日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

池乃めだか特集

生活保護を受けるまで新聞配達のアルバイトで食いつないだ

役者・芸人「貧乏物語」

母入院&兄家出で生活保護を…池乃めだかの“壮絶少年時代”

猫のモノマネやネクタイより身長が低いギャグで知られるお笑いタレントの池乃めだかさん(72)は、吉本新喜劇には不可欠の名脇役。昨年、芸能生活50周年を迎えた。そんなめだかさんの壮絶な幼少期とは――。 ◇ ◇ ◇ オトンの顔は知らんのですよ。大工やっとったらしいけど、3歳の時に病死したんですわ。脳出血いう話やね。で、ずっと13歳年上の兄と母子家庭でね。オカンは家で洋裁の…

仕事にはプラスでも恋愛は…

今だから語れる涙と笑いの酒人生

実家が酒屋の島田珠代 お酒は「仕事のプラスになる液体」

末成由美姉さんがお母さん、未知やすえ姉さんや浅香あき恵姉さんがお姉ちゃん、お父さんが池乃めだかさん、親戚のおっちゃんが島田一の介さんとか井上竜夫とかって感じで。 で、みんな飲んべえ。ワタシ、こう見えて結構人見知りやったんで、仲良くなってかわいがってもらいたい、舞台でいらってもらいたい、そのためにはお酒を飲んでコミュニケーションをとらんと、と思って必死で飲むようにした…

None

イリュージョン費用の工面は? 吉本入りしたプリンセス天功の収入源

池乃めだか(70)ら新喜劇メンバーを相手にイリュージョンを披露するそうで、「楽しくてうれしくて喜びでいっぱい。新しいアイデアがたくさん飛び出てきました」とやる気まんまんだ。 天功は、87年のNGKオープン当初にイリュージョン公演をやり、12年のリニューアル時もゲスト出演した。同年、桂文枝(70)の襲名披露パーティーにも登場するなど、吉本とは昔から縁がある。 吉本入り…

クラウンヒルズ京都ゴルフ倶楽部でテレビ収録

熱中人大集合「お宝拝見」

釜本邦茂さん (日本サッカー協会顧問)

これまで掛布雅之、真弓明信、平田勝男、中西清起、片岡篤史、立浪和義、桑田真澄、池乃めだかも出演した。 「特に最近、印象に残ったのはオール巨人さん親子です。ボクが息子の南出仁寛プロと、巨人さんが女子プロとペアになって対戦したのですが、全然面白くなかった。なぜかというと、南出プロは最長飛距離408ヤードの飛ばし屋です。毎回、プロのボールの方がはるか先まで飛んでいるから、…

芥川賞を受賞したピース・又吉直樹

笑わせ続けて40年

又吉が言うように命がけで漫才を作らなあかん

巨人 僕たちが漫才を始めた頃、最初に目指したのは海原かける・めぐる(現・池乃めだか)師匠でした。ちょうど「大きいのと小さいの」というコンビの感じが似ていたこともあって、まずはここに追いつき追い越そうと思ったんですね。 阪神 その後に来た漫才ブームの最中には、先輩や後輩の中でもホンマに一番多く漫才をさせられたな。キツかったけど、おかげで今はどんな話題になっても、必ずど…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事