へ

これまで、メーカーから依頼された通りの商品を一日何枚縫うかという単純労働的な仕事に終始していたのが、名前が出ることで、顔が見える商品を自らが作っているという誇りが生まれてきたのだろう。 「こういうふうに縫ったほうがいい」とか、「この素材を使ったほうが、きっと肌触りがいい」などと、縫い子さんたちが積極的にアイデアを出すようになったのだ。 しかし、その一方で、国内のア…

日本ポリグルの小田兼利会長

語り部の経営者たち

日本ポリグル小田兼利会長 現地雇用と経済効果も生む

単純労働で中東方面に出稼ぎに行く機会の多いバングラデシュ人にとって、技術者として派遣されることは誇りにもなっているという。 タンザニアでは、浄水装置が道の駅をつくり出すという思わぬ現象が起きた。浄水装置を設置してからしばらくして再訪すると、200軒以上の商店が並ぶようになっていたのだ。 「そして、今度は水売り人が出現したんです」 自転車に20リットルのポリタンクを6…

失敗認めず

巻頭特集

増税延期会見の支離滅裂で心配される首相のアタマと神経

これが意味するところは、日本企業が設備投資を怠り、老朽化した設備をそのままにして、単純労働者の雇用を増やしているということです。こうした労働者は景気が悪くなれば、イの一番に切られてしまう。切れるからこそ、企業は設備投資ではなく、雇用で調整しているのです。アベノミクスで雇用が改善としたとしても、実態は決して喜べないのです」 ■完全にイカれている三百代言首相のオツム ア…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事